• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

【全文公開中】天才が敗北!? 那須川天心インタビュー「車の免許を取ったんですが、仮免で2回も落ちてしまって……」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【全文公開中】天才が敗北!? 那須川天心インタビュー「車の免許を取ったんですが、仮免で2回も落ちてしまって……」

2017-08-04 13:35
    7d658a5a6d08a5b18de675cc9bb0cc50bcce3264
    今回のRIZINでも衝撃KOを飾った那須川天心インタビュー。いまだ無敗の天才に意外なところで“敗北”の瞬間が訪れていたようで……(聞き手/松下ミワ)



    ――今回も素晴らしいKO勝利でした!

    那須川 ありがとうございます!

    ――那須川選手の試合は本当にいつも劇的決着ですが、まずは試合の感想はいかがですか?

    那須川 いやあ、本当に画に描いたような試合ができてよかったなというか。バッチリ決まってくれたんで、うれしいという気持ちだけですけどね。

    ――事前に立てた作戦とかはありました?

    那須川 一応、2~3パターンは用意していたんですけど。1つは腹で倒す、2つ目はハイキックで倒す、3つ目はストレートで倒すという感じで。その中の一つが当たったんで、よかったなという感じです。
    ffc3f1137163aca9bb82dafaaae618c90c7d6db5

    ――
    あんなスゴい試合をやって人を倒す感覚って、いったいどんな感じなんですか? 素人にはまったく想像できないんですけど。

    那須川 KOの感覚ですか? まあ、普通に殴るときと一緒なんですけどね。

    ――でも、写真を見たら、拳が相手の顔面にメチャクチャめり込んでたりするじゃないですか。

    那須川 そうなんですけど、じつは倒すパンチほど、こっちの感触はないんですよ。パンチが抜けるというか。想像しているような「バンッ!」という衝撃とか手応えは全然なくて。音で言うなら「スコ~ン!」みたいな。

    ――「スコ~ン!」 ですか。

    那須川 あそこまできれいに倒れるってことは相手に力が入ってないってことですから、パンチが流れる感覚ですね。逆に、倒れないときは相手に力が入ってるから、こっちの拳も多少痛かったりするんですよ。

    ――はー、そういうもんなんですね。しかし、倒れるパンチというのはどこを狙って打っているんですか?

    那須川 ボクの場合はもう、相手の向こう側ですね。ボクのパンチを相手の身体に貫通させるイメージです。

    ――貫通! じゃあ、昨日はまさにそういうパンチだった。

    那須川 まさに「スコ~ン!」 でしたね。本当に、いい勝ち方ができてよかったです!

    ――その衝撃的なKOシーンにツイッター上も大騒ぎでした。

    那須川 ああ、ボクも皆さんのつぶやきは見てましたよ! 「那須川天心」がツイッターのトレンドワードにも入っていて。こうやって注目を集められるのは、プロとして本当にうれしいんですよね。

    ――そのツイッターですが、那須川選手自身はちょこちょこ学校生活の話題とかもつぶやかれているじゃないですか。今日はそのへんのお話も、ぜひお聞きしたいなあと思っているんですよ。

    那須川 ああ、なるほど。でも、いまは夏休みですけどね。

    ――たとえば、今日は夏休み期間中だから一夜明け会見も参加できて、試合後もゆっくりできると思うんですけど、普段の試合後はいつもどんな感じなんですか?

    那須川 まあ普段は、あたりまえですけど試合翌日も普通に学校がありますね。だから行きますよ、学校。行かなきゃ単位が取れないので。でも、試合翌日の学校ほど行きたくないものはないですよ、ほんっっっとうに!

    ――ハハハハハ! 大会翌日、勝者は一夜明け会見があったりしますが、そういうときはどうでするんですか?

    那須川 一夜明け会見があるときは、学校は休みます。でも、休みすぎると単位に響くのであんまり休むのもダメなんですよねえ。

    ――単位を取るか、会見を取るか(笑)。

    那須川 まあ、たまに休むぐらいなら大丈夫なんですけど、しょっちゅう休むとダメですよね。そこはなんと言うんですか? 社会人でいう有給休暇みたいな。

    ――ああ、そういう制度を利用して。

    那須川 消化というか、申請する感じです。「その日は格闘技活動があるので、お休みを取らせていただきます」みたいな。

    ――それはOKなんですね。那須川選手が試合をするたびに学校は大変な騒ぎになっているんじゃないですか?

