• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • “α-Synodos”  vol.246(2018/6/15)

    2018-06-15 15:48
    257pt
    ━━━━━━━━━
     “α-Synodos” 
    vol.246(2018/6/15)
    特集:「自己本位」で考える
    ━━━━━━━━━

    ○はじめに
    1.福田充「危機管理学」とはどんな学問か
    2.山本貴光「「自己本位」という漱石のエンジン」
    3.寺本剛「高レベル放射性廃棄物と世代間倫理」
    4.高田里惠子「ちゃんとアメリカの言うことを聞いたら「大学生の教育」はもっとよくなる」
    5.絵:齋藤直子、文:岸政彦「沼から出てきたスワンプマン」

    ━━━━━━━━━

    〇はじめに

    いよいよ梅雨、という空模様の東京ですが、みなさまは元気にお過ごしでしょうか? ぼく(芹沢)はじめじめした湿気が苦手なので、夏が待ち遠しいです。昨今の夏は暑すぎて、それはそれで大変ですが。さて、「αシノドス」246号のご案内です。

    最初の記事は新しい企画です。「新・学問のすすめ」と題して、これから最先端の学問をインタビュー形式でわかりやすく伝えていきたいと考えています。第一弾は「危機管理学」をご専門とする日本大学危機管理学部教授の福田充氏にお話を伺いました。

    「安全保障」や「治安対策」という言葉自体に忌避意識を持つ方もいます。おそらくそこに権力の悪しき作動をかぎつけるからだと思うのですが、そしてそれは健全な批判意識の発露ですが、しかし、どうも法や制度が導入されるときに騒ぐだけ騒いで、あとは知らない、という態度が多すぎるように思います。しかし問題はその後、法や制度をどう「民主的」に運用するかです。「リベラルな危機管理、民主的な危機管理というアプローチがあるんだ」という福田氏の言葉にどうぞ耳を傾けてください。

    つぎに最近、『文学問題(F+f)+』にて夏目漱石の文学論を分析した山本貴光氏に、「漱石と明治という時代」というテーマでご寄稿をお願いしました。漱石が生きたのは、「恰も一身にして二生を経るが如く一人にして両身あるが如し」といわれた時代、つまり価値観が従来とは一変した時代です。そうした時代に漱石が自らの思考の礎としたのは何だったのか? 「二生」以上の変転を要請される現代にあっても、漱石のスタンスは重要な指針となるはずです。

    ついで環境倫理学を専門とする寺本剛氏に、「高レベル放射性廃棄物」をテーマにご寄稿いただきました。現代社会では原発が不可欠のものとされていますが、原発は10万年以上もの長期にわたって危険であり続ける放射性廃棄物、いわゆる「核のごみ」をともないます。つまり、たとえいま全原発の稼働を止めたとしても、われわれは10万年以上もの長期にわたる世代にこの負債を押し付けねばなりません。このような「世代間の不正」を環境倫理学はどう考えるのか、寺本氏にご解説いただきました。

    そして「今月のポジだし」。今回はドイツ文学の研究者、高田里惠子氏に「ポジだし」をお願いしました。高田氏はぼくのもっとも好きな書き手のひとりで、主著の『文学部をめぐる病い―教養主義・ナチス・旧制高校』は本当に面白いので、ぜひ手に取ってみてください。今回の記事も、高田氏の「面白さ」の一端が、その文体からもわかるかと思います。αシノドスをお読みいただいている皆さんには、「読書の楽しみ」とその重要性は自明なものかと思いますが、これからの若者たちにどうその魅力を伝えていけばよいのか、大袈裟に言えばここには「文明の岐路」ともいうべきものがかかっていると思います。

    最後に毎月連載、齋藤直子氏のイラストと岸政彦氏のエッセイによる「Yeah! めっちゃ平日」。いつも感情の「機微」に触れてくる岸氏の文章ですが、今回は爆笑しました。いつもハッピーな気持ちにさせてくれる齋藤氏のイラストともにお楽しみください!
     
