• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 第192回 ベトナム旅行チン道中のウラガワ(3)

    2018-10-31 23:00
    190pt

    オンナのウラガワ ~名器大作戦~
    第192回 ベトナム旅行チン道中のウラガワ(3)


    ◆もくじ◆

    ・ベトナム旅行チン道中のウラガワ(3)

    ・最近の志麻子さん 
     11/11(日)「オメ★コボシ43」開催
     映画『銀魂2』のスピンオフドラマに出演 9/1から配信中
     角川ホラー文庫より『現代百物語 終焉』発売

     河崎実監督映画に出演予定
     TV「有吉反省会」にヒョウ姿でひきつづき出演中
     「岩井志麻子のおんな欲」連載中
     カドカワ・ミニッツブック版「オンナのウラガワ」配信中
     MXTV「5時に夢中!」レギュラー出演中

    ・著者プロフィール

    ===

    読者にはおなじみの、岩井さんのベトナムに住む愛人V。
    韓国人の夫よりも付き合いは長いのだが、海外に居る愛人だからこそ長く続いているとも感じている。
    今回のベトナム旅行には、ゲイの友人である千鳥先生(仮名)も同行している。
    現地初心者の千鳥先生と観光コースをめぐり、訪れたのは……。
    ベトナムの旅情と、岩井さんらしい(?)オチにも注目です!

    バックナンバーはこちらから↓
    http://ch.nicovideo.jp/iwaishimako/blomaga

    2014年11月~16年12月のバックナンバーは、「月別アーカイブ」の欄からご覧ください。
    2017年1月「自分を重ねてしまう若者たちのウラガワ
    2月「冬に聞いた奇妙な怪談のウラガワ
    3月「春のさなかに聞いた怖い話のウラガワ
    4月「木の芽時な人達のウラガワ
    5月「五月だけどさわやかになれない人たちのウラガワ
    6月「面識なしでも喜怒哀楽を喚起する人々のウラガワ
    7月「ほんのり怖い人達のウラガワ
    8月「真夏なのに秋の予感な有名人たちのウラガワ
    9月「私が見たテレビの中の人のウラガワ
    10月「大人だけど枯れるには早い人たちのウラガワ
    11月「年下韓国人夫とのアジア旅のウラガワ
    12月「捨ててもいいじゃないかのウラガワ
    2018年1月「命や生きることについて考えたウラガワ
    2月「人はなかなか変わらないのウラガワ
    3月「きれいに卒業できない女たちのウラガワ
    4月「新たな出会いの不気味なウラガワ
    5月「良い季節でも人は病むウラガワ
    6月「『有名な男の女』だった二人のウラガワ
    7月「怪談の季節! ゾッとする実話なウラガワ
    8月「嘘と本当のあわいの怖い話のウラガワ
    9月「大人になりきれない人達のウラガワ


    ※2014年10月以前のバックナンバーをご購入希望の方は、本メルマガ下部記載の担当者までお知らせください。リストは下記です。

    2013年7月~12月 名器手術のウラガワ/エロ界の“あきらめの悪さ”のウラガワ/エロとホラーと風俗嬢のウラガワ/風俗店のパーティーで聞いたウラガワ/エロ話のつもりが怖い話なウラガワ/風俗店の決起集会のウラガワ
    2014年1月~10月 ベトナムはホーチミンでのウラガワ/ベトナムの愛人のウラガワ/永遠のつかの間のウラガワ ~韓国の夫、ベトナムの愛人~/浮気夫を追いかけて行ったソウルでのウラガワ/韓国の絶倫男とのウラガワ​/ソウルの新愛人のウラガワ​/風俗嬢の順位競争のウラガワ​/夏本番! 怪談エピソードの数々のウラガワ​/「大人の夏休みの日記」なウラガワ​/その道のプロな男たちのウラガワ​

    ===

     この連載以外でもあちこち書き散らしているし、テレビでもネタにしまくっているので、志麻子マニアならおなじみのベトナム愛人V。
     十年連れ添う韓国夫がいても、実に十六年も愛人関係を続けているV。奥さんとも息子とも仲良しで、その一家もみんな知りつくしてしまい、もはや異国のもう一つのファミリー。どうにもこうにも、性愛以外の情でも離れがたくなってしまった。

     今回もホーチミン旅行記を書いているのだが、いつもとちょっと違うのは、私に日本男の同行者がいることだ。知らない人から見れば、この二人こそ夫婦に見えるだろう。

     しかしこの千鳥先生(ここだけの仮名)、れっきとした?ゲイ。オネエといわれるジャンルの御仁なのだ。当然、私とはこの上なくプラトニック。この珍道中、チン道中という字を当てる方が正しいかもしれない。

