• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • “α-Synodos”  vol.256

    2018-11-15 11:49
    257pt
    ━━━━━━━━━
     “α-Synodos” 
    vol.256(2018/11/15)
    ━━━━━━━━━

    ○はじめに
    1.熊坂元大「「道徳教育」はこうすれば良くなる」
    2.穂鷹知美「終の住処としての外国――スイスの老人ホームにおける 「地中海クラブ」の試み」
    3.徳山豪「アルゴリズムが社会を動かす」
    4.鈴木崇弘「自民党シンクタンク史(1)――シンクタンク創設への思いとその戦い」

    ○はじめに

    みなさま、こんにちは。いつもαシノドスをお読みいただきリありがとうございます。αシノドス最新号をお届けします。

    最初の記事は「今月のポジだし」。今回は環境倫理学者の熊坂元大さんにご提案いただきました。今年の4月から小学校で、「特別の教科」としての道徳が教えられるようになりました。来年度からは中学校でも同様の道徳教育がはじまります。保守的な安倍政権に批判的な勢力から、多くの批判や糾弾がなされているのはみなさんもご存知のことだと思います。もちろんこれによって偏狭な愛国心が植え付けられるならば問題ですが、しかしすでにスタートしてしまっているというのも事実です。そうした現実を前にして、現状を少しでもベターにもにする、というスタンスがあってもよいと思います。こうしたスタンスから熊坂さんが提示する「ポジだし」です。

    ついで、スイス在住のライター、穂鷹知美さんによる、スイスの老人ホームのレポートです。日本は現在、「事実上」の移民政策にかじを切ろうとしています。移民労働者の受け入れに当たっては、考えておくべきことは山ほどあるでしょう。今回お考えいただきたいのは、移民が老いたときにどのような問題が生ずるのかということです。穂鷹さんの記事は、イタリア移民が老いて老人ホームに入ったとき、言葉や文化慣習が異なる環境がもたらす軋轢がどのようなものかをきわめてリアルに伝えてくれます。ぜひ移民論議のひとつの材料としてお読みいただければ幸いです。

    ついで、システム情報科学をご専門とする徳山豪さんに、「アルゴリズム」をご解説いただきました。この言葉、日常的にさまざまな場面で耳にします。しかし、ではアルゴリズムとは何か?と聞かれて、正確に答えることのできる人は少ないのではないでしょうか?現代社会に不可欠なアルゴリズムについて、自動車の運転から学習する人工知能まで平易にご解説いただきました。ぜひ正確な知識を身に着けていただければと思います。

    政治に知識やデータ、あるいは政策を供給する組織として官僚しかないことが、日本の政治、ひいては民主主義のダイナミズムを奪っているというのはよく言われることです。そうしたなか、官僚に対抗できるシンクタンクの必要性も、同様にしばしば主張されます。しかし、データにもとづいた政策を提供できるシンクタンクが日本ではなかなか育ちませんし、育つ気配も見当たらないというのが現実だと思います。なぜこのような状況なのか?かつて自民党のシンクタンクを立ち上げるのに尽力した鈴木崇弘さんが、「自民党シンクタンク史」の連載を開始します。当事者が語る具体的な歴史をぜひお楽しみください。

    次号は合併号となり12月20日配信です。どうぞお楽しみに!
     
  • “α-Synodos” vol.255(2018/11/1) 消費税増税と改憲を考えるために

    2018-11-01 11:33
    257pt
    ○はじめに
    1.中里透「消費税増税で日本はデフレに逆戻りしないのか?」
    2.志田陽子「学びなおしの5冊〈憲法〉」
    3.吉田徹「西欧社会民主主義はなぜ衰退しているのか?」
    4.橋本努「なぜリベラルは嫌われるのか?(2)」

    ○はじめに

    みなさま、こんにちは。いつもαシノドスをお読みいただきリありがとうございます。αシノドス最新号をお届けします。

    先日、安倍総理から19年10月に予定通り消費税率を10%に引き上げるとの表明がありました。今号ではこの問題をじっくり考えたく、経済学者の中里透氏にインタビューしました。「そもそも」のところからじっくりとお話を聞いています。デフレとは何なのか? 「失われた20年」とも言われる90年代以降の日本経済をどうみればよいのか? アベノミクスは全体としてどのように評価すべきなのか? 消費税を上げてふたたびデフレに舞い戻ることはないのか? などなど。中里氏に、経済に明るくない読者にもすっきりと理解できるように、平易にご解説していただきました。

