• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

NEXT TOJ 〜TOJの歴史を振り返る〜 Vol.68
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

NEXT TOJ 〜TOJの歴史を振り返る〜 Vol.68

2017-04-09 09:00

    2002年 ツアー・オブ・ジャパン 東京ステージ

    ■2002年の参加チーム

    [海外チーム]
    ムロズ(ポーランド)
    フランダース(ポーランド)
    アクサ・VVZ(オランダ)
    チーム コムネット・ゼンゲス(ドイツ)
    チーム ジュラスイス(スイス)
    カザフスタン ナショナルチーム
    オーストラリア ナショナルチーム
    マレーシア ナショナルチーム
    香港 ナショナルチーム

    [国内チーム]
    シマノレーシング
    愛三工業レーシングチーム
    日本鋪道レーシングチーム
    チーム ブリヂストン・アンカー
    スミタ・ラバネロ・パールイズミ
    ミヤタ・スバルレーシングチーム
    Team ORBEA エチェオンド

    前年までTOJはUCIレースカテゴリー2-4でしたが、この年は2-5に格下げになっています。
    そのためTT-1のチームが参加せず、
    参加チームの中ではTT-2のムロズ、フランダースが一番クラスが高いです。

    ■栗村コメント
    この頃から“日本人選手が活躍できるように無理にトップチームを呼ばなくてもよいのでは?”という論調が聞かれるようになりました。2001年大会はそういった意味で比較的薄めの海外チームラインナップとなっています。
    対する国内チームは、実業団チームが5チーム、クラブチームが2チームという内容となっており、まだこの頃は“地域密着型チーム”というのは存在していませんでした。
    ■「NEXT TOJ 〜TOJ歴史を振るかえる〜」とは……
    今年でツアー・オブ・ジャパンは第20回大会を迎えます。
    国内でも有数の歴史を誇る、TOJをみなさんに楽しんでいただければと思い、写真と共に振り返ります。
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    プロ観戦者への道
    更新頻度: 毎月2本程度
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥540 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。