                        ※

     私はいつも、ベトナムでは有名観光地を回ることはせず、愛人Vとホーチミン市内の限られたエリアだけでいちゃつくかダラつくかだ。

     しかし今回は、ベトナム初心者の千鳥先生がいる。だからメコン川クルーズなんていう、王道の観光コースも取り入れた。

     Vには勤務先のレストランを一日休んでもらい、案内係となってもらった。

     外国人向けではなくベトナム人向けのツアーに申し込んだから、ローカルなバスを乗り継いで、バス停留所近くのベトナム人しかいない食堂で休憩してご飯を食べたりする行程になった。このツアー参加の日本人は、私と千鳥先生だけ。
    「こんなの、あたし達だけじゃ絶対にたどり着けないし、帰ってこられないわね~」
    「ガイドが何いってるか、まったくわかんないですもんね」

     あぶられるような陽射しの中、泥の色だけれど汚い感じはしない細い水路を、手漕ぎボートはゆるゆると進む。が、観光地なのでおびただしい観光客を乗せたボートが密集し、ぶつかりながら派手な水飛沫を浴びることとなる。

     両脇に、ニッパ椰子の密林。漕ぎ手のベトナム人も外国の観光客も、ベトナムの象徴的なノンラーと呼ばれる三角錐の菅笠をかぶっている。絵に描いたようなベトナム。

     Vもはしゃいでいる。Vは生粋のベトナム人だが、生粋の都会っ子でもあるので、ホーチミンから七十キロ離れたミトーの田舎町やメコン川の支流は物珍しいのだ。
     
  • 第191回 ベトナム旅行チン道中のウラガワ(2)

    2018-10-30 23:00
    190pt

    オンナのウラガワ ~名器大作戦~
    第191回 ベトナム旅行チン道中のウラガワ(2)


    ◆もくじ◆

    ・ベトナム旅行チン道中のウラガワ(2)

    ・最近の志麻子さん 
     11/11(日)「オメ★コボシ43」開催
     映画『銀魂2』のスピンオフドラマに出演 9/1から配信中
     角川ホラー文庫より『現代百物語 終焉』発売

     河崎実監督映画に出演予定
     TV「有吉反省会」にヒョウ姿でひきつづき出演中
     「岩井志麻子のおんな欲」連載中
     カドカワ・ミニッツブック版「オンナのウラガワ」配信中
     MXTV「5時に夢中!」レギュラー出演中

    ・著者プロフィール

    ===

    岩井さんのベトナムの愛人V。出会いは16年前、長く付き合いが続いている。
    彼に会いにベトナムに旅立った岩井さんだが、今回は友人である千鳥先生(仮名)と同行している。千鳥先生はゲイなのだが……。


    バックナンバーはこちらから↓
    http://ch.nicovideo.jp/iwaishimako/blomaga

    2014年11月~16年12月のバックナンバーは、「月別アーカイブ」の欄からご覧ください。
    2017年1月「自分を重ねてしまう若者たちのウラガワ
    2月「冬に聞いた奇妙な怪談のウラガワ
    3月「春のさなかに聞いた怖い話のウラガワ
    4月「木の芽時な人達のウラガワ
    5月「五月だけどさわやかになれない人たちのウラガワ
    6月「面識なしでも喜怒哀楽を喚起する人々のウラガワ
    7月「ほんのり怖い人達のウラガワ
    8月「真夏なのに秋の予感な有名人たちのウラガワ
    9月「私が見たテレビの中の人のウラガワ
    10月「大人だけど枯れるには早い人たちのウラガワ
    11月「年下韓国人夫とのアジア旅のウラガワ
    12月「捨ててもいいじゃないかのウラガワ
    2018年1月「命や生きることについて考えたウラガワ
    2月「人はなかなか変わらないのウラガワ
    3月「きれいに卒業できない女たちのウラガワ
    4月「新たな出会いの不気味なウラガワ
    5月「良い季節でも人は病むウラガワ
    6月「『有名な男の女』だった二人のウラガワ
    7月「怪談の季節! ゾッとする実話なウラガワ
    8月「嘘と本当のあわいの怖い話のウラガワ
    9月「大人になりきれない人達のウラガワ