    那須川 それが、ボクの学校はちょっと変わってて全然そんなことないんですよ。

    ――いやいや、そんなはずないでしょう。

    那須川 ホントです、ホントです。も~~う静かなもんですよ。

    ――そこの学校は19時以降はテレビ禁止だったりするんですかね?(笑)。

    那須川 ボクは4年制の高校に行っていて、いまちょうど4年生なんですけど。ボクもそうですけど、けっこう自由なコが多いクラスなんですよね。ボクは格闘技に専念するためにそこの高校を選んで入ったんですけど。

    ――格闘技中心の生活を送るために。

    那須川 で、授業も1日4時間しかないんですよ。普通の高校だと5限目、6限目ってあるじゃないですか。でも、そこはもう授業がないので、午後になればジムに行って練習するという生活ですね。

    ――つまり、昼過ぎには授業が終わるスケジュールなんですね。

    那須川 そう。そのかわり4年間通うということなんですよ。

    ――じゃあ、高校と格闘技を両立する意味では理想的というか。

    那須川 そんな感じの学校だから、ボクの試合の翌日も皆さんあんまり大騒ぎしないんですよ。ボクは学校でも、わりとテンション高めなほうなんですけど、皆さんはそうでもないというか。

    ――比較的、落ち着いていると(笑)。

    那須川 ボクもそうですけど、個々に自由な感じなので。

    ――でも、年齢的には同い歳なんですよね?

    那須川 同い歳ですね。ボクの高校は、普通に5限、6限の授業を受ける人は3年制にすることもできるんですよ。そっちのクラスもあって、3年制は普通に5、6限目もあるんですけど、4年制はクラスメイトも10人ぐらいしかいないし、ほぼ来ない人もいるし(笑)。そういう人は通う年数が5年、6年……となっていく感じなんですよね。自由な高校なんです。

    ――しかし、同じテンションで語れる友達がいないのは少し寂しい感じがありますね。

    那須川 だから、いつも先生とばっかりしゃべってますね。先生はけっこう格闘技好きな人もいるんで、「テレビ見たよ!」とか言ってくれたりするんです。あとは、学校自体もボクの活動に対して協力してくださっていて。煽りVの取材とかが学校でできたのも、学校全体が応援してくれているからですし。

    ――「格闘技界を盛り上げたい!」といって大人の世界に混ざって突っ走っている那須川選手と一般の高校生とでは、感覚が違って当たり前というか。

    那須川 「就職どうしよう」とか、あとはずっとネットやってる人とか(笑)。逆にボクが気を遣います。ボクもクラスメイトに話しかけるときはあるんですけど、スルーされたりとか……。

    ――ええっーー!? 那須川天心が話しかけてるのにスルーとは!

    那須川 まあ、無視されてるわけじゃないんですけど、「あ、どうも」みたいな感じです。だからね、寂しいです、本当に……(しみじみと)。

    ――ハハハハハ! でも、那須川選手のツイッターを見ると、家庭科の授業の様子がよくアップされていて、なんか楽しそうだなーと思っていたんですよね。

    那須川 だから、家庭科は好きなんです。家庭科の授業は、料理も裁縫も、誰とも関わらずに黙々と集中してできるんで。もちろん、ボク自身は体育の授業も好きなんですけど、皆さんと比べると体力がありますから。シャトルランとかやっても、70メートルあたりから、ボク一人しか走ってない、みたいな。

    ――一人だけプロの体力(笑)。

    那須川 バスケの授業とかも、強いパスが出せないんですよ。

    ――うわー、それは困りますねえ。

    那須川 だから、そおーっと「ハイ……」って言ってボールを渡したりしてますね。

    ――ハハハハ! しかもバスケとかだと、他人のドリブルとか止まって見えるんじゃないですか?

    那須川 いや、さすがにそれはないですよ(笑)。ボクは球技ができない人間なので。格闘技とはやっぱり全然違いますからね。でも、蚊みたいな虫なら止まって見えますよ。

    ――やっぱり!

    那須川 ただ、蚊もこっちの捕まえるスピードが速すぎても、風でフワッと浮いちゃって逃げられちゃうんで、ほどよい速さで捕まえないといけないんですけどね。

    ――そんなコツがあったとは(笑)。ところで、最近は夏休みを利用して車の運転免許も取ったとうかがいました。

    那須川 あ、取りました! 夏休みのあいだに合宿で取ったんですけど、なんと仮免で2回も落ちちゃったんですよねえ。

    ――神童にもそんな挫折がありましたか(笑)。那須川選手だと、その運動神経で一発合格かと思ったんですけど。

    那須川 いやあ、緊張しちゃうんですよ。マニュアルのほうを取ったんですけど、仮免のときにめっちゃ緊張して。ほんっとダメでした。

    ――あれだけ大舞台で活躍している人が、小さな教習所のコースで緊張するなんて(笑)。何がダメだったんですか?

    那須川 あのー、しっかり黙視して頑張ったんですけど、1回目は坂道発進でつまずづいちゃって。いつもは全然できていたんですよ。でも、テストのときはやたらと緊張して、ハンドブレーキを思いっきり引いたら、ハンドブレーキが固くなりすぎて降りなくなっちゃって。それだけでエンスト8回しちゃいました(苦笑)。もう「終わったな……」みたいな。

    ――須川天心敗北」の瞬間が教習所で(笑)。

    那須川 で、2回目は前回の体験があるので緊張はしなかったんですけど、S字クランクのところでちょっとタイヤが擦れちゃったというか。ボクは「ちょっとカスったかな?」という感覚だったんですけど、ポコッと車が浮いて路肩に上がっちゃったみたいで。その瞬間に、教官が「あ~あ……」という感じでストップになっちゃいましたね。ボクは「まだ行けるぞ!」と思ったんですけど、教官は「残念。上がっちゃったねえ」という感じだったから、「くっそー! またかあ!」みたいな(苦笑)。

    ――ハハハハ! でも、わざわざ面倒なマニュアルを取るなんて、いまどきい珍しいですね。

    那須川 そうですか? どうせ免許を取るならマニュアルかなって。将来、スーパーカーにも乗りたいんで。やっぱり格闘家はスーパーカーぐらい乗らなきゃダメでしょ!

