• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • 山田玲司のヤングサンデー 【第162号】ドキュメント「あなたの傘はいりません」

    2017-11-20 07:00
    216pt
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第162号 2017/11/20

    ドキュメント「あなたの傘はいりません」

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    大混乱の日々は続いていた。


    CICADAの連載が佳境に入っているのだ。

    しかも、今回のこの漫画は「子供が死に直面する話」だ。

    そう簡単に「彼らの気持ち」になれるわけではない。


    浅い気持ちで描いてしまうと、昨今流行りの「感動ポルノ」になりかねない。

    ここで描き手の自分が「同じ気持ち」になれるまで、精神的に潜り込まなくては、昨品が「嘘」になってしまうのだ。

    それだけは避けなければいけない。



    家にいると寝落ちしたり、掃除に逃げたり、SNSだの何だので、集中できないので、ここはファミレスだの喫茶店だののハシゴに行く。

    スマホは置いて、カバンにはネームノートと「手塚漫画」だけ。


    それでもネームができないまま数時間、集中の限界を越えたので、コーヒーでもたれた胃を抱えて仕事場に戻ろうと車に乗り込んだ。



    唐突に土砂降りの雨が降ってきた。

    そんな雨の中、車を走らせていると、田舎道をずぶ濡れになって歩いている、気の毒なおばさんが見えた。


    この先しばらくはコンビニみたいな逃げ場のない田んぼだらけの道なのだ。


    だからと言って「乗りますか?」と言うのも変だし・・と、思っていたら、思い出した。

    僕の車には「安いビニール傘」が何本もあるのだ。


    僕は面倒くさがりなので、いつも傘を持たないで家を出るので雨になったらその度にコンビニとかで安い傘を買ってしまう。

    そのくせ目的地の着いた時に晴れていたら、傘を車に置きっぱなしにしてしまう癖があるので車の中は傘だらけなのだ。



    僕は「ずぶ濡れおばさん」の横に車を寄せて傘を出して「使います?」と声をかけた。

    すると、その人は「いいです!」と、即断ったのだ。


    ・・・・・・・・


    確かに僕の見た目は「危ない人」に見えなくもない。怖がらせてしまったのかもしれない。


    お金でも取られると思ったのだろうか・・・


    僕は「人の役に立ちたかった哀れなモンスター」みたいな気持ちでその場を去った。

    まあこれはこれで仕方ない。切り替えて翌日の「ブレードランナーの解説の準備」をしなくてはいけないのだ。



    公式放送で「あのブレラン」の解説だ。

    鋭いマニアの期待にも答えなければいけないけれど、沢山の映画解説者がすでに「ブレラン」の徹底的な解説や分析をしているのだ。


    中には「たいして面白くなかったから全面的にネタバレで話します」とか、やっている人もいる。

    確かにそこまでやれば面白い放送になるのがわかる。


    今回は僕もそうしよう・・・その旨をツイートしておけば大丈夫だろう。


    僕は「ネタバレする事」をツイートして、完全ネタバレでなら説明できる「この映画の中核部分」の解説の準備をして、そのオチとして「この映画は山下達郎だ」という、オリジナルな「ユーモア」を保険にして「ブレラン解説」に挑む事にした。




    しかし、いざ本番になってネタバレの部分に入ろうとしたら、相棒のおっくんが物凄い強さで「ダメですよその先のネタバレは!」と、止めにかかった。

     
  • 山田玲司のヤングサンデー 【第161号】植物の恋愛とニコ生のゆくえ

    2017-11-13 07:00
    216pt
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第161号 2017/11/13

    植物の恋愛とニコ生のゆくえ

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    イチョウの木に「銀杏」という実が成る季節になると、上野公園はなんとも言えない「臭い」が漂う。


