• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 第179回 「有名な男の女」だった二人のウラガワ(2)

    2018-06-25 20:006時間前
    190pt

    オンナのウラガワ ~名器大作戦~
    第179回 「有名な男の女」だった二人のウラガワ(2)


    ◆もくじ◆

    ・「有名な男の女」だった二人のウラガワ(2)

    ・最近の志麻子さん 
     8/5(日)「オメ★コボシ42」開催
     角川ホラー文庫より『現代百物語 終焉』発売
     夏に某大型映画に出演予定
     河崎実監督映画に出演予定
     TV「有吉反省会」にヒョウ姿でひきつづき出演中
     「岩井志麻子のおんな欲」連載中
     カドカワ・ミニッツブック版「オンナのウラガワ」配信中
     MXTV「5時に夢中!」レギュラー出演中

    ・著者プロフィール

    ===

    「有名な男の女」だったことが共通項の、ある2人の女。
    どちらも、自分自身がタレントとして再び世に出たいという野望を持って活動しているが、その流れで岩井さんの周りにも出没するようになり……。
    そのやり方も、なんとも岩井さんにはもやもやが残る方法だった。


    バックナンバーはこちらから↓
    http://ch.nicovideo.jp/iwaishimako/blomaga

    2014年11月~16年12月のバックナンバーは、「月別アーカイブ」の欄からご覧ください。
    2017年1月「自分を重ねてしまう若者たちのウラガワ
    2月「冬に聞いた奇妙な怪談のウラガワ
    3月「春のさなかに聞いた怖い話のウラガワ
    4月「木の芽時な人達のウラガワ
    5月「五月だけどさわやかになれない人たちのウラガワ
    6月「面識なしでも喜怒哀楽を喚起する人々のウラガワ
    7月「ほんのり怖い人達のウラガワ
    8月「真夏なのに秋の予感な有名人たちのウラガワ
    9月「私が見たテレビの中の人のウラガワ
    10月「大人だけど枯れるには早い人たちのウラガワ
    11月「年下韓国人夫とのアジア旅のウラガワ
    12月「捨ててもいいじゃないかのウラガワ
    2018年1月「命や生きることについて考えたウラガワ
    2月「人はなかなか変わらないのウラガワ
    3月「きれいに卒業できない女たちのウラガワ
    4月「新たな出会いの不気味なウラガワ
    5月「良い季節でも人は病むウラガワ


    ※2014年10月以前のバックナンバーをご購入希望の方は、本メルマガ下部記載の担当者までお知らせください。リストは下記です。

    2013年7月~12月 名器手術のウラガワ/エロ界の“あきらめの悪さ”のウラガワ/エロとホラーと風俗嬢のウラガワ/風俗店のパーティーで聞いたウラガワ/エロ話のつもりが怖い話なウラガワ/風俗店の決起集会のウラガワ
    2014年1月~10月 ベトナムはホーチミンでのウラガワ/ベトナムの愛人のウラガワ/永遠のつかの間のウラガワ ~韓国の夫、ベトナムの愛人~/浮気夫を追いかけて行ったソウルでのウラガワ/韓国の絶倫男とのウラガワ​/ソウルの新愛人のウラガワ​/風俗嬢の順位競争のウラガワ​/夏本番! 怪談エピソードの数々のウラガワ​/「大人の夏休みの日記」なウラガワ​/その道のプロな男たちのウラガワ​

