• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

米国女子MMAは、いちローカル団体の冒険から始まった…『フックンシュート』、22年の歴史に幕をおろす■MMA Unleashed
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

米国女子MMAは、いちローカル団体の冒険から始まった…『フックンシュート』、22年の歴史に幕をおろす■MMA Unleashed

2017-03-17 16:51

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    Omasuki Fightの北米MMA抄訳コラム――今回のテーマは……格闘技ファンなら一度は耳にしたことある老舗MMA団体『フックンシュート』、万感のラストショー――!!


    米国女子MMAは、いちローカル団体の冒険から始まった
    フックンシュート(HOOKnSHOOT)、22年の歴史に幕をおろす




    米国のメジャーMMA団体で初めて女子の試合が行われたのは、2006年12月にストライクフォースが本拠地サンホセの旧HPパビリオンで行った「ジーナ・カラーノ対エレーナ・マックスウェル」であるとされる。

    しかしインディ団体を含めれば、米国で初めて女子MMAの試合を組んだのは、1995年にインディアナ州エヴァンスビルで設立された、プロレスラーが顔をしかめそうな名前の団体、『フックンシュート(HOOKnSHOOT)』である。

    創設者のジェフ・オズボーン(47)は、女子MMAを実施することになったのは、日本の女子格大会『ReMix』のVHSテープを見たことがきっかけだったと述べている。

    「私よりも女房と娘が夢中になって見ていた。メグミ・ヤブシタというすごく小さい選手が、大きな選手を相手に粘り強く戦っている様子をみて、とりこになっていたんだ。そこで私は北米にいる女子MMA選手に声をかけまくった。女子の試合は男子の試合とは違っているように見えた。女子はエゴのために戦わないから、リスクを取ることを厭(いと)わない。男子の方がむしろ、負けることや弱い姿をさらすことを恐れているように見えた」

    1999年から女子MMAの試合を組み始めていたフックンシュートは、2002年に女子だけの大会、『Revolution』を開催する。デビ・パーセル、タラ・ラロッサ、エリカ・モントーヤら全14選手が出場した。2004年の第2回大会では、藤井恵対モントーヤをメインイベントに、ロクサン・モダフェリ、モーリー・ヘイゼルらが出場。2005年の第3回大会では、8人参加のワンナイト・トーナメントでジュリー・ケッジーが優勝を飾っている。また、2007年大会のトーナメントには、ミーシャ・テイト、ジャン・フィニーらが参加、ケイトリン・ヤングが優勝を飾った。

    当時を振り返って、タラ・ラロッサは次のように語っている。

    「当時のMMA関係者にとって、インターネットといえば東海岸では掲示板の『The Underground(UG)』、西海岸では『Sherdog』のことを指していた。で、UGで私のことをひどく嫌っていた女がいた。私も同じ気持ちだった。そんな時ジェフ・オズボーンが、女子の格闘技大会を開くから、そこでこの女と戦ってみないかと連絡してきた。掲示板でのヒートに目を付けて、声をかけてきたのだ。断る理由などなかった」
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    入会して購読

    チャンネルに入会して、購読者になれば入会月以降の記事が読めます。

    入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    ブログイメージ
    Dropkick
    更新頻度: ほぼ毎日
    最終更新日:2017-03-26 17:19
    チャンネル月額: ¥540 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    ニコニコポイントで購入

    当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。