    ※2014年10月以前のバックナンバーをご購入希望の方は、本メルマガ下部記載の担当者までお知らせください。リストは下記です。

    2013年7月~12月 名器手術のウラガワ/エロ界の“あきらめの悪さ”のウラガワ/エロとホラーと風俗嬢のウラガワ/風俗店のパーティーで聞いたウラガワ/エロ話のつもりが怖い話なウラガワ/風俗店の決起集会のウラガワ
    2014年1月~10月 ベトナムはホーチミンでのウラガワ/ベトナムの愛人のウラガワ/永遠のつかの間のウラガワ ~韓国の夫、ベトナムの愛人~/浮気夫を追いかけて行ったソウルでのウラガワ/韓国の絶倫男とのウラガワ​/ソウルの新愛人のウラガワ​/風俗嬢の順位競争のウラガワ​/夏本番! 怪談エピソードの数々のウラガワ​/「大人の夏休みの日記」なウラガワ​/その道のプロな男たちのウラガワ​

    ===

     もうすっかり、この連載ではおなじみになっている長年のベトナム愛人V。十年前に十八歳年下の韓国人ジョンウォンと再婚したけれど、十六年前に出会ったVとも別れられずにいる。たびたび、それにまつわる話は書いてきた。

     今回のベトナム旅行記は、やや異色。日本人の男友達が同行しているのだ。ここだけの仮名だが、千鳥先生はとある分野では第一人者の先生だ。テレビにもときおり出ているので、顔を見てアッと気づく人もいる。

     そして完全にカミングアウトしているのではないが、物腰やしゃべり方で多くの方はすでに気づいている。そう、千鳥先生はゲイだ。いわゆるオネエだ。
     とはいえ女装しているのではないし、パッと見は紳士。おまけにざっくり同世代だから、知らない人からは夫婦に見えてしまう。そんな二人がホーチミンに旅をした……のだ。

                        ※                

     互いの仕事の都合で、今回の旅は現地集合の現地解散。私の飛行機は羽田発着、千鳥先生は成田だ。先に私が到着したが、現地は朝の六時。

     さすがに愛人に迎えに来いとはいえなくて、空港からホテル近くの繁華街まで行くバスに乗った。愛人はホーチミン市の中心地で生まれ育ち、かつてのアパートも市民劇場とコンチネンタルホテルとレックスホテルに囲まれたところにあった。

     かつてのアパートは取り壊され、今はユニオンスクエアという最先端のおしゃれ高級ショッピングセンターとなっている。Vの母は、立ち退き料で郊外に一軒家を買った。

     Vを見ていてわかったのだが、こういう変則的?金運のある人もいるのだ。V自身はまったく高給取りになれないが、周りに金を持った人が来る。

     Vと出会ったときから、彼の親友としていつもくっついてくるバウちゃんてのも、実家に不動産があって金持ち。そして日本の小金持ちの私も離れないし。本人に金がなくても、親しい金持ちが払ってくれる運を持つのね。
     
  • 第190回 ベトナム旅行チン道中のウラガワ(1)

    2018-10-29 23:30
    190pt

    オンナのウラガワ ~名器大作戦~
    第190回 ベトナム旅行チン道中のウラガワ(1)


    ◆もくじ◆

    ・ベトナム旅行チン道中のウラガワ(1)

    ・最近の志麻子さん 
     11/11(日)「オメ★コボシ43」開催
     映画『銀魂2』のスピンオフドラマに出演 9/1から配信中
     角川ホラー文庫より『現代百物語 終焉』発売

     河崎実監督映画に出演予定
     TV「有吉反省会」にヒョウ姿でひきつづき出演中
     「岩井志麻子のおんな欲」連載中
     カドカワ・ミニッツブック版「オンナのウラガワ」配信中
     MXTV「5時に夢中!」レギュラー出演中

    ・著者プロフィール

    ===

    岩井さんが、韓国人の夫・ジョンウォンより長く付き合っているベトナムの愛人V。
    彼に会うことも目的の一つとして、ベトナムに旅立った岩井さん。
    今回のベトナム旅は、千鳥先生(仮名)という、仲良しのゲイの男性と一緒に楽しむ旅行だ。
    現地集合現地解散でホーチミンに向かった岩井さんのもとに届いたLINEとは……。