    腐りかけの銀杏の実が放つ「独特の臭い」は、決していい香りではないのだけれど、これもまた「季節の風物詩」で、僕は嫌いじゃない。

    4cd180eab34a0ddbeeac9af742caea54adf73a33

    ところが、同じ東京のイチョウの街路樹でも「臭わない」場所もある。

    青山とか原宿なんかの「お洒落な街路樹」では、銀杏が落ちていない。あるのかもしれないけど、少なくとも「僕の記憶」には「銀杏臭い外苑前」の記憶はない。


    イチョウには「実の成る」メスの木と、「実の成らない」オスの木があるので、原宿などではあらかじめ「実が成らないオスの木」だけを植えているらしいのだ。


    オスの木は「どこかにいるであろうメスの木」に向けて、ただただ「花粉」を飛ばすだけの恋をしている存在だ。


    迷惑がられる「花粉」ではあるけど、「銀杏の臭い」よりはマシだということらしい。

    なので青山付近のお洒落タウンに植えられる事を許可された銀杏は「オス」ばかりだと聞いた。


    つまり、神宮外苑付近のお洒落な道は「女を夢見る男たちの木」が延々と並ぶ「男子校の応援団」みたいな道だというわけだ。



    クリスマスなんかには、その道を「大量の恋人たち」が通りゆく。


    おお・・


    なんとも残酷なお洒落タウン。

    お洒落タウンが「ソロ男子」に嫌われるのは「イチョウの怨念」のせいなのかもしれない。



    029721481b75f81b080eaaf425fc8363a04f51dd

    ところで、この植物の恋愛。

    なにもこんな残酷な「男と女のしくみ」を植物にまで持ち込まなくてもいいじゃないか、なんて思うけど、これもまた「自然」が持つ「合理性」がある。



    生き物に「オスとメス」があるのは、「強い個体」かつ「多様な個体」を残して「子孫を繁栄させる」ためだ。


    同じような形と同じようなスペックの子孫を量産してしまうと、強い生き物や、ウイルス、環境の変化に対応できないで全滅してしまう。


    なので、メスの木が欲しいのは「自分と違う環境」で「自分と違う経験」をしている「ちょっと違った個体の遺伝子(花粉)」だ。


    この話。何もかもが「人の恋愛」を思い起こさせる。

     
  • 山田玲司のヤングサンデー 【第160号】「ダルビッシュの残酷ショー」で、最後に笑うのは誰だ?

    2017-11-06 07:002
    216pt
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第160号 2017/11/6

    「ダルビッシュの残酷ショー」で、最後に笑うのは誰だ?

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    もう見るに耐えない情景だった。


    これほど残酷なシーンは、ここ最近見たことがない。

    何の話かと言えばMLBだ。アメリカのプロ野球のNo.1チームを決める試合での話。


    僕は最近メジャーリーグの試合をよく見る。

    自分には何の関係もないのだけれど、午前中のBSで放送があるので何となく見てしまうのだ。


    もはや何の信用も出来なくなった日本の報道番組は見たくないので、朝は主にBSのワールドニュースを見ている。

    なので、自動的にその後に始まるメジャーリーグ・ベースボールを見る事になっていたからだ。

    もちろん仕事をしながらの「ながら見」なんだけど、これがどうにも面白い。


    サッカーのプレミアリーグも面白いんだけど、その理由は何と言っても「世界中から集まった頂点の選手たち」にある。



    アメリカだけでもニューヨークだの、マイアミだの、テキサスだの、出身地は多岐にわたるのに、そこに全世界から人間離れした「野球エリート」が集まっている。


    日本、韓国、ベネズエラ、プエルトリコ、キューバ、ドミニカ、あたりの「アメリカ文化圏」の選手が多いものの、人種や文化がバラバラでそれぞれにドラマがある。


    そのダイナミックなプレイもいいんだけど、それぞれのチームにまつわる「物語」がまた面白い。



    しかも、1年間の間戦い抜いて、2つのリーグの代表になる為の過酷なトーナメントを勝ち抜き、最後に「ワールドシリーズ」という、野球世界の「最高峰」の舞台に残るのはわずか2チーム。