    ついで「学びなおしの5冊」。今月は憲法学者の志田陽子氏に「憲法」をテーマに選書いただきました。安倍政権の改憲への動きにともなって、憲法への関心がとても高まっています。そこで志田氏に「大人が現在の社会事象を憲法に照らして考えるのに良いと思う本」をあげていただきました。憲法は暗記するものではなく、自分に思考方法を提供してくれるものだと説く志田氏から、ぜひ憲法を考えることの意義を学んでいただければと思います。

    昨今、世界中で社会民主主義勢力の衰退が目立ちます。経済的に困窮した国民を、手厚い福祉でサポートするというのが社民の発想の中にあるとするならば、グローバル化や技術革新によって格差が広がるいまこそ社民への期待が集まってもよいと思うのですが、現実には社民ではなくポピュリズム的な権威主義に各国の国民は動員されるようになっています。なぜそのような事態になっているのか? ヨーロッパ比較政治を専門とする吉田徹氏に、背後にある歴史的動向を紐解きながら解説していただきました。

    最後にミニ連載、社会哲学をご専門とする橋本努氏による「なぜリベラルは嫌われるのか」の2回目です。2回目は、朝日新聞の従軍慰安婦報道と、憲法9条と平和主義、沖縄戦における集団自決をめぐるリベラルの言論が検討されます。そうした問題においてなぜリベラルの権威と信用が失墜してしまったのか? 日本のリベラルの現在を評価するためには避けて通れない作業だと思います。

    次号は11月15日配信です。どうぞお楽しみに!
     
  • “α-Synodos” vol.254(2018/10/15) 公共性と社会

    2018-10-15 10:12
    257pt
    ○はじめに
    1.長谷川陽子「知の巨人たち――ハンナ・アーレント」
    2.岸本聡子「公共サービスを取り戻す」
    3.斉藤賢爾「ブロックチェーンってなあに?」
    4.山岸倫子「貪欲なまでに豊かさを追いかける」

    ○はじめに

    みなさま、こんにちは。すっかり秋、というよりも秋を飛ばして冬になるんじゃないか、というような肌寒い天候ですがいかがお過ごしでしょうか? αシノドス最新号をお届けいたします。

    最初の記事は法思想史・法哲学を専門とする長谷川陽子氏による「知の巨人たち」。今回はハンナ・アーレントを取り上げます。ハンナ・アーレントというと「アーレント産業」と呼ばれるほど、さまざまな分野からその業績が多角的に研究されています。日本でもたくさんのアーレント本が刊行されています。長谷川氏のエッセイは、そのいずれとも異なる独自なものとなっています。アーレントの初期著作『ラーエル・ファルンハーゲン』を取り上げ、この著作からアーレントの思想のエッセンスを紹介します。「昼と夜」とユダヤ性をめぐる思索は、アーレントの最重要概念である政治的公共性にまっすぐにつながっています。

    ついで、世界の水道事業に関する調査を行い、『Reclaiming Public Water(公共の水道を取り戻す)』を発行した岸本聡子氏へのインタビューです。水道やごみ処理、電気、鉄道、教育、医療などの公共的なサービスをどのように運営していくかは、社会政策を考えるうえできわめて重要です。民営化の問題点や、再公営化する際の動機、再公営化してどう変化するのかなど、公と民とのあいだで公共サービスを考えるためのヒントにしていただけると幸いです。

    最近、「ブロックチェーン」という言葉を耳にする機会が増えました。一種のバズワードだといってもよいと思います。しかしこの言葉、いったい何を意味しているのか? と問われて、きっちりとした答えを返せる人はあまりいないのではないでしょうか。そこで株式会社ブロックチェーンハブのCSOである斉藤賢爾氏にご解説いただきました。ブロックチェーンの説明の際に「金属の鎖」の比喩が出てきたら、その説明は怪しい可能性が高いとのことです。しっかりとした知識をぜひインプットしてください。

    最後は「今月のポジだし」。今回はソーシャルワーカーの山岸倫子氏にお願いしました。マスメディアでもネットでも、どうも社会というか、人間関係がぎすぎすするばかりのような気がします。他人のちょっとした瑕疵、あるいは違いを取り上げて、正義を掲げ、これ見よがしに叩こうとする振る舞いを見ていると、市民を巻き込んだ道徳的な警察化が進んでいるような感覚に陥ります。なぜこのような事態が生じているのでしょうか? そして、そのような不毛な事態から脱却するにはどうすればよいのでしょうか?  大切なのは「ねぎらいの言葉」ではないかと山岸氏は説きます。

    次号は11月1日配信です。どうぞお楽しみに!