• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

【茨城のゴッチイズム】42歳現役格闘家・桜井隆多を支えていたのは「カール・ゴッチの教え」だった
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【茨城のゴッチイズム】42歳現役格闘家・桜井隆多を支えていたのは「カール・ゴッチの教え」だった

2014-08-25 11:20
  • 3
5e87c853bd0e267b363848ac458817d194bf2a10
アグレッシブなファイトスタイルでPRIDE武士道や修斗で活躍し、DEEPではミドル級チャンピオンに輝いたこともある格闘家・桜井隆多。鋼のような肉体を維持する42歳は長年にわたり茨城を拠点として活動。同じ茨城勢の川尻達也を新人時代から今日に至るまで支え続ける盟友である。そんな桜井隆多は90年代の“さまよえる格闘家”のひとりであった。リングスの入門テストを受け、アメリカにわたりマレンコ道場やカール・ゴッチのもとで修行をし、プロフェッショナル藤原組に入門――。そして桜井マッハ速人との運命的な出会い。桜井隆多が「マイ・サン(byゴッチ)」こと木戸修に見えてくるインタビューをスクワットしながらお読みください!

入会すれば読める! 8月度大反響インタビュー
【総合格闘技が生まれた時代】船木誠勝「俺は真剣勝負がやりたかったわけじゃないんです」
・1990年春の嵐! 馬場の智謀と2つの東京ドーム■小佐野景浩の
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
佐伯祭りをやった前後で、桜井選手に試合後コメントで「桜井選手のプロレスも見てみたい人は多いんじゃないですか?」と聞いたところ、「そうですね。僕もマレンコ道場で練習してますから(笑)」と答えられ、その事実を知らなかったので「シャレのわかる人だなぁ」と感心したのを思い出しました(笑)。
40ヶ月前
×
藤原組を辞めた一因であるレフェリーは島田さんではなく、新日本から新生UWF→藤原組に移籍したKさんかと思います。数年前のトークイベントで高橋選手が「自分より後から入ってきた選手を奴隷のように扱う」と言っていましたね。
40ヶ月前
×
>>2
新幹線の名前の。
40ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。