• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • 山田玲司のヤングサンデー 【第195号】「漫画で戦う」とは何か?

    2018-07-16 07:00
    216pt
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第195号 2018/7/16

    「漫画で戦う」とは何か?

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    僕は大学生の頃、付き合っていた彼女とケンカばかりしていた。


    あまりに同じようなケンカが続くので、僕は「僕らは毎回このパターンでケンカになってる」という内容の漫画を1話分描いて彼女に読ませた。


    口で何度説明してもわかってもらえないから「漫画」で伝えようとしたのだ。


    そんな努力も虚しく彼女とは別れる事になるのだけど、今思うとこの時の僕の行動は、漫画家として「正しい」。


    「言葉では伝わらないもの」を伝えてくれる力が漫画にはあるのだ。




    先週の放送では「エンタメ」と「作家性」についての議論が盛り上がった。


    漫画には「楽しませてくれるもの」と「人生を変えてくれる」ものがある。


    これは漫画に限らず、映画やドラマや音楽、絵画、小説などにも当てはまる。



    僕は「意味もなくくだらないもの」も好きだけれど、本当に探しているのは「自分の常識を変えてくれるもの」だ。


    そしてそんなものを作ってみたいと思って生きてきた。

    だから僕の創作の衝動はまず初めに「今まで信じていたものより素晴らしいものが見つかった!」という所から始まるのだ。


    相手は自分とは違う常識を信じて生きている。

    そのせいで不幸になってしまうこともあるのに、それを疑わない。


    そういう人が「かつての自分」と重なる。

    このままだとあの人は「僕が落ちた崖」と同じ崖から落ちてしまう所を想像してしまう。

    崖から落ちない方法も、崖から這い上がる方法も自分にはわかっている(気がする)のに!


    こうなるともう「伝えるしかない」と思ってしまう。

    彼女に伝えようとした時の様に「漫画」という最高のツールを使ってそれを実行する。



    そうは言っても、作り手が観る人の「常識」を覆すのは本当に大変。


    人は「変わる」のが嫌いだし、多くの場合、説教も現状否定もされたくないのだ。

    エンタメを求める人の多くは「そのままでいいんですよ」と言ってもらいたいのだ。


    そんな人に「新しい何か」を伝えようとするなら、そのための「蜜」や「砂糖」が必要になる。

    それは表面的な「現状肯定」や「エロ」や「スカッとする暴力」や「わかりやすい正義」だったりする。

    自分の主張や趣味に反していても、それをやらなければステージには出られない。


    僕の人生のほとんどが「この問題との格闘」に費やされてきた。

     
  • 山田玲司のヤングサンデー 【第194号】「ミミズ君」とは何か?

    2018-07-09 07:00
    216pt
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第194号 2018/7/9

    「ミミズ君」とは何か?

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    先週の放送の「ピングドラム解説」で、とうとう村上春樹作品の話になった。


    村上春樹と言う人は圧倒的に売れる小説家で、しかも「ジャズ」だの「アメリカ文学」だの、やたらとオシャレなスノッブを効かせてくる芸風なもんだからアンチも多い。


    主人公は(ほぼ確実に)世の中をバカにしていて、自分はそんな世界とは無関係でいようとする。

    排他的で自己完結したその「主人公」は女やネコに逃げられるが、都合良くすぐに「次の女」が現れる。


    そんな春樹が「鼻につく」のもわかる。


    僕も春樹には「バカにされる」気がする。

    ジャズもウイスキーもケルアックもよく知らないまま「パンクロック」なんかを聴いたりするからだ。

    ba1bbb055efa8856adccdab55571e93dc8fb519b

    ところが僕は村上春樹が嫌いではない。


    その理由が今回紹介した「かえるくん東京を救う」の中にある。




    春樹ファンの間では当たり前の事だと思うけど、一般にはあまり語られないのが「村上春樹が何と闘っているのか?」という話だ。


    彼が闘っているのは「女の気まぐれ」か?「謎の組織」か?「冷たい顔をしたスーツの男」か?

    「出ていった彼女のワンピース」か?「穴」か?「あしか」か?


    どれも違う。


    村上春樹が長く闘っているのは「不条理」と「邪悪なるもの」の2つだと僕は思う。


    その2つは各作品に様々な形で現れる。



    その1つが「かえるくん東京を救う」の中に出てくる「ミミズ君」だ。

    1a2678506715c4614e28e4e821b4cc46346fab24
     
  • 山田玲司のヤングサンデー 【第193号】「ハン・ソロ」嫌いと「サッカー嫌い」の共通点

    2018-07-02 07:001
    216pt
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第193号 2018/7/2

    「ハン・ソロ」嫌いと「サッカー嫌い」の共通点

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ワールドカップのどさくさに紛れて、毎度おなじみ「問題だらけの重要法案」が強行採決されたのなんだので、まあ相も変わらず「分断された世界」に夏が来た。


    この「夏」ってに関しても、その前の「梅雨」ってのが消えかかっている。

    水不足に、地震もかなりヤバい雰囲気だ。



    それでも僕はサッカーを観る。

    公開されたスターウォーズのスピンオフ映画「ハン・ソロ」も観た。

    7149cfdc8a83472a5f9c52780bdac70b09b92364

    こんな時期に「ルーティーン(サッカー観戦)」と「思い出コンテンツ(ハン・ソロ)」に逃避している場合かね!?


    とか言ってる自分もいる。


    しかし「時代の境目で起こる不条理を前にした時、最も危険なのは「怒り」と「焦燥感」で、自分が何も見えなくなることではないか!」とか言ってる自分が最後は勝つ。


    「ハン・ソロ」に関してはネタバレ回避のためにまだ何も言えないのだけど、とにかく最高に楽しめた。


    スターウォーズの中で好きなキャラクターは、1位が「R2D2」で、2位は「ハン・ソロ」だ。


    改めてこの「好きに生きるためには何でもするぜ」というチャラ男の生き様に惚れる。

    とにかく「かっこ悪い」のがソロの魅力で、監督交代のドタバタがあった中、最終的にロン・ハワード監督がいい仕事をしていた。


    ロン・ハワードは「若い」っていうのは「かっこ悪い」という事がわかっている気がする。

    その「かっこ悪さ」が女性を惹きつけることもわかっていると思う。


    ちなみに初期の映画「スプラッシュ」の押しかけ人魚(ダリル・ハンナ)は「ダリフラの02」のイメージの原型みたいにも見える(1人身の男の前に全裸で現れる美女マナーの古典)。

    47c0e3e95f57138c46a9476086c1936e215e5543

    そして毎度の事だけど「ロン」は優しい。


    そして、子供の頃からエンタメの世界で生きてきたロンは、映画は「整合性」より「楽しさ」を優先するべきだ、と思っているのがわかる。


    マニアからの『色々理屈に合わない』的なクレームも、予想した上で「これがスターウォーズだと思うよ」と、最高の「娯楽」として作品をまとめている。






    ところで。


    スターウォーズの新シリーズが気に食わない人たちもいる。

    そういう人の中に「あれは『ディズニー』になってしまったから嫌い」と言っている人がいる。