• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

UFC独占禁止法違反訴訟、原告が損害額は最大16億ドルだと主張■MMA Unleashed
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

UFC独占禁止法違反訴訟、原告が損害額は最大16億ドルだと主張■MMA Unleashed

2018-03-02 11:03
    Omasuki Fightの北米MMA抄訳コラム「MMA Unleashed」――今回のテーマは

    UFC独占禁止法違反訴訟、原告が損害額は最大16億ドルだと主張
    UFC側は“トンデモ科学”で計算していると一蹴!


    <MMA Unleashedオススメコラム>

    ■「まだUFCなんか気にしているの?」米メディアに渦巻くUFC悲観論まとめ

    ■米国人記者が語るイッテンヨン東京ドーム

    ■地球上最強男スティペ・ミオシッチは、それでも時給14ドルで消防署で働く



    今回のMMA Unleashedでは、UFC独占禁止法違反集団訴訟について、久々に表だった動きがあったので、ざっくりと紹介したい。

    もともとは2014年12月16日、元UFCファイターのカン・リー、ネーサン・クオーリー、ジョン・フィッチ、デニス・ホールマン、ブランドン・ベラらが、UFCの旧親会社ズッファに対して起こした独占禁止法違反の集団訴訟。この訴えの内容は、UFCによる独占禁止法違反行為のため、ファイターは競争的な市場で本来得られるはずの収入のごく一部しか得ることができておらず、他のスポーツに比べても報酬が著しく低くなっていること、さらに、UFCがライバル団体によるトップファイターの獲得を違法に阻害し、競争を排除し、業界の健全な発展を妨げていることなどであった。


    この続きと、「プロレスとヤクザ」、中井りん、山田学、告発者B氏、安田忠夫、池田大輔などの記事がまとめて読める「15万字・24本の記事詰め合わせセット」はコチラ 
     
    この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。