    ===


     六月は英語でジューン。それはギリシャ神話ジュピターの妻ジュノーから来ていて、この女神は結婚の守護神だ。しかし神のご加護があっても、離婚はする。

     ジュノー女神には関係ないが、仏滅の日に挙式したって仲睦まじく添い遂げる夫婦もある。離婚して幸せになった人達もいれば、不幸な結婚にしがみつく人達もいる。

     今月は結婚した男より、結婚せずに短い期間つき合った男の方が人生に重大な転機や意味や結末をもたらした、という女達を書いている。

     名沢葉子と久島莉花は昔、有名な男とのスキャンダル報道で世に出たが、すぐ忘れ去られた。その後、二人とも別の無名の男達と結婚離婚をしたり、未婚のまま出産。

     しかし落ち着かず、自分自身がタレントとして再び世に出たいと、三十路になってからがんばりだした。いろんな関係者に接触を図り、私のところにまでやってきた。

                        ※

     どちらも、相手の男が有名だったからいっとき週刊誌やテレビのインタビューが来ただけで、騒ぎが収束したらあっという間にただの人に戻ってしまった。

     そもそも葉子も莉花も、その男の妻だったことはない。長年の愛人でもない。莉花は短期間の交際でしかなく、葉子にいたってはたった一晩だけだ。

     男も亡くなったり引退したりで、肝心の男達も忘れられているのに、葉子も莉花も彼らの名前を利用してまた世に出たい、今度は自分が主役になりたい、そしてタレントとして活躍したい、と野望を抱いている。どちらももう、三十路なのに。

     今のところ、有名人と友達付き合いしてたまに女性誌に小さく出ている莉花がリードしている。というより、葉子は自分のブログ以外で発信はできないでいる。容姿も莉花が上回り、元夫の遺した金もある。微妙な差だが、莉花の方が五歳ほど若い。

     最初、私は二人の差を単純に容姿によるもの、あと莉花の方が金があるので行動半径が広いからだと見ていたが、どうも違うと気づいたのは莉花の妙な接触に遇ってからだ。

     ある平日の昼間、家でワンコとたわむれながらテレビを見ていたら、
     
  • 第178回 「有名な男の女」だった二人のウラガワ(1)

    2018-06-13 23:30
    190pt

    オンナのウラガワ ~名器大作戦~
    第178回 「有名な男の女」だった二人のウラガワ(1)


    ◆もくじ◆

    ・「有名な男の女」だった二人のウラガワ

    ・最近の志麻子さん 
     6月15日 角川ホラー文庫より『現代百物語 終焉』発売予定
     夏に某大型映画に出演予定
     河崎実監督映画に出演予定
     TV「有吉反省会」にヒョウ姿でひきつづき出演中
     「岩井志麻子のおんな欲」連載中
     カドカワ・ミニッツブック版「オンナのウラガワ」配信中
     MXTV「5時に夢中!」レギュラー出演中

    ・著者プロフィール

    ===

    六月といえばジューンブライド。しかし世の中には、結婚相手のように深く長い付き合いにならなくても、一時だけの関係だった男に人生を大きく翻弄されてしまう女たちも居る。
    名沢葉子も久島莉花(ともに仮名)も、そんな女たち。
    タレントを名乗っている彼女たちはそれぞれ、岩井さんに会いたいと、共通の知人らを介して言ってくるのだが、岩井さんは避けている。
    二人の共通項は、「有名な男の女」だったことだ。


    バックナンバーはこちらから↓
    http://ch.nicovideo.jp/iwaishimako/blomaga

    2014年11月~16年12月のバックナンバーは、「月別アーカイブ」の欄からご覧ください。
    2017年1月「自分を重ねてしまう若者たちのウラガワ
    2月「冬に聞いた奇妙な怪談のウラガワ
    3月「春のさなかに聞いた怖い話のウラガワ
    4月「木の芽時な人達のウラガワ
    5月「五月だけどさわやかになれない人たちのウラガワ
    6月「面識なしでも喜怒哀楽を喚起する人々のウラガワ
    7月「ほんのり怖い人達のウラガワ
    8月「真夏なのに秋の予感な有名人たちのウラガワ
    9月「私が見たテレビの中の人のウラガワ
    10月「大人だけど枯れるには早い人たちのウラガワ
    11月「年下韓国人夫とのアジア旅のウラガワ
    12月「捨ててもいいじゃないかのウラガワ
    2018年1月「命や生きることについて考えたウラガワ
    2月「人はなかなか変わらないのウラガワ
    3月「きれいに卒業できない女たちのウラガワ
    4月「新たな出会いの不気味なウラガワ
    5月「良い季節でも人は病むウラガワ


