• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • 山田玲司のヤングサンデー【第212号】「悪い時期」の過ごし方(最新版)

    2018-11-12 07:00
    216pt
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第212号 2018/11/12

    「悪い時期」の過ごし方(最新版)

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    それにしても今年は、長年の夢が叶う事が多かった。

    フェスでのバンドもそうだし、「手塚治虫イベント」では念願の舞台役者をやれたし、次は「愛まどんな」さんと一緒に絵画展をやる。

    古い友人きたがわ翔と番組も始められたし、素晴らしいボイスコミックも出来た。


    相変わらず結果が出ない仕事もあるものの、自分の人生の中でもかなり「幸運な時期」に入った感じがしてる。


    こういう時期もあるけど、その逆に「何をやってもダメな時期」ってのも長かった。


    昔、瀬戸内寂聴さんが「不幸は群れをなしてやってくるけど、幸運も群れをなして訪れる」みたいな事を言っていたけど、人生はそういうものらしい。



    【冬の過ごし方】


    何度か書いたけど、最近また色々考えが更新したので、そんな「人生の冬の時期」をどう過ごすかって話を書こうと思う。


    「何をやってもダメな時期」はいつか終わる。

    ほとんどの場合「本当に酷い時期」ってのはいつか終わる。


    100億円の宝くじに当たったり、アラブの石油王が結婚を申し込んできたりする事はないけど、とにかく「最悪な季節」は終わりが来るのだ。


    「あの時死ななくて良かった」なんて思う「幸せな日」は案外来る。


    焦って「もう一生報われないんだ」なんて思ってしまうと苦しくなって「冬」を乗り切れなくなるのだ。


    何度も「冬の季節」を越えてわかった事がいくつかある。




    【冬を越えるコツ】


    これはいくつもあるので、今回は2つ紹介します。

    そこから先は、放送やメルマガで時々やりますね。


    ・夏のつもりで生きない

    63943f9203dd3b179cecfd7e41f2746ec166ed2c

    人生には「夏の時期」もある。

    何もかもうまくいっていた時代。自分は若くて、お金もあって、異性にモテていた、なんて過去がある人は、その後が大変だ。


    実家が大金持ちだったり、高校の全国大会とかで優勝したり、学校で1番の美女に告白されたり。一発ギャグが全国的に流行したりするのも「人生の夏」だろう。


    でもそんなものは必ず終わりが来る。


    そして人は「過去の自分」と「今の自分」を比較して、勝手に落ち込む。


    そもそも「幸運」は「運」であって、自分の力ではない。

    もちろん多少の努力なんかはしただろうけど、そんなのみんなやっているのだ。


    自分の努力で切り開くことができる「範囲」ってのもある。

    でも「容姿」や「出身地」や「親」なんかは自分では選べない。


    まさに「運」が支配する世界に僕らは住んでいる。

    「運のいい人」を見て妬む必要もない。

    どんな人にも「冬が来る事」は決まっているからだ。


    冬が来たら覚悟を決めて「冬ごもり」をするしかない。


    これは「時代」もそうで、歴史上何度も「冬の時代」はあって、それは個人の力では変えられないものなのだ。


    なので、大事なのは「夏のつもりで生きない」という事だ。


    夏は薄着で寒くないし、スイカも食べられる。

    それを冬にもやろうとするから面倒な事になる。


    冬に薄着でいるのは光熱費もかかるし、スイカは高い。それなら厚着を楽しんで、みかんを食べてればいいのだ。


    それは「終わりのない穴」なのか

    いつか抜ける「トンネル」なのか


    それもまた「運」が決めるのだけれど、とりあえず生きてなければわからない。



    「春が来るまで生き延びる」

    どうせ生きると決めたなら「ご機嫌」でいく。

    これが「ヤンサンマナー」だ。


    そしてほとんどの闇は「無限の穴」ではなく「いつか抜けるトンネル」なのだ。



    ・「間」をとる

     
  • 山田玲司のヤングサンデー【第211号】「音程」って何だ?

