• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • 山田玲司のヤングサンデー 【第148号】「初音ミクの悲しみ」とは?

    2017-08-14 09:10
    216pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第148号 2017/8/14

    「初音ミクの悲しみ」とは?

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    階段を上がるとそこには「初音ミク」が待っていた。


    そこは「手塚治虫記念館」の2階。

    僕とヤンサンの仲間達は手塚治虫記念館に来ていたのです。

    しかも我らが手塚るみ子さんがわざわざ来てくれて、中を案内してくれるという超豪華な体験。


    大人の修学旅行の気分でおかしいほどはしゃいでいる「おっくん、しみちゃん、久世」の3人をよそに、僕は久しぶりに感じる「手塚治虫の生々しいエネルギー」に圧倒されていた。

    a85031a19811d62b2bd001d8ceff05c767f12e98

    そもそも手塚治虫のやってきた仕事は、種類も量も凄まじく、どんなに大きな会場でも簡単に紹介し切れるようなものではない。

    コラムや論文のようなものから、膨大な漫画、アニメ映像、絵本、実験的な絵画まであるのだ。


    そんな「神の仕事」と「その人生」の紹介をわかりやすくダイジェストで見せてくれるのが手塚治虫記念館だ。


    そんなわけで、僕の様な手塚治虫チルドレンは入館するやいなや円筒形のガラスケースに入った品々に釘付けになってしまって、進もうにも進めなくなる。

    69dd830eca3d9c189b49eb8d9c999ac56c80688f

    閉館後に入れてもらったので、他のお客さんには迷惑はかからないが、館長を含めスタッフの皆さんの帰宅時間を延ばしてしまってはいないか・・なんて思うのだが、何しろ目の前には伝説の「新宝島」や「ブラックジャックの生原稿」「手塚先生のベレー帽と眼鏡」まであるのだ。


    るみ子さんは、はしゃぐ僕らを微笑ましく見ている。彼女は「私はファザコンです」と公言している人なので、「大好きなお父様」の仕事に夢中になっている僕らを見て、悪い気分にはならないと思うものの、僕らがあまりにも先に進まないので、さすがに申し訳なくなってくる。



    そんなこんなで、圧倒的な手塚マジックを堪能して、ようやく僕らは階段を上がったのです。



    そこで待っていたのが「初音ミク」さんです。

    手塚作品と初音ミクのコラボ企画が展開中だったんですね。

    564473f9c294dd19a78cbeaf15f4a7dd96d51029

    「初音ミク」は若い世代では知らない人はほとんどいない存在で、ボーカロイドという「自分が作った曲を歌ってくれるソフト」の中で最も有名なキャラクターです。


    架空の存在で、人間ではない。ロボットという感じではないものの「アトム」とは繋がっている感じがします。



    なので、企画展を見ているとどうしても「アトムとの相違点」が気になる。



    ~アトムと初音ミクの違い~


    まず言えるのは、アトムには「内面」があるという部分です。

    アトムのルーツはディズニーの「ピノキオ」なので、それは当然です。

    「普通の人間になりたい」という思いが、ピノキオにもアトムにも入っているわけです。

    なので、アトムは「悩む」のです。この「人間ではないものの悩み」が後の漫画やアニメの大きなテーマの1つになっていきます。

    そこには、戦争に負けてしまった国民に生まれた複雑な「差別感情」や、「自分とは何か?」という自己実現、自己発見のテーマも含まれます。


    そもそも「人間ではないもの」をテーマにする時に現れるのは「人間とは何か?」という問いなのです。



    一方「初音ミク」は、初めからユーザーの為の「ツール(道具)」として登場した存在です。

    なので、内面は無く、その「内面の空白」をユーザーの「思い」が満たす、という設定です。


    なので、ミクは「私のミク」「俺のミク」という、ボカロを使う人それぞれの「道具」であり「アイドル」になっているのです。




    もしもアトムがミクに会ったら彼は戸惑うでしょう。

     
  • 山田玲司のヤングサンデー 【第147号】「デート」が人生にいい3つの理由

    2017-08-07 07:00
    216pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第147号 2017/8/7

    「デート」が人生にいい3つの理由

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    人間は「自分の持っていないものを持っている人」を探しているものです。