  • “α-Synodos”  vol.245(2018/6/1) 特集:異なった存在への眼差し

    2018-06-01 14:31
    257pt
    ━━━━━━━━━
     “α-Synodos” 
    vol.245(2018/6/1)
    特集:異なった存在への眼差し
    ━━━━━━━━━

    ○はじめに
    1.浅羽祐樹「だまされないための「コリアン・リテラシー」――あの国を理解する方法と態度」
    2.稲葉振一郎「木庭顕――「排除なき現われの場」としての市民社会は可能なのか?」
    3.佐藤麻理絵「イスラーム世界の「移動文化」」
    4.森口舞「学びなおしの5冊〈カリブ〉」

    ━━━━━━━━━

    〇はじめに

    いつも「αシノドス」をお読みいただきありがとうございます。シノドスの芹沢一也です。「αシノドス」最新号をお届けします。今号もバラエティに富んだコンテンツとなりました。

    最初の記事は、韓国政治をご専門とする浅羽祐樹氏へのインタビューです。慰安婦問題から北朝鮮の非核化にいたるまで、毎日のように韓国をめぐる報道に接しますが、どうも韓国報道に対するスタンスをつかみかねています。そこで浅羽氏に、韓国や日韓関係についての報道を読み解くためのイロハをお聞きしました。

    ついで、連載企画「知の巨人」。今回は社会学者の稲葉振一郎氏にお願いしました。しかしさすが稲葉さん、直球は投げてきません。取り上げられたのは、ローマ法の専門家である木庭顕氏。ロック的な自由とスミス的な自由を越えた地平に展望される「「排除なき現われの場」としての市民社会」。このヴィジョンの導きと手として、木庭顕氏への熱い思いが語られています。

    ハイブロウな議論が満載の「αシノドス」、一息つけるエッセイがあってもよいかと思い、ヨルダンをはじめとした中東諸国においてフィールドワークを行っている佐藤麻理絵氏に、イスラーム世界の息遣いが感じられるエッセイをお願いしました。「移動」する民が形作ってきたイスラーム世界にあって、現在、「移動」はどのように変容しているのか? ぜひイスラーム世界の「いま」を体感してください。

    最後は、初学者のための「学びなおしの5冊」。ラテンアメリカ・カリブ政治をご専門とする森口舞氏に「カリブ」をテーマに推薦図書を選んでいただきました。「奴隷制や植民地という歴史、独立後の理想と現実、多国籍企業、貧しさ、アイデンティティ、そして社会主義体制の今」を教えてくれる書籍たち、ぜひ本記事をガイドに手に取ってみてください!

    それでは、どうぞ「αシノドス」をお楽しみください!
     
  • “α-Synodos”  vol.244(2018/5/15) 特集:人間が人間らしく生きるために

    2018-05-15 23:06
    257pt
    ━━━━━━━━━
     “α-Synodos” 
    vol.244(2018/5/15)
    特集:人間が人間らしく生きるために
    ━━━━━━━━━

    ○はじめに

    1.黒﨑真氏インタビュー「「非暴力」という抵抗――キング牧師の戦い」

    2.志田陽子「人権の21世紀――人権とは、螺旋階段の途中にあり続けるもの」

    3.要友紀子「出会い系/セックスワーク広告サイト弾圧のナンセンスを圧倒する、トランプ政権下のオンライン・セックスワーク・サバイバル」

    4.齋藤直子(絵)×岸政彦(文)「Yeah! めっちゃ平日第十四回「気づかないが、調整している」」


    ━━━━━━━━━

    〇はじめに

    シノドス代表の芹沢一也です。今回から芹沢がαシノドスを編集することとなりました。いっそう充実した誌面を目指したいと思います。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。それでは「αシノドス」vol.244のご紹介です。

    はじめに、先日、岩波新書から『マーティン・ルーサー・キング――非暴力の闘士』を出版した黒﨑真氏へのインタビューです。今年はキング牧師が暗殺されてから50年です。アメリカ社会における黒人の地位向上と、人々の平等を目指し活動したキング牧師とはいかなる人物だったのか? その活動の軌跡をお聞きしました。

    ついで、志田陽子氏に「人権」とはそもそも何か、どのような来歴を持つものなのかをご解説いただきました。隷属状態を拒否して「自由」と「平等」を獲得する動きからはじまった人権の確立という歴史的成果の上で、21世紀のいま人権を思考するとはいかなることなのかを精緻にご議論いただいています。

    アメリカ上院議会でSESTA /FOSTA(オンライン上での性的搾取の人身売買を取り締まる法律)が可決された結果、セックスワーカーたちのプラットフォームBackpageがFBIによって閉鎖されました。トランプ政権下でセックスワーカーたちはいかにサバイブしようとしているのか? 要友紀子氏にレポートしていただきました。

    最後は、齋藤直子さん(イラスト)、岸政彦さん(文)による人気連載「Yeah! めっちゃ平日」です。

    今号も、どうぞお楽しみください!