    ――おお~!

    那須川 仮免こそ2回落ちましたけど、おかげさまで、本番の免許は無事に取れましたたんで!

    ――それはおめでとうございます! じゃあ、9月からは免許保有者の那須川天心で登校できるぞ、と。

    那須川 そうですね(笑)。

    ――でも、いま4年生ということは、高校生活も残り半年ぐらいなんですね。卒業したら、もう格闘技一本で?

    那須川 いや、じつは大学に行こうかどうしようか迷っているところなんですよね。なんかボク、推薦でどこでも行けるという感じらしいんで。

    ――……どこでも!?  ええっと、それはいわゆる一芸入試というヤツですか?

    那須川 そうです、そうです。

    ――それはスゴい! ちなみに、どこに入るんですか?

    那須川 いや、それはまだわからないんですけど、ボクの中で迷っているのは格闘技の練習ができるかどうかなんですよ。それが一番重要です。いま高校では4限目まで授業に出て、そのあと練習もちゃんとできているんですけど、大学だとそういう融通は利かないのかなあと思ったり。

    ――でも、大学こそ単位をうまいこと取ればよさそうな気はしますけどね。

    那須川 あとは、練習しすぎて大学に通えなくなったらどうしよう?とか。そういう迷いがいろいろあるんで悩んでいる途中なんですけどね。でも「一芸でどこでも行けるよ」と言われると、そういう待遇をもらえる人ってなかなかいないじゃないですか。なのでまあ、行ってもいいのかなって。そんな感じですね。

    ――まあでもそうなれば、また勉強はしなきゃいけないんでしょうけどね。

    那須川 そこなんですよ~。ボクは、あんまりペンを持ちたくない人間なので、そこも悩みどころです(笑)。

    ――
    ハハハハハ! さて、人生の岐路にある那須川選手ですが、格闘技のほうではどんな目標があるんですか?

    那須川 まあ、一番はキックをメジャーにしたいということですね。総合格闘技はUFC、RIZINのように、みんなが夢を見られる舞台があると思うんですけど、キックはそういう舞台があるかと言ったら、ほぼほぼないんで。

    ――MMAと比べると、じつは規模が大きくないんですね。

    那須川 それを自分が活躍して盛り上げていけたらいいなというのはずっと思っています。

    ――「キックをメジャーにしたい」という意味でいうと、今回のRIZIN地上波放送では、紀左衛門戦の前に、那須川選手の過去のキックの試合映像もバンバン流れてましたよね。

    那須川 あれは、本当にうれしかったですね! だって、RIZINの試合より長かったかもしれないですもんね。いろんな試合を流してくれて、凄くテンション上がりました。あと、RIZINの試合も2回流れましたし!

    ――やっぱり那須川選手としては、本音を言うとRIZINでキックルールもやってほしいという感じですか?

    那須川 それは一番思っています。MMAルールもあるし、グラップリングルールもあるし、今回のMIXルールとかもあるなら、キックルールもあっていいんじゃないかなって。そうやってRIZIN自体がもっと盛り上がってくれたら、格闘技全体がもっと盛り上がると思うんで。

    ――榊原実行委員長さんからは、「那須川選手にはボクシングをやらせたらおもしろいと思う」という発言もあったようですよ。那須川選手は「亀田興毅に勝ったら1000万円」に応募したこともありましたけど(笑)。

    那須川 ハハハハ! それも、ボクはぜひやりたいですね! だって、夢があるじゃないですか。そうすればまた話題にもなりますし、格闘技がもっと盛り上がると思うんで。

    ――あとはUFCからもオファーがきているとウワサされています。

    那須川 そうみたいですね。ボクはあんまりよく知らないですけど、個人的には「まだ早いかなあ」って。単純にうれしい話ではあるんですけど、UFCと契約すると、UFC以外のことができなくなっちゃうんで。

    ――大学にも行きづらくなりますし……。

    那須川 まあ、そこはべつにいいんですけど(笑)。ボクはキックに憧れてこの世界に入ってきたんで、まだやるべきことをやらないといけないのかなって。まだ18歳なんで、まだまだキックでの可能性を探りたいですよね。

    ――那須川選手のキックの試合が地上波で流れたことや、今回の試合もキックルールのラウンドで勝利を飾ったことも含め、那須川選手の試合を通じてキックの需要が高まっている空気感はありますよね。那須川選手自身も、一年前と比べたら露出や認知度も違うわけじゃないですか。

    那須川 そうですね。試合数とかを考えても、この一年でビックリするくらい環境は変わったと思いますね。なので、いままでは、ありえなかった話が実現するかもしれないですし。ボクはも格闘技やキックを盛り上げるなら、本当にいつでも、誰とでも闘いたいと思っていますから。

    ―― しかし、“18歳・那須川天心”はやらなきゃいけないことだらけで忙しいですね。大学進学に、スーパーカーに、格闘技・キック再燃の先導役に。

    那須川  ハハハハハ! 確かに(笑)。でも、大丈夫です。ボクは全部やりますよ!