    バックナンバーはこちらから↓
    http://ch.nicovideo.jp/iwaishimako/blomaga

    2014年11月~16年12月のバックナンバーは、「月別アーカイブ」の欄からご覧ください。
    2017年1月「自分を重ねてしまう若者たちのウラガワ
    2月「冬に聞いた奇妙な怪談のウラガワ
    3月「春のさなかに聞いた怖い話のウラガワ
    4月「木の芽時な人達のウラガワ
    5月「五月だけどさわやかになれない人たちのウラガワ
    6月「面識なしでも喜怒哀楽を喚起する人々のウラガワ
    7月「ほんのり怖い人達のウラガワ
    8月「真夏なのに秋の予感な有名人たちのウラガワ
    9月「私が見たテレビの中の人のウラガワ
    10月「大人だけど枯れるには早い人たちのウラガワ
    11月「年下韓国人夫とのアジア旅のウラガワ
    12月「捨ててもいいじゃないかのウラガワ
    2018年1月「命や生きることについて考えたウラガワ
    2月「人はなかなか変わらないのウラガワ
    3月「きれいに卒業できない女たちのウラガワ
    4月「新たな出会いの不気味なウラガワ
    5月「良い季節でも人は病むウラガワ
    6月「『有名な男の女』だった二人のウラガワ
    7月「怪談の季節! ゾッとする実話なウラガワ
    8月「嘘と本当のあわいの怖い話のウラガワ
    9月「大人になりきれない人達のウラガワ


    ※2014年10月以前のバックナンバーをご購入希望の方は、本メルマガ下部記載の担当者までお知らせください。リストは下記です。

    2013年7月~12月 名器手術のウラガワ/エロ界の“あきらめの悪さ”のウラガワ/エロとホラーと風俗嬢のウラガワ/風俗店のパーティーで聞いたウラガワ/エロ話のつもりが怖い話なウラガワ/風俗店の決起集会のウラガワ
    2014年1月~10月 ベトナムはホーチミンでのウラガワ/ベトナムの愛人のウラガワ/永遠のつかの間のウラガワ ~韓国の夫、ベトナムの愛人~/浮気夫を追いかけて行ったソウルでのウラガワ/韓国の絶倫男とのウラガワ​/ソウルの新愛人のウラガワ​/風俗嬢の順位競争のウラガワ​/夏本番! 怪談エピソードの数々のウラガワ​/「大人の夏休みの日記」なウラガワ​/その道のプロな男たちのウラガワ​

    ===

     もうさんざん書いてきているけれど、私は十年前に結婚した韓国人の夫ジョンウォンよりも長く付き合っているベトナムの愛人Vがいる。

     出会った当初から彼には妻子がいて、それを差し引いても彼と結婚したいと願ったことは一瞬たりとも無い。とことん配偶者ではなく愛人でいてほしい相手というのは、何か問題があるとかそこまで重要ではないんだと、Vに出会うまではなんとなく思っていたが。

     違う。愛人として最高、愛人でいてこそ輝く存在というのもあるのだ。

     いいとこ取りだのつまみ食いだの、その捉え方もむきになって否定はしない。そこにも真実はあるからだ。とはいえ贅沢品に頑丈さなど求めないし、非日常を楽しむ空間に生活臭は要らない。愛人に、安定だの保障だの期待しない。

     考えてみれば九歳若いVも私をそう見ていて、それは光栄なことだ。私達は永遠の愛人として、永遠の夏休みを楽しむ。

     夫のジョンウォンは、学生バイト程度の収入しかないし、きちんとした会社にも勤めておらず、十八歳も若い。おまけに浮気者で嘘つきだ。それでも彼は、やっぱり夫なのだ。最高の夫とはさすがにいえないが、私の夫に相応しい、とはいえる。

     ともあれVとは毎日一緒にいたいとは願わなくても、ときおり無性に会いたくなる。夫と揉め事を起こしたとか、いろい細かい日々の不満がたまったとか、理由は様々だが。何事もなくても、十月の声を聞くと恋しさが募る。

     真夏にベトナムに行っても、東京もこれくらい暑いんだよなぁ、となるが。寒くなる頃に行くと、私だけが特別に夏を手に入れた、そんな妙なお得感に浮かれてしまう。

     だが今回のベトナム旅行記には、愛人を凌駕するほどの強烈な登場人物がいるのだった。

                        ※

     一年ぶりにホーチミンに行くことになったのは、夫がしばらく韓国に戻ることになったのもあるが、よく一緒に遊んでいる男友達から、
    「あたし、まだベトナム行ったことないのぉ。行ってみたぁい。タイにはしょっちゅう行ってるんだけど~」
     と誘われたからだ。彼はここだけの仮名で千鳥先生としておくが、ある分野では人気で有名な御方だ。