    2018-11-05 07:00
    216pt
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第211号 2018/11/5

    「音程」って何だ?

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    またしても「自分」に呆れている。


    何かと言うと、バンドの話。

    僕は「ヤンサンフェス」にバンドで出るので、その練習に行ってきたのだ。


    ようやく夢が叶って、おっくんと一緒に「アリス」を歌うのだ。

    僕にとって「アリス」ほど自分の「リアル中2時代」を象徴するバンドはない。


    ネタ的な意味での中2ではなく、自分が本物の「中2」だった頃、ハマっていたのがこの「アリス」のカバーだった。


    3人のおっさんが低い声で「ダンディ」に愛や苦しみや「優しさ」なんかをを歌うバンドが「アリス」だ。


    ダンディには程遠い埼玉の田舎の中学生が「それ」に憧れる意味がわからないのだけど、とにかく当時(80年代初期)の中学生はみんなアリスにやられていた。



    今思えばかなり妙な世界観だし、サウンドもベタなアリスだけど、とにかく「おっさん」がかっこつけているのがいい。


    アリスは「Beatlesフォロワー」なので、それぞれのボーカルに見せ場があって、やたらとハモる。

    そんなわけで、当時の僕は覚えたてのギターで友人と毎週のように「アリス」を歌っていた。



    そんな思い出も「MTVの襲来」やら、ブルーハーツの登場やらで、遥か遠くに行ってしまっていた。



    この話は何度か書いたけど、ここで改めて書きたい。



    震災前の2010年。

    取材で当時の毛皮のマリーズの志磨遼平に会い、彼に「おっくん」という人間を紹介された。


    おっくん本人に会う前に、志磨遼平のラジオになぜか出ていた「おっくん」の声を聴いた。

    単なる故郷の友人が堂々とラジオに出ているのも面白いけど、この時おっくんは志磨遼平に向かって「マリーズは解散せえ!」「これを聴け!」と言った。



    何を志磨遼平に聴かせたのか?


    それが「アリス」だった。



    その瞬間僕は「こいつ面白い!!!」と思って、おっくんと会う事にしたのだ。


    要するに「アリス」が俺たちを繋いで「ヤンサン誕生」になったのだ。



    そして、現れた「おっくん」は、ご存知の通り、B’zだの少年チャンピオンだのが大好きな「超絶ベタ男」であり、同時に完全に時代から外れた「明治時代の蘭学者」みたいな男だった。


    そんなわけで、彼と一緒に「ヤングサンデー」を始めたのだけど、どうせならこいつといつか「アリスを演奏したい」と、ずっと思ってきたのだ。



    そんなこんなで、ゴルパン音楽部のみんなに協力してもらって「アリス」をやることになった。


    しかし、せっかくのアリスなのに、連日のハードスケジュールで体はボロボロ、おっくんも風邪をひいている。


    その上、更にアレンジを独創的にしたものだから大変な事になっていた。


    それでも僕はこの状況が嬉しくて、スマホで演奏を録画していた。


    帰ってからその動画を観て愕然とした。

     
  • 山田玲司のヤングサンデー【第210号】たかが、アクション

    2018-10-29 07:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第210号 2018/10/29

    たかが、アクション

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    彼は観客に臼を持たせて頭上に掲げさせ、自分もまた押し上げてもらって客の上に立ち、素手で餅をついていた。

    3fa49c05aa99c22f7709eabe31f9f9eeaa968615 

    …これは2016年の正月に、沖縄那覇の国際通りのとある小さなライヴハウスで見た光景である。

    初めてのN’夙川BOYS。

    それは活動休止三ヶ月前の、遅すぎた出会いだった。

     

    それから2年と少し経った今年2月、ヤンサンで「リンダ&マーヤに捧げる歌スペシャル」という放送をやった。

    N’夙川BOYSが活動を休止して、また手探りでロックンロールをやり始めたリンダ&マーヤに、視聴者から応募してもらった歌、全35曲をすべて聴いてもらうという前代未聞の企画だった。