    【7月の記事アクセスランキング】

    1位  桜庭和志、UFC殿堂入り!!  歴史的スピーチを読もう!
    2位 プレゼンター、ドン・フライの桜庭和志紹介スピーチ全文翻訳■MMA Unleashed
    3位 「アントニオ猪木を守った」永田さん!!/ジャン斉藤のMahjong Martial Artas

    4位 朱里インタビュー「チャンピオンになって、ASUKA選手とプロレスのリングで再会したいです」
    5位 大矢剛功インタビュー「新日本、SWS、FMW……辿り着いた北の大地」
    6位 【衝撃の破壊王伝説】至近距離から見た橋本真也――橋本かずみ☓田山正雄レフェリー 

    7位 UWFインターの若手たちが目指した「理想の戦い」……■金原弘光
    8位 山本喧一インタビュー「高田延彦、田村潔司…真剣勝負とUインターの愛憎物語」
    9位 鬱と宗教とUWF……プロレスの信仰心はどこに向かうのか■大槻ケンヂインタビュー
    10位 入江秀忠、小谷直之移籍騒動を語る――「勝手に入団発表するわけないですよ!」



    【最新バックナンバー】

    ミスターTからメイウェザーまで! WWEをメジャー化させたセレブリティマッチ■斎藤文彦INTERVIEWS⑯

    一寸先はハプニング人生! アントニオ猪木!!■小佐野景浩の「プロレス歴史発見」

    アメリカボクシング界から見た「メイウェザーvsマクレガー」/杉浦大介

    新日本で「金返せ」コールが初めて起こった日…■ズンドコ・トラブル興行研究会<小泉悦次・編>

    仰天!! UFCがフライ級部門を売却!?■事情通Zのプロレス 点と線

    アントニオ猪木が「整理」したスポーツ平和党■ズンドコ・トラブル興行研究会<漁師JJ・編>

    メイウェザー対マクレガー情報総まとめ…勝敗の意味が薄れていく時代のキャラクター対決

    メイウェザー対マクレガー情報総まとめ② 〜みなさんご唱和ください 「ファック・メイウェザー!」


    【1984年のUWFを語る】

    【検証「1984年のUWF」】船木誠勝「えっ、そんなことが書かれてるんですか? それは全然違いますよ」

    『1984年のUWF』はサイテーの本!■「斎藤文彦INTERVIEWS⑬」 

    鬱と宗教とUWF……プロレスの信仰心はどこに向かうのか■大槻ケンヂインタビュー

    【底が丸見えの底なし沼】『船木誠勝の真実』が真実ではなかった件についての雑談/橋本宗洋

    『1984年のUWF』には描かれなかったリングスの実態……■金原弘光





    【90年代インディ】

    【FMW猛毒伝説】シャーク土屋・前編「アポなしで全女に乗り込んだらTVスタッフに殴られたんだよ!」


    「FMWアイドル女子レスラー」の今はキリスト教伝道師……里美和ロングインタビュー

    高杉正彦インタビュー〜剛竜馬とウルトラセブンに愛をこめて〜

    上田勝次 FMWを支えたキックボクサー「アイツが死んで以来、ヒジは使ってないよ…」 

    金村キンタロー
    理不尽小僧「インディで年収1500万……一銭も残ってないです!」 


    ウルトラマンロビン
    「あんなにネットで叩かれたら普通は自殺しますよ!」 

    髙田龍・前編
    90年代インディの夢と地獄…レッスル夢ファクトリーとは何だったのか? 

    髙田龍・後編
    男たちのプロレス屋形船…友情とカネが砕け散ったWJ 


    保坂秀樹インタビュー
    「朝4時にジョージさんと空き地で極めっこをやらされるんです」


    【新日本プロレス系】

    小原道由
    小原道由「石澤が止めなかったら、俺は◯◯を殺していたでしょうね」


    草間政一
    私が戦った暗黒・新日本プロレス 

    永島勝司
    アントニオ猪木と北朝鮮 

    田中ケロ
    ケロちゃんの新日本プロレス伝説 


    西村修
    「独裁者・長州力に逆らうってエネルギーが必要なんです」 



    高岩竜一
    「90年代ハチャメチャ新日本プロレスと俺が愛した橋本真也」 


    村上和成
    平成のテロリスト・村上和成――格闘家が挑んだ命懸けのプロレス道!! 