    ※2014年10月以前のバックナンバーをご購入希望の方は、本メルマガ下部記載の担当者までお知らせください。リストは下記です。

    2013年7月~12月 名器手術のウラガワ/エロ界の“あきらめの悪さ”のウラガワ/エロとホラーと風俗嬢のウラガワ/風俗店のパーティーで聞いたウラガワ/エロ話のつもりが怖い話なウラガワ/風俗店の決起集会のウラガワ
    2014年1月~10月 ベトナムはホーチミンでのウラガワ/ベトナムの愛人のウラガワ/永遠のつかの間のウラガワ ~韓国の夫、ベトナムの愛人~/浮気夫を追いかけて行ったソウルでのウラガワ/韓国の絶倫男とのウラガワ​/ソウルの新愛人のウラガワ​/風俗嬢の順位競争のウラガワ​/夏本番! 怪談エピソードの数々のウラガワ​/「大人の夏休みの日記」なウラガワ​/その道のプロな男たちのウラガワ​

    ===


     六月といえばまずは梅雨の季節だけれど、ジューンブライドなる言葉も有名だ。
     六月の結婚は、幸せになれる。それは六月の英語名ジューンの由来となった、ギリシャ神話ジュピターの妻ジュノーが結婚の守護神だから。

     私もこの言い伝えなど知ってはいたが、だから六月に挙式とはならなかった。最初のも、二度目のも。そもそもこの逸話には、疑問を持つ人も多い。キリスト教圏で、異教の神々の物語がそこまで強い影響をもたらすか、というのだ。

     伝説の真偽のほどはさておき、現実には六月に結婚しても離婚はするし、他の月に結婚しても末永く続く。今月は、正式な結婚をした夫や子どもまで成した男より、いわゆる愛人として付き合った男、一夜だけの男に運命やら人生やらを翻弄された女達を書く。

     例によって全編に渡って登場人物はみな仮名、背景などにも少々の手を加えている。

                        ※

     私は名沢葉子とも久島莉花とも面識はないけれど、共通の知り合いがけっこういる。そして二人とも私に会いたいと、その共通の知人らを介していってくるけれど、ピシャリと断るのではなく、のらりくらりと逃げ回っていた。

     どちらも、嫌いではない。どちらも、会えばおもしろいだろうと思う。どちらにも興味がなくはない。しかし、どちらも……苦手なタイプだ。

     私の中では葉子と莉花を同じ箱に入れているというか、同じファイルに分類している。私だけでなく、両者を知る人はそうしてしまう。二人はいろいろ、共通項が多い。

     しかし当人達は、絶対にあの女とは一緒にしてほしくない、なんであれと同じに扱うの、と怒るだろう。葉子と莉花は互いに存在を知っているはずだが、二人が親しくなろうとはしない。どちらにとっても、相手に利用価値がないからだ。

     どちらも三十代だが葉子は後半、莉花は前半。私から見ればどちらもまだまだ若いけれど、ある分野においてはオバサン扱いであり、ある世界を目指すには遅すぎる。
     なのに二人とも、その分野での活躍を望み、その世界での成功を夢見ているのだ。

     今のところ莉花が一歩、いや、三歩~十歩はリードしている。とはいえ冷酷にではなく冷静に見て、莉花は今いるところで止まるだろう。そこが頂点、そこから先はない。そして葉子が、莉花の今の立ち位置を抜いていくこともない。

     二人は、タレントになりたくてたまらない。いや、すでにタレントを名乗っている。
     その年齢で、新人として大手の事務所にスカウトされたり、オーディションで優勝したりはありえない。さすがにそういった現実は、二人ともわかっている。
     
  • 第177回 良い季節でも人は病むウラガワ(3)

    2018-05-27 11:00
    190pt

    オンナのウラガワ ~名器大作戦~
    第177回 良い季節でも人は病むウラガワ(3)


    ◆もくじ◆

    ・良い季節でも人は病むウラガワ(3)

