• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • 山田玲司のヤングサンデー 【第144号】「自意識をぶっ壊す言葉」

    2017-07-17 07:001
    216pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第144号 2017/7/17

    「自意識をぶっ壊す言葉」

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    「誰得」という言葉をよく聞くようになって久しい。


    僕は最近の言葉はあまり好きになれないことが多いのだけど、この「ダレトク」は悪くない。


    「誰得」という言葉は最近の言葉で、「その行動はいったい誰の利益になるのか?」という意味。


    感情的になって、それまでの仕事や恋愛関係を台無しにしてしまいそうな行動に出た時に「それって誰の得になるの?」なんて感じに使う。


    「損得」を軸とした「功利主義的な言葉」でしょう。


    でも、この言葉、使いようによっては悪くない。



    それを感じたのは先週の話です。


    その日僕はテレビ局にいました。

    詳しい事はいずれ報告しますけど、深夜の番組で「アイドルの恋愛相談」を頼まれたのです。

    5d05361c0743c6bc20c745c3e42656ceffcd6f79

    かつて僕はネットに現れた「恋愛相談のカリスマ少年がアイドルの恋愛相談を受けることになる」という漫画を描いていました。


    その連載が終わって約15年。まさか自分自身がテレビで「アイドルの恋愛相談」を受けるなんて、想像もしてなかった。


    そんなものは昔から出来たとは思うけど、かつての僕は「とにかく漫画で大ヒットを飛ばして、余裕が出来たら好きな事をしよう」と思っていました。


    なので、今やっている「トーク番組」や「絵本」や「アニメ」などの企画は、とりあえず保留して、我慢をしたまま「漫画連載」を何年も続けていたのです。


    そうなるのも仕方ない話で、漫画がヒットしないと生活ができなくなるし、何より僕は「いい漫画」が描きたかった。


    漫画以外の事で収入を得るのは難しいと思っていたし、どこかで「メジャーで通用しなくなる」のが悔しかったし、落ちぶれた漫画家が仕方なく別の事を始めてる、とか思われたくなかった。


    要するに「しょうもない自意識(プライド)」のせいで動けなかったのです。


    なので、僕は自分が色々な事ができると知りながら、「他のこと」を試したいと思いながら長い事「漫画だけ」のストイックな生活をしていたのです。



    ところが「何かを我慢しながら描いた漫画」は、人気が出ないもので、状況は更に悪くなっていくのです。


    なので、僕はこのニコ生「ヤングサンデー」を始める頃「やれる事は何でもやろう」「やりたいことは挑戦してみよう」と決めたのです。


    もちろんやりたいことのメインは「漫画」です。

    そこに「やりたくてもやらなかったこと」と「自分に向いていると言われること」を追加したのです。


    当時の僕は「自分の理想」と「自分が出来ること」と「自分がやりたいこと」の3つのバランスをとる事ができるようになってきていたのかもしれない。


    そんなこんなの延長で、気がついたら漫画家本人がアイドルの恋愛相談を受けるなんていう日が来て、現実がフィクション(漫画)に追いついたわけです。


    漫画という本業をずっとやってきたからこそ「余裕」でその場を楽しめる自分もいる。


    そんな感じだったんです。


    ところがね。



    収録が始まって、今大人気のアイドルを前に「どうすればモテるか?」なんて話をしている時です。


    ふいに「俺は何をやってんだ?」という意識が頭をよぎったのです。

     
  • 山田玲司のヤングサンデー 【第143号】「非属の才能」と、書店員X

    2017-07-10 07:00
    216pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第143号 2017/7/10