    高岩竜一×田山レフェリー
    理不尽とは何か? 90年代新日本プロレス居酒屋トーク 


    田口隆祐
    将棋を語る 

    岡倫之
    ブシロードクラブの怪物「プロレスラーが世界最強であることを証明します!」 


    西村修が語るプロレスの神様
    「ゴッチさんはもう一度、日本に来たがってたんです。でも……」


    【全日本プロレス】

    更級四郎×ターザン山本
    G馬場ブレーンの語らい――全日本プロレスが再生した日 

    北原光騎
    男が男に惚れる天龍劇場「俺にとって天龍さんは“神様”だよ」 


    倉持隆夫
    元・全日本プロレス中継アナウンサー「作られたスポーツを実況するということ」 


    ウォーリー山口
    プロレスなんでも屋「ジャイアント馬場と竹内宏介、ふたつのG魂」 


    安西伸一×小佐野景浩
    天龍源一郎が生きた時代~『週プロ』と『ゴング』の天龍番対談~ 


    【プロレス点と線】


    角田信朗の松本人志共演NG騒動は「魔裟斗vs佐藤嘉洋の呪い」なのか


    ディファ有明、電撃閉鎖! プロレスは困らず格闘技が困る?


    NOAHだけはガチ! 新日本プロレスとの協力関係解消へ!


    あやしい新体制! NOAHに何が起きているのか?


    G1優勝! ケニー・オメガの「DDT発言」とはなんだったのか?

    「アンチヨシタツ」とは何なのか?

    プロレスメディアに「エアインタビュー」はあるのか


    【骨法】

    『1984年のUWF』と骨法――堀辺正史の「船木離脱」の真相はデタラメなのか? ■証言者・中川カ~ル

    矢野卓見 堀辺正史と骨法を語る――愛と悲しみの17000字インタビュー 

    矢野卓見
    再び堀辺正史を語る――「先生も知らない骨法の秘密」 

    追悼・堀辺正史
    矢野宅見「ダメなお父さんでしたねぇ……」 


    漫画家・中川カ~ル
    骨法会員番号229番が見た「骨法変節の瞬間」 


    ヤノタク×中川カ~ル
    俺たちが愛した喧嘩芸骨法 


    矢野卓見
    武道の幻想と現実「合気の達人は存在しますよ」 


    【UWF系】

    『1984年のUWF』には描かれなかったリングスの実態……■金原弘光

    船木誠勝
    「俺は真剣勝負がやりたかったわけじゃないんです」 

    中野巽耀
    「一番尊敬できた先輩は高田延彦だよ」 

     

    山本宜久
    「ヒクソンと戦ってるとき、放送禁止用語が聞こえてきたんですよ…」 


    謙吾
    「スーパールーキーが見たリングスvsパンクラス仁義なき戦い」 

    滑川康仁
    地獄のリングス前田道場卒業生 

    横井宏考
    リングスの怪物くん「格闘技は前田さん、プロレスは橋本さんが師匠でした」 


    中村大介
    2014年のUWF――「それでもボクはUスタイルで戦い続けます」 

    入江秀忠
    修斗とUを漂流した男「俺は自称UWFじゃないんですよ」 


    ターザン山本
    「佐山サトル、前田日明、高田延彦、船木誠勝、石井館長たちがプロ格という魔物を作ったんですよ」 


    安生洋二の前田日明襲撃事件〜カミプロとFAKE〜





    【ゼロ年代MMA検証系】

    塩崎啓二
    元レフェリーの衝撃告白「私はPRIDEで不正行為を指示されました……」 

    菊田早苗
    「PRIDEの弁当に毒が入ってるんじゃないかって……」 

    大山峻護
    愛と苦しみのPRIDE物語「ハイアン戦の恐怖はしばらく消えませんでした」 

    “雀鬼”桜井章一×笹原圭一
    「PRIDEと生きた時代」 

    中村和裕
    PRIDE崩壊後に見えたもの―― 


    高瀬大樹
    「俺は悪い奴だった……」元カリスマブロガーの懺悔録 

    大沢ケンジ×礒野元
    「格闘技とルール」桜庭vs秋山、Dynamite!! USAの舞台裏 

    大沢ケンジ
    語ろう青春の和術慧舟會!~ゼロゼロ年代格闘技界の裏側~ 



    【女子格闘技】

    石岡沙織、10年目の大舞台「女子格闘技に転機が訪れてますけど、私にとっても転機を迎えました」


     KINGレイナの大暴走インタビュー 「私、どれくらい強いのか自分でもわからないから」

    【驚ガクの地上波デビュー!!】KINGレイナ「楽しんでもらうために1ラウンドはあえて極めなかったから」

    【爆勝MMAデビュー】世志琥「プロレスラーとして、いつでも戦えるように準備していました」

    【セクシー公開計量の真実】中井りん正月独占インタビュー「恥ずかしいけど、RIZINでも頑張りました!!」

    ネット騒然! 中井りんインタビュー「RIZIN様への参戦? 前向きではありますが……」 


    浜崎朱加
    INVICTAアトム級世界王者インタビュー 

    中井りん
    アジア人初のUFC女子ファイター!「日米友好親善と世界平和のために参戦します!!」 

    中井りん
    「恥ずかしいけどテレビに初めて出ました!」 

    しなしさとこ
    総合格闘技と女性の戦い 


    RENA×浜崎朱加
    SBとMMAの女王対談 

    森谷吉博
    「MMA?絶対に無理!!」未来へ飛んだRENA――大晦日出撃その舞台裏! 