    この「世界一のチーム」を決めるワールドシリーズは、普通ではない盛り上がりを見せる。


    膨大な数ある「マイナーリーグ」から「メジャーリーグ」に上がるだけでも大変な事なのに、そのメジャーリーグで一番を決める戦いが「ワールドシリーズ」なのだ。


    これは、世界中すべての野球選手の憧れのステージで、あの現役が長い「イチロー」ですら、この舞台には1度も立ててはいない。


    アメリカの野球少年は子供の頃から「ワールドシリーズ」に出る事を人生最高の夢だと思っているという。



    そんな「世界の頂点」であるワールドシリーズの舞台に、今年2人の日本人が立った。


    それが「ダルビッシュ有」と「前田健太」だった。


    それだけでも面白いのに、毎度のことながら「チーム」にもそれぞれ興味深い「物語」がある。


    去年はシカゴ・カブスがワールドシリーズに出た。

    カブスには「ヤギの呪い」という物語があってこれまた面白かったので、去年放送でその話をした。


    その昔、大のカブスファンが、いつものように「ペットのヤギ」を連れて(ヤギの分のチケットも買って)来たのを、チームスタッフが追い返してしまった。

    それからカブスは70年もの間「後1歩」のところで優勝を逃す事になったので、人びとはそれを「ヤギの呪い」だと言っていたのだ。



    そして今回もまた両チームに「物語」があった。

    ワールドシリーズに進出を決めたのは、ヒューストン・アストロズとロサンゼルス・ドジャース。


    今年、アストロズの地元ヒューストンには猛烈なハリケーンが襲った。

    町の多くが水没し、スタジアムも大きな被害にあった。

    ファンの多くが、家を失ったり、家族を失ったりしていたのだ。

    そんな彼らを勇気づけるためにアストロズは戦った。

    そして、かつての弱小チームは信じられない強さを見せてリーグ優勝したのだった。


    一方ドジャースはカリフォルニアのチームだ。

    カリフォルニアは歴史的な山火事に襲われ、こちらも大きな悲しみを抱えていたのだ。



    温室効果ガスの排出量が過去最大となり、温暖化による被害が年間900万人と言われる2017年。


    野球もまた地球温暖化と無関係ではいられなかったわけだ。

    ワールドシリーズ進出の両チームは、図らずもどちらも「地球温暖化の被害都市」だったというわけだ。




    そんな中、前田健太が活躍する。

    先発ピッチャーの彼が、中継ぎを託され、ここ1番の場面でマウンドを引き継いでは「無失点」に抑えていた。

    098773532ab2af7af6c632be2c6f1c2c1822d69f

    そしてダルビッシュだ。


    彼の今季はテキサス・レンジャーズで始まった。

    ところが、どうにもこうにも「勝てない」。

    あの天才豪腕投手だったダルビッシュが嘘のように打たれまくった。


    心配して見ていたら、レンジャーズはダルビッシュの解雇を決定。


    行先は大丈夫だろうか?

    なんて思っていたら、何と彼を迎え入れたのは、あの「ドジャース」だったのだ。

    素晴らしい話だけど、選手層の厚い名門チームだし、心配にもなる。



    しかし、移籍直後のダルビッシュは、いきなり勝ち星を上げた。

    その後も不調だったのが嘘のように大活躍したのだった。


    ワールドシリーズを決める大事な1戦に先発した時も、見事に相手チームを抑えて、チームの勝利に貢献した。



    そんなダルビッシュなので、ワールドシリーズの先発に選ばれている時点で、かなりの奇跡的な流れの物語を抱えていたのだ。



    接戦続きのワールドシリーズ第3戦。

    ダルビッシュは先発投手だった。

    世界中の野球少年の夢の舞台に彼は立っていた。



    ところが、何とか1回を0点で抑えたものの、2回に彼はアストロズ打線につかまる。

    あっという間に4点を奪われ、監督にマウンドを降ろされ、夢のシーンは最悪の結末となった。

    わずか2回も彼はアストロズを抑えられなかったのだ。



    おまけに、後味の悪い出来事まで起こる。

    ダルビッシュからホームランを打ったアストロズのグリエルが、アジア人を侮蔑するポーズをとったのだ。

    5bbfe0fa28b043b4ad553809596d189c1539180e

    これは試合後、大問題になり、グリエルは来季5試合出場停止の処分になった。


    大ブーイングに落ち込んで、暗い表情のグリエルは「反省している」と何度も言っていた。


    そんなグリエルについて聞かれたダルビッシュは「誰にも間違うことはある」と言ったらしい。

    何とも泣ける話だ。


    でも試合は、この時の4点が返せず、ドジャースは負けてしまう。



    この後両チームは、歴史に残る凄まじい試合を重ね、3勝対3勝となった。



    最終決戦はドジャースの本拠地での開催。

    この試合に勝った方が世界一になるのだ。


    そして、そんな恐ろしい試合の先発投手が「ダルビッシュ有」だった。

    世界でたった2人しか立つことの出来ない「ワールドシリーズ第7戦」の先発マウンドに、ダルビッシュは立っていた。



    ここまで見ていた僕はもう「人ごと」ではなかった。

    「勝てなくてもいいから、とにかく最小失点で次のピッチャーにまわしてくれたらいい」と思っていた。