    「非属の才能」と、書店員X

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    「才能のある人は、どこにも属せない

    だから孤独だし、迫害にあうし、いじめにもあうものです。」


    なんて事を書いた本が「非属の才能」でした。

    feca2ce264e65ac309d9dff1f4531a01a79bcc5d

    この本を出したのは今から10年前の2007年。


    我らが「カッキー」こと、コルクの柿内君と初めて組んで出した、僕の初の新書でした。



    当時まだ、そこそこ尖っていた僕と、今も尖っているけど、当時は更に尖っていたカッキーとのコンビで作った本です。

    なので、今読むと「おいおい、これは言い過ぎだろ(笑)」という文章が次々に出てきます。



    1番激しいのは、完全に僕の独断で書いた最後の数ページなんだけど、それ以外の章もなかなか凄い。

    d5942df596239911593fde9e959bc93d4e0750d36a6bf76d22993b750e02243d57a4ba98093f7a81


    例えばこれは「人の言うことは聞くな」というくだりです。

    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

    人の言うことは99%聞くな 新しいことに挑戦する際、心得ておくべきことがもう一つある。


    それは、他人の意見を聞き入れてはいけない、ということだ。


    五味太郎氏は「人が何を言おうが聞くな」とくり返し、竹内久美子さんに至っては「人の言うことは99%聞くな」とまで言っている。


    といっても、なにもこれは、他人の言うことを頭ごなしに否定しろ、という意味では決してない。


    単に、危うい価値観に支配された群れのなかから発される「人の言うこと」についての話なのだ(事実、五味氏は個人として向き合うと実に真摯に話を聞いてくれる人だし、竹内さんも恩師や友人、世界中の研究家の言うことには真剣に耳を傾けている)。


    竹内さんは、「人間がものを話すときには、ほとんどの場合、相手を操作しようという無意識が根底にある」と指摘する。


    これが群れのルールに集約されたとき、例の「漠然とした同調圧力」になるのだ。


    「この服を着ないとおかしい」

    「この曲を聞かないとおかしい」

    「このドラマを見ないとおかしい」

    「このお店で食べないとおかしい」

    これらの価値観の根拠は常にあいまいで、なんらかのメディアが操作していることが多く、決してその人個人の意思から生まれたものではない。


    あえて言えば、広告代理店やテレビ屋や雑誌編集者の「いびつな村」が生んだ常識なのだ。


    ひとりのカリスマが生み出した価値観などではなく、「時代の空気」という怪しいものに常に左右される価値観である。


    もちろん、そこには利害関係のあるスポンサーがいて、組織の上下関係とライバルとのえげつない競争がある。


    そういった世界から発信される空気が群れの価値観を操作しているならば、そんなものは1%も聞く必要はないのだ。


    ~非属の才能より~

    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

     
  • 山田玲司のヤングサンデー 【第142号】「ジャイアン」と「ウサギ」

    2017-07-03 07:00
    216pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第142号 2017/7/3

    「ジャイアン」と「ウサギ」

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    何度も聞かれてきた質問に「どうすればモテるんですか?」というのがある。


    その時々で答えも変わってくるので、僕はそれを聞かれる度に「その時の答え」をもっともらしく話してきた気がする。


    そもそも「モテる」なんて感覚的なものだし、時代や環境によっても変わるものなので、「これが答えです」なんてものは無い・・・とも思う。

    35b12df3b91dc91ad574a55aecbe78c7770a19c5

    ところが、先日たまたま観たフランスのドキュメント番組に「その答え」を見つけた。


    いや。「見つけた気がした」というのが正しいかもしれない。

    何しろそのドキュメンタリーは「4歳の子供」が主人公なのだ。


    その番組は、児童心理学を研究している学者さんたちが、4歳の子供を10人くらい集めて、各自に小型マイクを付けて、その行動を観察していきます。


    普段聞けない「4歳の子供と4歳の子供の会話」が聞けるのだ。



    そこで学者スタッフはいくつかの実験をしていく。

    「このケーキは食べたらいけませんよ」と言って、子供しかいない部屋に美味しそうなケーキを置いて、その様子を観察したり、まあ色々な状況に子供達を置いて、その言動を追うわけで、中々人間臭くて面白い。


    その子供の中に、いわゆる「ジャイアン」がいました。

    何でも自分の思い通りにならないと気が済まない子です。自分の欲望を抑える事も苦手で、食べたらいけないケーキを真っ先に食べたのも彼でした。

    おまけに身体も大きく、威圧的です。

    彼がいるために子供たちは引っ掻き回されます。




    実験の最終日に大人達から5人の女の子にプレゼントが渡されます。

    それぞれ綺麗な入れ物みたいなものをプレゼントされるのだけれど、なぜかその中の1人だけに入れ物に「チョコレート」が入っているのです。

    なんという意地悪。

    女の子はみんな4歳です。当然「私も欲しい」と言い出します。


    大人はチョコをもらった子に「どうする?あげる?」と聞きます。


    「これは・・私がもらったものだから~・・」と、その子は拒みます。


    貰えなかった子の1人が「チョコは何粒入ってるの?」と言ってきます。


    調べてみると、チョコは5つ。その場にいる女の子の数と同じです。

    でもチョコをもらった子が、それを分けてしまうと、せっかくの「自分だけがもらったチョコ」はみんなのものになってしまうのです。


    それでも彼女はそれに応じます。チョコをみんなにくばっていくのです。

    まだ困惑ぎみではあるものの、他のみんなは大喜びです。


    そこにあの「ジャイアン」が入ってきます。