    【昭和プロレス】




    【80年代編】谷津嘉章インタビュー② 「昭和・新日本のプロレスは早漏なんですよ」


    桜田一男
    喧嘩日本一見参! ケンドー・ナガサキ「SWSは全部で99億円使った」 

    ミスター高橋with田山正雄
    レフェリーの魔術「試合はこうして壊れていく――」 

    平田淳嗣
    おまえ平田だろ!「スーパーストロングなプロレス人生」 

    新倉史祐
    道場破りから前田日明vsルスカまで……「俺が見た昭和・新日本プロレス伝説」 

    康芳夫
    世紀の呼び屋「猪木vs人喰い大統領アミンはぜひやりたかったね」 

    猪木快守
    猪木一族の事業欲とは何か? 






    斎藤文彦INTERVIEWS】

    プロレス史上最大の裏切り「モントリオール事件」■ 


    オペラ座の怪人スティング、「プロレスの歴史」に舞い戻る 


    なぜ、どうして――? クリス・ベンワーの栄光と最期

    超獣ブルーザー・ブロディ

    「プロレスの神様」カール・ゴッチの生涯

    『週刊プロレス』と第1次UWF〜ジャーナリズム精神の誕生〜

    ヤング・フミサイトーは伝説のプロレス番組『ギブUPまで待てない!!』の構成作家だった



    【アジャ・コング】

    「あの頃の全女はAKB48やジャニーズだった」

    恐るべし全女の異種格闘技戦/ダンプ松本、究極の親分肌


    偶然と必然が折り重なった「アジャ様」覚醒の瞬間

    ブル中野・2年間戦争/バイソン木村との哀しき別れ

    対抗戦ブームの終焉と全女退団……

    さらば! 私が愛した全日本女子プロレス


    【ズンドコ・トラブル興行研究会】
    アルティメットクラッシュ…新日本プロレスと総合格闘技

    ダフ屋と興行師の哀歌!! 岩手水沢騒動

    ファン不在から得た教訓……棚橋弘至、伝説のノーピープルマッチ

    マンモス鈴木鉄拳制裁から見える力道山のセンスと狂気


    【90年代格闘技】

    木村浩一郎
    90年代・灰色の狂気――「FMWとリングスで俺はこの業界をナメてしまったんですよ」 

    紀元前のシューティング……「スーパータイガー・ジムに通った高校生」/ソムチャーイ高津

    中井祐樹

    「ボクシングができるアントニオ猪木が理想でした」 



    朝日昇
    “奇人”が語る「本当に恐ろしい昭和格闘技」 


    山田学
    初代シューターにしてパンクラシストの大冒険 

    麻生秀孝
    関節技の帝王!サブミッションアーツレスリング総帥 
     
    鶴巻伸洋
    W☆ING発、リングス行き! 怪しい格闘家人生 

    KEI山宮
    パンクラシストの憧れと死を見つめて 



    安西伸一
    元『格闘技通信』名物記者の「俺が愛したグレイシー柔術 」 


    修斗初代王者/仮面シューター・スーパーライダー 渡部優一
    「東映の許可? 取ってますよ(笑)」


    【中村祥之】

    負けたら即引退試合SP、過激な舞台裏「新日本プロレスはあのとき橋本真也がいらなかったんです」 

    中村祥之インタビュー
    ZERO-ONE激動の旗揚げ 

    中村祥之インタビュー
    破壊王・橋本真也の死――不倫とゼロワン崩壊

    「仲田龍さんが気力体力尽き果てたのはわかりますよ。ボクもやられましたから……」



    【立ち技系】

    那須川天心インタビュー「キックのほうがやっぱり凄いなって思わせたいですね」

    【キックボクシング関ヶ原】あのブシロードが電撃参入! 『KNOCK OUT』とはなんだ?

    小笠原和彦
    リアル・空手バカ一代!「ボクは“やっちゃっていいよ”組なんです」 


    青柳政司
    「左目を失っても打倒プロレスの旅は終わらない」 


    天田ヒロミ
    K-1天国と地獄「谷川さんがやるようになってK-1はダメになりました」 


    小比類巻貴之
    「ミスターストイックのキャラは正直、しんどかったです」 


    ノブ・ハヤシ
    K-1逆輸入ファイター 白血病からの復帰 

    武田幸三
    キックに命を懸けた男 

    小林聡
    野良犬の哲学「選手もプロモーターも群れてちゃ面白くないんですよ」 

    佐藤嘉洋
    判定問題のせいで闇に葬り去られていますけど、魔裟斗戦はMAX史上最高の盛り上がりだったと思います 


    佐藤嘉洋
    マット界初! 選手組合「日本キックボクシング選手協会」とは何か? 