    ふたりは打ち合わせの時から「オレらに35曲も送ってくれたなんて信じられんわ」と、真摯かつ謙虚にその夜に臨んでいた。

    リンダは嬉しそうにメロディを口ずさみ、マーヤさんもこれまでにない体験からか少し構えつつ上機嫌にあーだこーだと感想を話していたが、時間が経つにつれ真剣に受け止めるふたりの口数も少なくなり、ラストは予定していなかった自分たちの歌を披露してくれた。

    e79b670525be70a840fa1bd22e7cb8c27e765cc1 

    「たかがAction」という歌だった。


     

    最初の敵が(わからないよ)

    自分だとしたら(たまらないね)

    できないことを(悩まないで)

    あきらめたくないな

    たかがAction



    まだ今年を振り返るには少し早いが、この一年はずっと行動し続けた年だった。

    去年までと違うのは、より積極的に、より規模が大きいイベントや仕事に、ありがたくもいっぱしの責任を持ってトライできたという点だ。

    新潟、名古屋、大阪、和歌山などのヤンサン地方遠征。

    宿願だった「近代日本画」について私的総括とその共有。(いわゆる「横山大観回」)

    明治150年と平成30年をテーマにヤンサン美術部を手作りで開催したこと。

    東村アキコ「雪花の虎」の取材やストーリーの手伝い。

    手塚るみ子さんと一緒に企んだ「夜の手塚治虫」。

    その他、まだ表には出せないが死ぬほど嬉しかった出会いや、いま進行中のものもいっぱいあるが、本来は面倒くさがりでぐうたらな自分(本来は海で本読んでるだけでなんも不満はない自分)をこんなにも駆り立ててくれたのは、紛れもなくリンダ&マーヤだった。


     

    最後の敵が(わからないよ)

    自分だとしても(かまわないや)

    できちゃうことを(迷わないで)

    やりまくってたんだ

    たかがAction



    「たかがアクション」と彼らは言う。

    しかし実際、動き出すのはめんどくさい。

    年齢を重ねるにつれ、その経験から結果を想定して動きづらくなるのは、失敗を恐れているのではなくそれに費やす労力が大変だと知っているから。

    失敗を恐れるのは若い時だけだ。

    人生は失敗しても次に繋がるし、成功してもまた次の壁があるというようなことを経験上、知ってしまった年頃になると、結局いちばんのブレーキは「めんどくさい」ということに尽きる。

    成功も失敗も、めんどくさいのだ。

    冷静に考えてみればこの現代日本、ぼーっと与えられる娯楽や情報を享受するだけで時間は経つし、退屈もある程度埋められる。

    相棒や科捜研の女は新シリーズ(絶賛放映中!)はもちろん毎日のように再放送があるし、アニメは毎クール違うものが放送され、それですら見切れやしないし、映画も次から次へと封切りになっては人知れず終わっていく。

    漫画は週刊で更新され、美術館や博物館も季節ごとに名画や名品が展示され、様々なアーティストが世界中でライヴや個展をひらき、コンビニやスーパーには季節や行事によって頼んでもないのに新商品が並び、ニュースは次から次へと他人の不幸を教えてくれて…もうなんというか、自分たちはそれを選択するだけでいい。

    我々は自分自身の平和な凡庸さを慰めるのには最高なシステムの中に生きているのだ。

    それなのに、何を無理して自分から自分を変えるようなことをしたがるのか。


    それはあくまで「驚きたいから」だった。


    驚きとは、光だ。

    驚くときだけ、人は自分自身を忘れられる。

    憎しみや愛しさは、感情だ。

    だが驚きは、感情の前の反応だ。

    驚きは時間を忘れさせ、死への痛みも、恐怖も、生きることの快楽や期待も、退屈な平和も、思い出も未来も、すべてかき消してしまう雷鳴であり、すべて塗りつぶしてしまう極色だ。

    俺はその「驚き」への渇望を実存の本来として生きてきた。

    「驚き」を求める心をこそ「好奇心」や「ときめき」なんだと解し、その音色やリズムを「ワクワク」と「ドキドキ」と呼んで、ある時はそれを演劇やメタルや文学に、ある時は恋に、そして旅に求めたりしてきた。