    ・最近の志麻子さん 
     6月に角川ホラー文庫より『現代百物語 終焉』発売予定
     夏に某大型映画に出演予定
     河崎実監督映画に出演予定
     TV「有吉反省会」にヒョウ姿でひきつづき出演中
     「岩井志麻子のおんな欲」連載中
     カドカワ・ミニッツブック版「オンナのウラガワ」配信中
     MXTV「5時に夢中!」レギュラー出演中

    ・著者プロフィール

    ===

    一年で最もさわやかな五月ですが、そんな季節に相応しくないことも人生にはたくさんある。
    今号は、ちょっとホラーな人たちのエピソード。
    AV女優をしていたサキ(仮名)は、いろいろ大変な経験もしてきたというが、共演したある女優のことが強く記憶に残っているという。
    彼女の身体には……。


    バックナンバーはこちらから↓
    http://ch.nicovideo.jp/iwaishimako/blomaga

    2014年11月~16年12月のバックナンバーは、「月別アーカイブ」の欄からご覧ください。
    2017年1月「自分を重ねてしまう若者たちのウラガワ
    2月「冬に聞いた奇妙な怪談のウラガワ
    3月「春のさなかに聞いた怖い話のウラガワ
    4月「木の芽時な人達のウラガワ
    5月「五月だけどさわやかになれない人たちのウラガワ
    6月「面識なしでも喜怒哀楽を喚起する人々のウラガワ
    7月「ほんのり怖い人達のウラガワ
    8月「真夏なのに秋の予感な有名人たちのウラガワ
    9月「私が見たテレビの中の人のウラガワ
    10月「大人だけど枯れるには早い人たちのウラガワ
    11月「年下韓国人夫とのアジア旅のウラガワ
    12月「捨ててもいいじゃないかのウラガワ
    2018年1月「命や生きることについて考えたウラガワ
    2月「人はなかなか変わらないのウラガワ
    3月「きれいに卒業できない女たちのウラガワ
    4月「新たな出会いの不気味なウラガワ


    ※2014年10月以前のバックナンバーをご購入希望の方は、本メルマガ下部記載の担当者までお知らせください。リストは下記です。

    2013年7月~12月 名器手術のウラガワ/エロ界の“あきらめの悪さ”のウラガワ/エロとホラーと風俗嬢のウラガワ/風俗店のパーティーで聞いたウラガワ/エロ話のつもりが怖い話なウラガワ/風俗店の決起集会のウラガワ
    2014年1月~10月 ベトナムはホーチミンでのウラガワ/ベトナムの愛人のウラガワ/永遠のつかの間のウラガワ ~韓国の夫、ベトナムの愛人~/浮気夫を追いかけて行ったソウルでのウラガワ/韓国の絶倫男とのウラガワ​/ソウルの新愛人のウラガワ​/風俗嬢の順位競争のウラガワ​/夏本番! 怪談エピソードの数々のウラガワ​/「大人の夏休みの日記」なウラガワ​/その道のプロな男たちのウラガワ​

    ===

     一年で最もさわやかな頃といわれる五月だが、実は雨も多いし季節の変わり目で心身ともに調子を崩す人も多い。ということで、さわやかな季節に相応しくないこともたくさんあるのよ、というのをテーマにしてきた今月。

     ラストには、ちよっとホラーな人々に登場願おう。この人達がもうじき、次はじめじめの梅雨に相応しくないさわやかな季節を迎えられるよう、祈りつつ。

                        ※

     サキは二十五歳の頃に十九歳と偽ってAV女優デビューし、三年ほどやって引退した。結婚と離婚を繰り返し、四十歳を過ぎた。

    「いろいろ大変な経験、きっつい体験もしましたが、監督や相手役の男優よりも、共演した女優のほうが記憶に残ってますね。
     アタマおかしい人も、すごく普通の人も、びっくりするようなインテリのお嬢さんもいましたが。時間にして、十分も接触してない女優が忘れられません。
     その子は本物の十九歳で整形ばりばりだったけど、美人でしたよ。おっぱいもこれまた山盛りにシリコン入ってたけど、スタイルもよかった。
     ところが脱いだ途端に監督が、顔色を変えました。
    『あっ、こりゃ無理だ。ごめん、あなた使えないから帰って』