    木村ミノル
    K-1毒舌王「いまの格闘技界はお客さんの目線を気にしすぎなんですよ」 


    【MMA】


    【矢地祐介戦】北岡悟のギラギラインタビュー「俺のことをわかってるつもりでいるなよ?」

    所英男「戦いたくても夢叶わなかった人たちもいる。だから挑戦します!」

    MMAが一番格上なのか? 格闘技原理主義者対談〜橋本欽也vs大沢ケンジ〜


    ラ・ラ・ライジン♪ 笹原圭一RIZIN広報インタビュー〜格闘技界の夢と未来を踊るように語る〜

    中井祐樹、柔道女子日本代表に寝技を指導する

    UFCが狙う那須川天心/井上直樹契約舞台裏/MMA八百長事情■シュウ・ヒラタのMMAマシンガントーク

    堀口恭司インタビュー「RIZINが世界のフライ級の中心になれれば……」

    【UFC帰りを迎え撃つ!】元谷友貴インタビュー「日本のレベルはUFCに負けていないと思

    RIZINが堀口恭司に提示したファイトマネーを推測!?■シュウ・ヒラタのMMAマシンガントーク


    【緊急直撃!】堀口恭司、他団体移籍へ! UFC電撃フリーエージェントの真相!!

    代理人が告白! 堀口恭司RIZIN電撃契約の舞台裏「このままじゃUFCにダメにされる。UFCを捨てるしかなかった」

    佐伯繁DEEP代表インタビュー「日本格闘技界から見たRIZIN 」「パンクラスとの全面対抗戦」…

    【1万3000字の激語り!!】RIZIN広報・笹原圭一インタビュー「RIZINはいま何を考えているのか?」


    アナタはまだ知らない! 本当に恐ろしいグレイシー一族!!


    榊原信行
    「僕のことは嫌いになっても、格闘技のことは嫌いにならないでください!」 


    クロン・グレイシー
    グレイシーを10倍楽しむ方法 


    酒井正和
    “格闘技団体”としてのあり方――パンクラス 

    菊野克紀
    「最近は武器の型もやってます」沖縄拳法に震えろ! 

    鈴木信達
    極真、米軍、行政書士!! 破天荒人生 

    北岡悟
    「パンクラスイズム横浜」設立 

    渋谷莉孔
    「プロ相手でも勝てるようになったので“地下格禁止令”が出たんですよ」 


    マキシモ・ブランコ
    「日本は最高の国。街を一人で歩いても殺されない」 

    佐野哲也
    リアル神代ユウ「格闘技を続けるために警察学校をやめたんですよ」 


    松田干城
    高校球児がアメリカに渡りUFCデビューするまで 


    内藤のび太

    修斗世界王者は仮面を脱いでも“のび太”だった!! 


    内藤のび太
    「噛ませ犬なのに空気読めよって思ってますよね……」


    あびる優、絶叫再び!才賀紀左衛門
    「奥さんが格闘技やることに基本反対。連敗したらやめるとか約束付きです



    RIZIN親子参戦!山本アーセン
    「話題が絶えない家族ですよ。いつも何かありますよ(笑)」


    AbemaTV格闘技チャンネル担当者インタビュー
    「格闘技ファンの力で大きくなりました!」


    大沢ケンジ
    “世紀の再戦”マクレガーvsネイト大爆発! 競技化してどんどん面白くなる総合格闘技!!


    トップは100万ドル超え当たり前?/川尻達也UFC離脱の裏側■シュウ・ヒラタのMMAマシンガントーク


    3階級制覇のパンクラシスト・砂辺光久がRIZIN出撃へ! 「内藤のび太と世界一を決めたい!」


    【金原弘光】

    U系はクセが凄い!! 幻のヴォルク・ハンvs鈴木みのる舞台裏■金原弘光

    金ちゃん危機一髪! 暴走高齢者の事故に遭う

    鬼が作るUインターの激ウマちゃんこ

    UWFが柔術を知った日〜道場はどう変わっていったのか〜 


    現代から見るアントニオ猪木vsモハメド・アリ

    整骨院をオープン! 格闘家のセカンドライフとは何か?


    さらばHボム! 生まれ変わったらダンヘンになりたいよ!


    【ハッスル】

    中村祥之インタビュー
    ファイティングオペラ『ハッスル』とはなんだったのか 


    若鷹ジェット信介
    黒歴史ファイティングオペラ――ハッスルの最期を看取った男 



    【SP対談】

    佐藤大輔×藤井健太郎
    佐藤大輔はなぜガチ相撲に激怒していたのか? 


    天龍源一郎×神取忍
    男と女の壮絶プロレスとは何だったのか? 


    桜井マッハ速人☓猫ひろし
    巣鴨凸凹マラソン部 



    【小佐野景浩のプロレス歴史発見】
     
    嗚呼、阿修羅・原……修羅ごときそのレスラー人生!!

    冬木弘道は「俺はやっぱり死ぬんだな」とニヤリと笑った…

    完全無欠のプロレスラー!! ジャンボ鶴田

    超獣ブルーザー・ブロディ

    【涙のカリスマ】大仁田厚の邪道プロレス人生


    癌に勝った絶対王者・小橋建太

    “プロレス巨大組織”NWAとは何だったのか?

