• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

谷津嘉章インタビュー③「田中八郎が俺に言ったんだよ。SWSを潰してくださいってね」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

谷津嘉章インタビュー③「田中八郎が俺に言ったんだよ。SWSを潰してくださいってね」

2017-09-15 10:03
  • 1
5febb10314416211a00c9577b0420fd176be40a8
レスリングオリンピック代表からプロレスに転向、新日本プロレス、ジャパンプロレス、全日本プロレス、SWS、SPWF、PRIDE出場……流浪のプロレス人生を送ってきた谷津嘉章がすべてを語るインタビュー連載の第3回! 今回はSWS崩壊の裏側を振り返ります!


<谷津嘉章インタビューシリーズ>

デビュー編「ガチだったら楽だけど、そうじゃないから」
http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1119227

80年代編「昭和・新日本のプロレスは早漏なんですよ」
http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1140634



――今回はSWS解散についてお伺いします。一般的にはSWSの崩壊の引き金を引いたのは谷津さんということになってますよね。

谷津 これはねぇ、いままでに何人もの方に聞かれてるんだけど、真実は一つだから同じことしか言えない。田中八郎と俺の密室の会談だからね、解散の流れができたのは。だから信じる、信じないの話になっちゃう。

――田中社長と谷津さんしか知り得ない話なんですね。

谷津 SWSには道場激、パライストラ、レボリューションの3つの部屋があったでしょ。この部屋別制度というアイデア自体はよかったんですよね。でも、結局は内部分裂の要因になっちゃったんですよね。なぜかといったら新日本のイデオロギー、全日本のイデオロギーがひとつの団体にあるわけですから、まとまるわけがないんですよ。

――道場激、パライストラが新日本、レボリューションが全日本という。

谷津 道場激はハイブリッドですよね、どっちつかず。その部屋別制度がリング以外のバトルに繋がっていったんですよ。アングル的にはいいんだけど、マッチメイクの問題が出てくる。だってプロレスはガチじゃないから。誰が取ってね、誰が取られるのかを決めなきゃならない。

――部屋制度が派閥化したことで、マッチメイクをこじれにこじれちゃったという。

谷津 俺は部屋制度という既存のシステムができあがったあとにSWSに入ったんですよ。最初から入っていれば、こんなことになってないかもしれないんだけど。

――まさか部屋制度が崩壊のきっかけになるとは思わなかったでしょうね。

谷津 それでね、田中八郎というオーナーはプロレスに関しては素人だったんですよ。

――じつはプロレスの仕組みがわかってなかったそうですね。

谷津 そう。プロレスがやってることがすべてガチだと思ってたんですよ。それを若松さん、桜田さんは「先になんで言わなかったの?」って思うんですよ。

――間近で見ていてづかないもんなんですね。

谷津 最初から「プロレスはこういうものですよ」って説明しておけば「な〜んだ!」みたいなことにはなんなかった。金持ちがファンの延長でやったようなもんですよね。あの頃はバブルだったから、株で相当なあぶく銭ができてね。100億円近く儲けたって聞いたかな。税金を払うんだったらってことでプロレスに使ってしまえと。税金対策としてはよかったんですよ。それに息子もプロレスファンだったから。

――息子さんのためにSWSを作ったという話もありますね。

谷津 これはあとで聞いたんだけど、あの頃はF-1が流行ってたんですね。Fー1のベネトンにお金を出すという話もあったのかな。

――息子さんはF-1が好きだったんですよね。プロレスにF-1、どっちも息子さんの趣味だった(笑)。

谷津 金が湯水のようにあるんだから。銀行にキャピタルゲインのお金は置けないじゃないですか。 

――ああ、だから常にバッグに札束を持ってたんですか。

谷津 そういうことなんです。10万なんてポンポン出てくるもんね。

――札束を誰彼かまわず配るのって経理的に危ないですよね、よく考えたら。

谷津 話を戻すと、俺はアントニオ猪木にスカウトされて新日本に入ったでしょ。その次は長州力と同じアマレス出身だからってことで維新軍に入るというアングルになった。そのあとはジャパンプロレスで全日本に行った。俺はオールマイティなんですよ。新日本も全日本もどっちも行ってる。

――新日本にも全日本にも通じている。

谷津 年齢からしても選手会長をやらされるんじゃないかって思っていたら案の定で。SWSのときは新日本と全日本の選手は話もしなくてね。仲介役は俺なんですよ。「ジョージ、そんなことを言うなよ。もうちょっと仲良くやろう」「天龍さん、ジョージのことを中に入れてあげてよ」って。そんなことばっかやってるの、俺。

――そんな谷津さんが突然SWS退団、引退を表明したことでSWSの派閥争いが表面化。崩壊の道を突っ走ることになりますよね。

谷津 なんで俺がそんな行動に出たのか。田中八郎が「なんでプロレスにこんなにお金を払わないといけないんですか!?」ってなっちゃったんですよ。

――それはプロレスの仕組みを知ったこともあるんですか?

谷津 これは言いますよ。荒川真が言っちゃったんですよ!

――あ、やっぱり荒川さんが!!(笑)。


この続きと、折原昌夫、諏訪魔、天心vs武尊消滅、DDT買収、マクレガーvsメイウェザー…などの記事がまとめて読める「12万字・記事詰め合わせセット」はコチラ 
 
この記事だけをお読みになりたい方は下をクリック!
 
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
誤字が多過ぎる
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。