    ルックスの悪い人は、ルックスのいい人にこだわるものだし、頭の悪い人は頭のいい人に惹かれる。


    その基準はあくまで「本人の意識」なので、人から見たらルックスが悪いなんて思えない人でも、自分がそう思ってない場合は、相手に「ルックスの良さ」を求めるのです。


    この価値観(コンプレックス)は主に親や友人や近所の人なんかが言った「何気ない一言」が生んでいる事が多い。


    「〇〇ちゃんは太ってるねえ、お姉ちゃんは細いのに」なんていうデリカシーのかけらもない「近所のおばさんの一言」が、その人の人生を決定的に苦しめてしまうことがあるわけです。


    そんな経験をくらった人は、人生の価値基準が「痩せているかどうか?」になってしまい、意味もなく「痩せている人」に憧れる人生を生きることになる。

    「人の価値が体重で決まる」なんてあまりにも浅い価値観ですけど、幼少期にくらった無意味な洗脳はなかなか消えてくれないものです。



    とは言え「自分の見た目にコンプレックスがない人ほど、人間を中身で見ている」という話は、「人生は見た目で決まる」と思い込んでいる人には朗報でしょう。


    「あれほどのイケメンなのに、見た目が冴えない女と付き合ってる」みたいなカップルとか「美女とブサイク」のカップルが案外多いのはこの辺に理由がある。


    こういう話をすると、次に「どうせ金持ってるんだろ?」なんていい出す人もいる。

    確かに「そういう人」もいるけど、それでもそんな人ばかりでもないのです。


    僕の友人でも、見た目のいい奴ほど相手を中身で見ている傾向がある。


    「自分の欲しい何か」を持っていれば、ルックスの良し悪しなんかどうでもいい、という人は沢山いるのだ。


    それは「優しさ」や「感性」だったり「住んでる場所」や「乗ってる車」の事もあるし、「面白い友人がいる」とか「色々経験してきている」とか「よく笑う」「よく食べる」なんてものまであるから面白い。


    「結局見た目なんだろ?」なんて諦めるのはまだ早いのだ。




    b031cb7a33b8cb4e096ee81f8925a1b074f92fa9

    初めの頃のデートとは何か?と言えば「相手が自分の欲しいものを持っているか」を確認し合う時間だろう。

    「そんな風に審査されたくない」と言っても、自分だって相手を「審査」しているのでお互い様なのだ。


    そして、その先に「素敵な日々」が待っていることもあるのが「デート」。



    そして大事な事は、たとえ惨敗に終わろうとも「デート」には人生を良くする「効果」がある、という事です。



    6d8dc12c69920c9aef3308b532868d7e8a9ffbe9

    ~デートをするべき3つの理由~



    ・「笑える」ところまで自分を持っていける


    自分の事で頭が一杯だと、相手の話なんか聞けません。

    デートに限らず「君はどう?」と、相手の事を聞けない人は「寂しい人生」を送ることになる。

    愛される人は、必ず「君はどう?」と聞いているものです。


    なので「デート」の前には、最低限「相手の前で笑顔でいられる」レベルまで、自分の問題を解決しておかなくてはなりません。

    これが出来ていないと、不機嫌な顔を見せてしまったり、自分の話ばかりして、相手をうんざりさせてしまう可能性が高まります。


    なので、デートの前までに「自分の問題」をデフラグ(最適化)させて、心に「空き容量」を作る必要があるのです。


    人はそれを「余裕」と言います。「余裕」は相手に安心感や包容力を感じさせるので、心を開いてくれるのです。


    相手の問題を受け入れる「空き容量」を確保して生きる。


    これができると人生は広がって「楽しく」なるのです。

     
  • 山田玲司のヤングサンデー 【第146号】「工場の灯」に「情欲」を抱く女

    2017-07-31 07:00
    216pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第146号 2017/7/31