    YUKIがそれを「死ぬまでワクワクしたいわ」と歌い、「見知らぬ街で迷子になりたいだけ」と叫んだように。

    しかしそれはあくまでも、自分が驚きたいだけだった。


    でも、マーヤさんに出会って、いつの間にか変わっていた。

    想い返せばあの正月の沖縄の夜だったのだろうか。

    マーヤさんは、客の上で「ロックンロール!ロックンロール!」と叫びながら餅に正拳突きをかましていた。

    それを見た俺とシマちゃんと清ちゃんは…いや、客も、臼とマーヤさんを持ち上げてる人も、スタッフも対バンも、ステージのリンダやシンノスケくんも、ほぼ皆同じ顔をしていた。

    打ち上げ花火を初めて見た少年のような顔で、無邪気に驚いていたのだ。

    「愛」だなんて叫ばなくていい。

    「ありがとう」なんて言わなくていい。

    「ロックンロール」はすべての意味の代名詞だ。

    そんなロックンロールの菩薩であるマーヤさんを見て、またマーヤさんに驚く人を見て、もっとこういう時場を共有したい、自分たちの手でつくりたいと、おそらく俺は想った。

    そして先ずはリンダ&マーヤを、驚かせたいじゃないかと。

     

    そういうわけでそれ以降、2年目以降のヤンサンは個人的には驚きや好奇心を共有する場として展開させようとしてきたように思う。

    公開収録や遠征や美術部やフェスを企画し開催し、さまざまな試行錯誤を経てついに今年2月、リンダ&マーヤを驚かせ返すためのヤンサンを敢行した。

    上記にも書いたが、本番ではふたりともみんなから贈られた曲にすごく驚き、とても嬉しそうだったし、企みとしてはほぼ成功したかに見えた。

    だが実はこれは、ライヴという同じフィールドではないので、ある意味驚くのも当たり前のことだった。

    それをうすうす分かっていた俺は放送終わり、馴染みの中華屋で夜食して帰り道、ふたりにちらっと言った。


    「マーヤさん、リンダ、たぶん今年の秋にヤンサンでフェスやるんで、よかったらリンダ&マーヤ、出てもらえませんかネ?」

    するとマーヤさんは

    「いや、むしろ、俺らでええの?」

    388d0a7c356938b0a2a9117aadd97283136016c60c922d15a39df9ba8daca72f385d4a84a7fca7bd

    その言葉が驚くほど嬉しかったのは言うまでもない。

    と言ってもその時点ではまだまだ半年以上先の話であり、ふたりのスケジュールもどうなるかなんてわからなかった。

    だから単なる、口約束みたいなものである。

    普通なら社交辞令として済まし、忘れてしまう人がほとんどかもしれない。

    それでもこのやりとりの数ヶ月後、俺はなんとかリンダ&マーヤに出てほしくて、なんならいっそ最初から巻き込んでしまおうと今回のヤンサンフェスのハコ(会場)を探す時からマーヤさんに相談した。


    「前ちらっと言うたヤンサンフェスの件なんすけど…」

    「おお、あれね!」

    「キャパ150とかで、マーヤさんどこかオススメのところありませんかね?」と聞くと

    「ちょっと待ってや」と言ってブッキングをやっている知り合いの人を紹介してくれた。

    その人もまたいい人で、丁寧でご機嫌なやりとりの末に、新代田の「FEVER」というハコに決まった。

    そして改めてお礼がてら連絡し、ヤンサンフェスの出演も正式にオファーした。

    「マーヤさん、ヤンサンフェス、11月3日なんすけど、出てくれませんか?」

    「あざす!もちろん出るで!」

    「まじすか!ほんまにええんすか!?」

    「ええよええよ、なんかめっちゃおもしろそうやん!」

    「あ、ありがとうございます!(涙)」

    「ほんでおっくん、ヤンサンフェスってなんなん?」

    「……えっ!?」

     

    最高の男じゃあないかね、諸君。

     