    呪われたIWGPが最高権威になるまで

    悲運の闘将ラッシャー木村、耐えぬき続けた人生 

    燃える男、アニマル浜口――!!

    “天龍番”が感傷に浸れなかった天龍源一郎引退試合


    全日本プロレスを二度は裏切れない……」秋山準


    馬場死去、三沢離脱……その後の全日本プロレス

    ジョー樋口、和田京平…全日本プロレスを支えたレフェリーたち 


    我らが英雄ザ・ファンクスの凄み! 
    レスラーの野心が謎を生み出す……SWSに狂わされた男たち!


    プロレス史上最も過酷な闘い! G1クライマックス



    「俺のほうがUWFより強い!」 誇り高き仮面貴族ミル・マスカラス


    『週刊ゴング』の創刊と休刊まで……闘いのゴングはこうして鳴った!

    80年代タイガー、90年代ライガー! ジュニアヘビー級の歴史!!


    昭和のプロレスを支えた影の実力者! さらば永源遥――!!

    史上最も愛されたヒール! 黒い呪術師アブドーラ・ザ・ブッチャー
    輪島、北尾、曙……プロレスラーになった横綱たち!!■小佐野景浩の「プロレス歴史発見」

    全日本プロレスのすべてを知る男、渕正信■小佐野景浩の「プロレス歴史発見」


    【衝撃発掘!!】神取忍インタビュー「ジャッキー佐藤シュートマッチの真実」「北斗晶」「ブル中野」……

    柳龍拳 この男は実在する!!合気道の達人ロングインタビュー 

    阿部史典
    生臭坊主!? “僧侶プロレスラー”の自由すぎる説法

    狂乱のデスマッチファイター竹田誠志が語る「広島カープ25年振りのリーグ優勝」


    崔リョウジ
    ランズエンドがあなたを啓発する! 「夢、努力、勝ち癖、4億円」インタビュー

    二階堂綾乃さんに聞く「プ女子はお金を使わず冷めやすいのか?


    汚れたハンカチ王子騒動……ベースボール・マガジン社の黒歴史
    ターザン山本インタビュー



    管理人に直撃!

    インディ興行の聖地”新木場1stRINGとは何か? 


    三富政行(元・潮吹豪)
    「私が博報堂を辞めてプロレスに浸かる理由」



    鈴木秀樹
    ビル・ロビンソン最後の弟子「弱いプロレスラーは迷惑なだけです」 

    鈴木秀樹
    「はぐれIGF軍団」誕生秘話 

    山本淳一
    元・光GENJI、プロレスデビューを語る 

    大家健
    ガンバレ☆プロレス代表の麻雀放浪記 

    矢野啓太
    ピエロの狂気「胸いっぱいのプロフェッショナルレスリング論」 

    HARASHIMA
    「学生プロレス時代、真壁さんとスクワットを延々やってましたね」 


    「多重ロマンチック」漁師JJ
    アナタはなぜブログを更新するのか 

    “中条ピロシキ”橋本吉史
    学生プロレスとラジオ 

    今成夢人
    「ガクセイプロレスラー・ライジング 卒業後のリアルなリング」 


    福田洋
    ジョーカーの狂気とアメリカンプロレス 


    【OMASUKIのMMA Unleashed

    “結局UFCに行かなかった男”――ヒョードルとUFCの10年愛憎劇総まとめ

    「近頃の若い選手はプロレスができていない!」インディシーン活況下の米国でも勃発、プロレス観世代抗争!

    ソネン対シウバ、5年間の因縁総まとめ! 「ヴァンダレイが本当に出場するのか、まだ確信が持てない(ソネン)」

    WWE総帥ビンス・マクマホンの生涯を描いた映画の制作が決定!リークされた脚本に書かれていたこととは?

    管理のズサンなサファリパーク!! UFC『アスリート・リトリート』で好プレー・珍プレー続出!

    【UFC7勝3敗】インディシーンのまだ見ぬ強豪プロレスラー、マット・リドルとは何者か

    米国女子MMAは、いちローカル団体の冒険から始まった…『フックンシュート』、22年の歴史に幕をおろす

    【内幕記事に騒然!!】世界一のエンタメの舞台裏には、ビンス・マクマホンの恐怖政治があった

    セコンドのグレッグ・ジャクソンが、「キ●タマでヤツを殴りつけてやれ」と選手にアドバイスする理由

    UFCファイターのフトコロ事情 ~ 中堅ファイターでも想像以上に厳しい現実

    ケニー・オメガ熱弁!「新日本プロレスは国境を越えて大きく成長していくべきだ。責任は僕が取る!」
     


    ロンダの異常な愛情、または如何にして柔道を捨ててボクシングを愛するようになったか

    塾長ドン・フライ、堂々のUFC殿堂入り! 万感のスピーチを読め!

    MMA Unleashed
    RIZINレビュー:けなげさに胸が詰まるJ-MMAのすばらしき世界

    中邑28連勝、アスカ79連勝、イタミはGo 2 Sleep解禁!日本人旋風が吹き荒れる

    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    Dropkick
    更新頻度: ほぼ毎日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥540 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。