    「工場の灯」に「情欲」を抱く女

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    暑いですねー。


    これを書いているのは、ゴルパンのオフ会の翌日です。


    今月のゴルパンのオフ会は、何と「工場の夜景を海側から船に乗って堪能しよう」という、素敵なものでした。


    場所は横浜から川崎に向かう「お洒落スポット」から「ガチの化学系工場地帯」への大冒険です。


    20代から50代までの「ヤンサン好き」が集まって、ワクワクの出港。

    「学校出ても、まだまだ終わらないサークル活動」をご機嫌に続けるゴルパンメンバーは、あいにくの雨にも終始「ご機嫌」。

    1人も文句を言う人がいないのはさすがです。


    9e1b855e315bdcf644bee8bee1f7a02105ccb022

    そして思っていた以上に高速で飛ばす小型のクルーズ船。

    じっとりとした夏の暑さの中、現れる巨大な工場の群れ。ライトアップされたむき出しの鉄骨で出来た「異様な建物」が火を吹いている。


    サイバーパンクだのスチームパンクだの、なんだか懐かしい言葉が頭に浮かぶ。


    その昔、産業革命で蒸気機関が大発展していった(宮﨑駿やら大友克洋の好きそうな)時代に、「未来派」なる芸術家集団が現れました。


    彼らの主張は「機械はかっこいい」「スピードはかっこいい」というもので、いわば「工場萌え」のルーツにあたる人達でしょう。


    小雨に煙る煌めく工場の異様な美しさを見ていると、未来派の人達が無邪気に「かっこいい」と思ったのと同じ種類の感情がこみ上げてきます。

    要するに、自然大好き派の僕が見ても、その光景は「かっこいい」のです。



    とはいえ、その工場群の多くは「化石燃料」を大量に消費し、汚染分質を撒き散らし、海の生き物を死滅させる「悪魔の装置」です。


    なので、無謀な近代化を批判する「まっとうな精神」のこもっていた「ウルトラマン」などの初期シリーズでは、やたらと「港のコンビナートや工場」が襲われます。


    「思い出すなあ、タッコング・・」なんて思っていました。



    工場は綺麗だけど、これだけ技術が進歩しているのに「まだこんなに悪魔の汚染装置に頼ってるのか・・」とも思う。


    そもそも電気は「回転運動」だけでも出来るし、ある程度の「熱」があれば作れてしまう。

    日本近海には大量の「海流」が常に流れていて、太陽はギラギラ営業中だ。

    そんな「エネルギーの元」がいくらでもあるのに、予熱を放射しながら化石燃料が燃やされる。


    僕は「石炭、石油」は「死んだおじいちゃんが隠していたタンス預金」のようなものだと思う。

    石炭石油は、何億年もの間、地球上の二酸化炭素を「炭素」に閉じ込めて、地中深くに埋めたもの。

    「それ」を使えば「物凄いエネルギー」が出せるけれど、それは石炭石油が「何億年もかけて生み出したエネルギーの元」みたいなものだからだ。


    民話風に言えば「それ(石油)」には呪いがかかっていて、使うと人間の「欲望」が満たされるけれど、後の世代にまで「汚染」は続き、人間にとって一番大切な「健康」が奪われる、というのが「石油文明」です。



    そんな石油の呪いを1足先に体験した、フランスとイギリスが「数年後にはガソリン、ディーゼル車の生産を禁止する」という法律を制定したらしい。


    その変わりになるであろう「電気自動車」も、自然エネルギーで生み出した電気でなければ意味がないのだけれど、そっちの法整備も進んでいくだろう。


    つまり、今回僕が見ているのは「20世紀の遺跡」とも言える。

    そう思うと、何だかカンボジアの「アンコールワット遺跡」に似てる気もする。



    一緒に工場群を見ていたゴルパンの男性が「なんかロックですよね」と言った。


    確かに、節度ある古来の伝統(自然神、土地神を敬い、謙虚に暮らす)を破壊して、欲望の限りに火を吐き、空気も海も殺す「悪魔の工場」の「破壊精神」はロックの何かとも通じる。


    だからこそ「美しい」

    0c3c3831aea2db272b221410144e9113d327b9d26b7b644baab5d4a7e0f46713f40876a7e9652fb1

    「工場に欲情する」という女の人がいるらしいけど、その根本にはそういった「人間の荒ぶる欲望」が可視化されているからかもしれない。


    そしてそれは、どうしようもなく「魅惑的」だとも思う。


    おそらく、そこには「死」が内包されているからだろう。