    というわけで11月3日、そんな最高のリンダ&マーヤをヘッドライナーに迎えて、「新代田FEVER」にてヤンサンフェス2018を開催します。

    リンダ&マーヤの素晴らしさは元より、我らがヤンサン主題歌選手権の精鋭たちの魅力と実力を、伝えたい。

    山田玲司がずっとモットーにしている「ごきげん」と、俺が模索してきた「驚き」を共有したい。

    そのためにこの1年、いや、あの沖縄からほぼ3年、ヤンサンはずっと「たかがアクション」を続けてきました。

    驚くべきことに「驚き」には経済的な格差や、顔面偏差値や、人種や、性別や、どんな過去かなんてことも一切関係ない。

    すべてに平等なのが「驚き」なのです。

    だから驚きは分け合える。

    驚きは自分自身を忘れさせると同時に、他者との境もなくす。

    驚きを共有するときだけ人は、自分ではなくなれるのだ。

    このヤンサンフェス2018は、そんな驚きを創発する場をできるだけ多くの人と分け合いたいと動いてきたヤンサンの、ひとつの集大成になります。

    そのために満を持して、観に来てくれる人に驚きと感動を与えられる面子を、さらにはリンダ&マーヤを驚かせるどころか喰ってしまうようなメンバーを選びました。

    それぞれが「たかがアクション」を起こして、玲司さんファミリーの心を震わせた彼ら

     

    “銀河代表ロックンローラー” GALAXIEDEAD

    “永世名誉エンディング王” トガシ

    “札幌のごきげんな怪人と堕天使” DJ一戸建&高井baby

    “大宮の恋するダニエルパウター” 野口純史

    “キュートな爆走サブカル糞女”  Yume Ochi

    “12音階の破壊王子” John Doe

    “森羅万象を喜びに調理するラップスター” クッキングダディ

    “全局面的ヤンサン音楽マスター” じょん

    “京都の若きクインシージョーンズ” シンナイコウジ

    “メロウでソリッドな魔法使い集団” ミハラモモコとアスタラビスタベイベーズ

    “俺たちのMr.ヤンサン主題歌” カルロス袴田

    そして我らが“中二魔王”であり“いつも何かを始めてる男”

    山田玲司が率いるREIJI with THE GOLDPANTHERS☆

     

    そこにリンダ&マーヤも合わせた総勢13組に、おなじみ久世や清ちゃん松本時代を加えたヤンサン☆オールスターズが、11月3日「新代田FEVER」に集結します。

    みんなの「たかがアクション」を集めて準備してきた超ごきげんなヤンサン歌謡祭。

    それを完成させるのはあなたの「たかがアクション」。

    期待だけして、いらっしゃい。

    そして願わくばみんなのリアクションで、俺たちを驚かせておくれ。

    きっと何回生まれ変わっても忘れられないような夜を、創りましょう、いっしょに。





    10月27日

    驚くことの歓びをおしえてくれた「蒼天の日」に

    奥野晴信

    45eefbe505274c03732ab5e56f43575293e72663
    395fefd3d851be5566e5497646291a77169f9853

    ヤンサンフェス2018 チケット

    https://peatix.com/event/443861



    P.S.


    マーヤさんはあの日

    「ライヴで餅をついたロックンローラーは俺だけや!」

    そんなことを叫びながらステージに戻ると

    「あかん、手の餅が取れんからギター弾かれへん!」

    と、自分がいちばん驚いて、笑ってた。

    bb33f070df1e674e52bd905d9762bab2b6e85468

    公式サイト:漫画家 山田玲司 公式サイト
    Twitter:@yamadareiji
    ファンサロン:GOLD PANTHERS
    Facebookページ:@YamadaReijiOfficial
    番組観覧応募ページ:Coubic 山田玲司のヤングサンデー 

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企画編集:奥野晴信
         平野建太

    発  行:合同会社Tetragon
    and
    Special Thanks To 読者のあなた
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    Copyright(C) ReijiYamada. All Rights Reserved. 
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ■お問い合わせ
    有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
    『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします。