• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

アントニオ猪木が「整理」したスポーツ平和党■ズンドコ・トラブル興行研究会<漁師JJ・編>
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

アントニオ猪木が「整理」したスポーツ平和党■ズンドコ・トラブル興行研究会<漁師JJ・編>

2017-07-20 12:20
    「ズンドコ・トラブル興行研究会」!! プロレス格闘技のウラに精通する書き手たちがマット界を騒がせたズンドコな事件を振り返ります! 今回はプロレスブログ「多重ロマンチック」の漁師JJさん。今回のテーマは「アントニオ猪木が整理したスポーツ平和党」!



    bcae461d6892dd6f4421a78640d49f9a1ff9ab76



    【関連企画】

    一寸先はハプニング。平穏なアントニオ猪木なんてノーサンキュー。5月24日に開いた記者会見で「IGFは整理する」と決別宣言。7月24日に開催する新たなイベントISMを開催。IGFとはイノキ・ゲノム・フェデレーション(猪木遺伝子連合)。娘婿であり心は一つと思っていたはずのサイモン・ケリー・猪木もびっくりの展開だ。さらに元秘書で「都民ファーストの会」代表も告発。猪木発言をまるっと信じれば公金横領があったようだが、告発された側は「金は全て猪木氏の指示に基づき猪木氏のために使った」と真逆の反応。IGFも猪木夫人を相手に“財布のように会社の使われた”資金の返還訴訟を起こしている。

    ああ、めくるめく闘魂のオーバーラップ。一般の方の非日常も、アントニオ史では日常茶飯事。思い出す90年代、ほぼ同じような流れが行われていた。



    この続きと、桜庭和志殿堂入り、朱里UFC、破壊王伝説、大矢剛功、メイウェザーvsマクレガー特集…などの記事がまとめて読める「12万字・記事詰め合わせセット」はコチラ 
     

    この記事だけをお読みになりたい方は下をクリック!
     
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。