• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • 山田玲司のヤングサンデー 【第169号】「本気」になったら大丈夫なのか?問題

    2018-01-15 07:001
    216pt
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第169号 2018/1/15

    「本気」になったら大丈夫なのか?問題

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    年末にやった人生相談回。

    お陰様で大好評だったんですが、1つ1つの問題に時間をかけすぎてしまって、お答えできないものが沢山あるので、時々ここでお答えしていきます。


    今回はその1回目です。


    Q

    僕は今高校三年生です。 

    ドレスコーズに影響を受け、ロックやその他もろもろのサブカルチャーなどが好きで自分にとっては何もない町で、クラスが40人程の2クラスの中学時代には気の合う人などおらず、かといって虐めなどは受けるタイプでもなく本当の友達はいなくて、いわゆる不良かもしれないですけどヤンキーになる理由もわからないまま我が道を貫いてきました。

    中学時代は部活は強制で、親が小学生のサッカーチームの監督で、自分も子どもの頃から一応練習に参加したりしていたので、サッカー部に入りました。

    しかし、元々面倒くさがりな自分にとっては朝は早いわ、休みなし。本当に辛かったです。唯一の文化部の吹奏楽部に、入るという手もありましたが女子しかいなく注目されるのは嫌いなので断念しました。


    本当に心開ける友達もいない自分にとっては勉強などは面倒くさく一人でいいやと思い偏差値42ぐらいの高校でいっかと思い今に至ります。


    そして最近生まれ変わって、赤点ばっかしの自分を更生し、自分の追求しているピュアな音楽を作らないと将来が駄目だなと思った矢先に今回のヤンサンのタイトルを目にして相談させて頂きました。


    こんな人間どう思いますか?本気を出せば変われる自信がある自分を受け止めてくれる人はいると思いま すでしょうか?

    (連絡先なし) 

    fc15c7979118e0dd6d3b7103b260a6b7392a56e7

    A

    この感じは本当にわかります。

    「学校」という場所にいる時期に特に感じる気分でしたね。

    社会全体がそうなんだけれど、特に「学校」という場所では「何かで高評価を取っていないとダメなやつ」と言われるものです。


    そんな環境で「他人からの目」を意識しては「俺も本気出さないとな・・」・・なんて思ってしまうわけです。


    とは言っても、何に「本気」になればいいか、もう1つ納得がいかないので、本気にはなれないまま「ふりだしに戻る」を繰り返すわけです。


    そんな自分をついつい責めてしまいがちなんだけど、問題は「自分」にあるわけではありません。

    そもそも「本気になるべきこと」について、深く考えない世の中の空気に問題があるのです。


    高校生だと「野球部」とか「英語検定」とか「全国模試」なんかに「本気」になってると、周囲は褒めてくれます。


    反面「ネトゲ」や「バイト」や「追っかけ」なんかに「本気」を向けていると、周囲は冷たくなり「ダメ人間」というレッテルを貼られます。


    「そりゃあそうだろう」と言う人もいるでしょう。

    ところが、僕が「絶望に効くクスリ」で取材した「人生を楽しんで生きている人」ってのは、大抵「後述タイプの人」でした。

     
  • 山田玲司のヤングサンデー 【第168号】「負けない人」とは?

    2018-01-08 07:00
    216pt
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第168号 2018/1/8

    「負けない人」とは?

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    b829a0c26e7e718aa5d9f7e207b7c272d4809cf4

    去年「いいなあ」と思った事の1つに「アストロズの奇跡」というのがあった。


    年末のドキュメンタリーにまとめられていたので、知っている人も多いかとは思うけど、去年メジャーリーグで全米優勝した「ヒューストン・アストロズ」が最強のチームになったのは「オタク集団の力」だったという話だ。


    アストロズは予算の多くを「データ分析の専門家」「物理学者」「統計学者」などを雇うことに使い、徹底的なデータ分析から「勝てるチーム」を作っていったという。

    雇われた「頭脳担当」の人達は、自分達を「オタク集団」と呼んでチームを支えたらしい。


    その昔日本でも「IT野球」とかいうのがあったけれど、ここ数年その精度は格段に上がり、今までの「個人の才能」や「根性」に頼らない「具体的な方法」が随時更新されていく時代になっている。


    アストロズのグラウンドでは、常に何台ものカメラが回っていて、打てなくなったバッターが「なぜ打てなくなったのか?」を分析してくれる。

    そしてその解決法を科学的に(具体的に)出してくれるのだ。


    主力選手のアルトゥーベが爆発的に打率を上げたのも、この「科学的対策」が大きかったという。


    そんなやりかたを本格的に導入した最初の球団が、アストロズだったらしい。


    去年のメルマガで書いた「ダルビッシュアストロズに敗けた」の理由もここにあったわけだ。


    ワールドシリーズでダルビッシュと対戦する時、アストロズの「オタク集団」は、彼が今日どんなボールを投げてくるか試合前から分かっていたという。


    しかも試合が始まってすぐに、ダルビッシュのスライダーがいつもの切れ味を欠いていることも見抜き、即座に対策を絞り込んだ。


    つまり、この時ダルビッシュが「いつものヤツ」で勝負しようとした時点で「負け」は決まっていたわけだ。


    そしてダルビッシュは「いつものヤツ」で勝負に行って、アストロズの予定通りに打たれた。



    この話は考えさせられる。

     
  • 今週のメルマガについて

    2018-01-01 07:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 2018/1/1

    今週のメルマガについて

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    明けましておめでとうございます。

    今週のメルマガは、お休みとさせていただきます。

    配信再開は2018年1月8日(月)を予定しています。

    また、BASEにて新刊同人誌の販売を開始していますので、この機会にぜひご購入ください。

    同人誌『山田玲司のヤングサンデー』Vol.2

    今年も『山田玲司のヤングサンデー』を、よろしくお願い致します。

    『山田玲司のヤングサンデー』運営スタッフ

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企画編集:山田玲司
         平野建太

    発  行:合同会社Tetragon
    and
    Special Thanks To 読者のあなた
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    Copyright(C) ReijiYamada. All Rights Reserved. 
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ■お問い合わせ
    有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
    『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします。