• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「安倍政権の失政総まとめをしておこう」小林よしのりライジング Vol.207
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「安倍政権の失政総まとめをしておこう」小林よしのりライジング Vol.207

2017-01-10 21:15
  • 217
  • 1

電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

c3f0d4ea8027341f15369617681477ec895171d2
第207号 2017.1.10発行

「小林よしのりライジング」
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが見舞われたヘンテコな経験を疑似体験!?小説「わたくしの人たち」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)

【今週のお知らせ】
※「ゴーマニズム宣言」…既に5年目に突入した第2次安倍政権。果たして安倍政権が挙げた成果は何なのか?アベノミクスは?カジノ法案は?年金カット法案は?G7伊勢志摩サミットは?対米外交は?対露外交は?対韓外交は?これほどの失政を積み重ねても高支持率を保ち、選挙になれば勝つのは何故なのか?同じことを民進党政権がやっていたら、批判の限りを尽くしたのではないか?いい加減、見たくない現実でも直視する覚悟を持て!!
※小説「わたくしの人たち」…薄井沙智子の体調は一進一退。幼い娘を抱えて完全休業したまま、病院通いの日々が続いていた。無収入が続くにつれ、徐々に金を支払うことに不安を感じ、気持ちもどんどん後ろ向きになり追い詰められていく沙智子。そこへ例の超前向きすぎる男から“スゴイ”支援が届けられるが!?
※おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて、一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてくり!」。へきゃ~~~~~っしゅ!あけまちんこ、おめでたまき―――――ん!今回の投稿ネタは特に面白くて、よしりんも絶賛でしゅ!!新年のご挨拶、めでたく華々しく、平成29年をスタートぶぁ~~~い!♪

2bcbd6d45173d19b068faab7e7d972c7765e5288


【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第207回「安倍政権の失政総まとめをしておこう」
2. しゃべらせてクリ!・第165回「御坊家の者とカメの者に、新年のご挨拶ぶぁい!の巻〈前編〉」
3. 泉美木蘭の小説「わたくしの人たち」・第10話「支援、お探しですか?〈その3〉」
4. Q&Aコーナー
5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
6. 読者から寄せられた感想・ご要望など
7. 編集後記




52a3b137a0692a0be577bc3e3e87398ba3440f97

第207回「安倍政権の失政総まとめをしておこう」

 平成29年、最初のライジングである。
 新年にふさわしい、めでたい話題を扱おうと思ったのだが、残念ながら何も思い浮かばない。
 それよりも、いま書いておかなければならないことは、昨年安倍政権が犯した失政の数々である。
 とにかく次から次へとムチャクチャなことをやらかすから、ライジングで取り上げきれなかったものもあるし、もう覚えきれないほどだ。だが忘れてしまえばどんな失政も「なかったこと」にされ、さらなる失政を積み重ねられてしまうのだから、一度列挙しておかなければならない。

◆アベノミクス
 第二次安倍政権の最重要政策として位置づけられてきたアベノミクスだが、4年目に入った昨年も、何の成果も挙げられなかった。
 そもそも昨年元旦の「朝まで生テレビ」で、政府の産業競争力会議の一員である竹中平蔵が「トリクルダウンなんてありえない」と断言した時点で、アベノミクスの失敗は確定したのだ。
 アベノミクスとは、「大規模な金融緩和」「拡張的な財政政策」「民間投資を呼び起こす成長戦略」という「3本の矢」によって企業収益を向上させれば、一般市民の所得向上につながるという「トリクルダウン効果」を根拠とした経済政策であった。
 特に日銀による異次元の金融緩和で、「脱デフレ」を目指す予定だったが、それも成らなかった。

 昨年5月、安倍は消費増税の再延期を決定した。
 消費税率は2014年に5%から8%に引き上げられ、当初は2015年10月から10%に引き上げられる予定だった。しかし経済が増税後の落ち込みから回復せず、安倍は税率引き上げを2017年4月まで延期していた。それをさらに2019年10月まで、2年半再延期するというのだ。
 再延期をすれば2014年の増税が失敗だったことを意味するため、安倍は一貫して「再延期はない」と断言していたが、それを撤回したのである。
 ところが安倍は自らの失敗を認めるどころか、こう言ってのけた。
「今回、再延期するという私の判断は、これまでのお約束とは異なる、新しい判断であります」
 こんな言い草が通用するなら、どんな公約違反をしようとも、「これが新しい判断です」と言えば許されてしまう。ところが実際のところ、なんとなくそれで許されたような形となってしまった。
「新しい判断」は新語・流行語大賞にノミネートされたが、年が明ければこの言葉も、それを言い放った安倍の非常識もすっかり忘れ去られている。

 アベノミクスが成功していると言い張る人は、「企業収益が増えた」「求人倍率が改善した」という点を挙げる。
 だが、円安によって企業収益が拡大したといっても、その分輸入インフレによって実質賃金が下がり、GDPの6割を占める個人消費が大幅に落ち込んでしまっている。求人倍率の改善は、単に団塊世代の大量退職によって生産人口が減ったからに過ぎない。
 いくら金融緩和でお金を降らせても、庶民には落ちてこない。資産を持っている者は投資も消費もせず、貯蓄するだけだ。ついにタンス預金が日銀の発表で約78兆円にも上っている。そうなる原因は、将来不安に尽きる。
 国民の将来不安を全然払拭しないで、経済がうまくいくわけがない。だが安倍は失敗を認めたくないだけの理由で、「今こそ、アベノミクスのエンジンを最大にふかす」などと言い続けたのだ。

◆カジノ法案
 一向にアベノミクスが成果を見せない中で、安倍が新たな「成長戦略の目玉」と言い出したのが、なんとカジノなのだからあきれ果てる。
 カジノ法案については、政権べったりの読売新聞までも含む、主要全新聞の社説が一致して反対するほどだったのに、安倍政権はほとんど議論もさせずに強行採決してしまった。
 そもそもカジノの収益とは、「バクチに敗けた客がすった金」に他ならない。
 カジノ法案は、正式名称を「カジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備推進法案」という。例によっての言葉のごまかしで、あくまでもカジノは「統合型リゾート施設(IR)」の一部に過ぎないように見せかけたいのだ。

 カジノ推進派は決まって「カジノの面積は全敷地の3%で、メインではない。残りの97%はホテルや劇場、ショッピング街などで、あくまでもカジノを含む統合型リゾートだ」とか言う。
 だが海外の実態を見れば、IRの売上高の大半は「面積3%」のカジノが挙げており、「ギャンブル依存症の父親が大損する傍らで、母親と子供が“格安ディズニーランド”で楽しむという構造」だという。
 さらに今回の異常な「暴走審議」の陰には、日本の富裕層の個人資産を狙った、海外カジノ企業の要請があるのではという疑惑もささやかれている。もしそうなら、安倍は日本の国富を海外流出させるために尽力した売国政治家に他ならないし、そうでなくとも、賭博で経済成長などという輩には、二度と「美しい国へ」などと言う資格はない。

◆年金カット法案
 安倍政権は昨年、公的年金改革法案という名の「年金カット法案」も強行採決している。
 これにより年金支給額は現在より5.2%も減少。国民年金は年間約4万円減、厚生年金は年間約14.2万円も減る。
 既に安倍政権はこの4年の間に公的年金を3.4%減らし、70~74歳の医療費窓口負担を1割から2割に引き上げている。
 生活保護受給水準以下で暮らす高齢者は5年間で約160万人増え、高齢者全体の25%を占めている。そこへ年金カット法が施行されれば、間違いなく貧困高齢者は急増していくことだろう。

 安倍政権は2014年12月、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用計画を見直し、国内債券の比率を60%から35%に引き下げ、リスクの高い株式投資の比率を50%まで高めた。
 株価を操作して好景気を偽装し、消費増税の口実を作るためであり、要はアベノミクスの「成果」を捏造するために、国民の年金をバクチにぶっ込んだのだ。
 そしてその結果、たった15カ月間で公的年金積立金が10.5兆円も運用損失で消えてしまった。
 年金カット法案とは事実上、この株式運用の失敗のツケを国民に回し、年金支給額を減らすことで帳尻を合わすための「制度改革」なのである。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

他207件のコメントを表示
×
高森先生のブログ読みました!
憲法で天皇を縛る必要は無いと思います。
もともと国は天皇の下の朝廷の行政区分でしかない。
なので、その国の憲法が天皇を縛るのはおかしいと思います。
明治以降は知らんけど笑笑
それに天皇と国民は、信頼関係で結ばれていると思うので。
軽い裏切りかな笑笑
1ヶ月前
×
>>200
おいちゃんさん、件の部分だけ、youtubeで観ました。
竹田は三浦瑠麗さんや井上達夫さん、小池晃さんに相当に突っ込まれていましたね。
溜飲の下がる思いがしました。
三浦瑠麗さんの竹田を見る目は、みっともない悪ガキが公共の場で分別のないことをしているのを見て呆れているような目でした。
井上達夫さんは、竹田に対しては、駄々っ子を諭しているみたいで大変だっただろうと思いました。
竹田を相手にしたパネリストの方たちに、お疲れ様と言ってあげたいです。

それにしても気になったのが、山本一太の「静かな場所での議論」という言葉でした。
自称保守、自民党は、皇室典範改正に関して、事あるごとに「静かな場所で議論」。あるいは2文字に凝縮すれば「静謐」。
自民党は「静謐」という言葉が好きですね。
天皇、皇室に関わることを話すのに、「静謐」という言葉を持ち出せば、国民は黙るだろうとタカをくくっているのでしょうが、国民を馬鹿にしているのはいいとして、回り回って天皇や皇室を馬鹿にしていることにどうして気づかないのでしょうか?
もっともっと国民で議論すべきです、「わたしたちの天皇」なのですから。
1ヶ月前
×
『そこまで言って委員会』を見ましたが、竹田恒泰の醜悪さには驚きました。朝生と違ってホームアドバンテージとでも感じていたのか、高森先生に対する態度もひど過ぎましたね。何より「男系でなければそんな皇室など無くなってもいい」との発言には心の底から「コイツ今すぐ死ねばいいのに!」と思いました。何の効果もないとは思いましたが、私にできる最低限の事として読売テレビには抗議のメールを送付しておきました。
1ヶ月前
×
>>220
諫議さま
少しでも溜飲がさがったのならおすすめした甲斐もあります。あれが竹田の等身大ですね。
「静かな議論」、一太はしきりに言ってましたね。どうしても議論したくないのが見え見えでした。
田原さん「静かじゃなくたっていいんだよ!」
小池さん「静かな議論壊してるのは自民党じゃないですか!」
細野さん「戦前のほうが不思議なくらい議論してたんだから」
全くお三方の言う通りです。
1ヶ月前
×
新海誠監督の作品をデビュー当時から見ていますが、私は「君の名は」は完全な良作、名作だったと思います。
新しいムーブメントが起きると全て知った風な評論家文化人連中が否定的になるのは昔も今も変わらないんでしょうね。「君の名は」の感想を述べる文化人の中にはそれ完全に作家個人やジャンルに対しての中傷だろって人もいますし。手塚先生や赤塚先生が出てきた時もこんな感じだったんでしょうね。(そういえば戦争論が出て一気にベストセラーになった時も全力で否定する評論家があっちこっち出てきましたね…笑)「君の名は」は感受性の踏み絵的な役割を果たしていると思います。
1ヶ月前
×
よしりん先生のブログを読みました。
キネマ旬報では、28年前、「となりのトトロ」が1位になっていたんですね。全然知りませんでしたが、「となりのー」は全く理屈っぽくなくすんなり受け入れられる映画でした。
読売テレビで再放送していたのを高校時代に観てハマった口ですが、童心に帰って楽しめる作品でした。
あの当時はまだ、評論家が勿体をつけて評論する時代ではなく、それぞれの評論家さんが、自分の身の回りの体験に根付いた、生身の言葉で作品を評価していたように思います。
ところが、「戦争は悪」「命は何よりも大事」といったある種のイデオロギーが蔓延したおかげで、評論家はポジショントークに堕してしまったのでしょうか、例えば武士を題材にした映画は以前は「チャンバラ物」が主流だったのに、昭和末期から以降「サラリーマン武士」といった殺し合いの全くない安全な作品が大量生産されています。
わたしにはそういう潮流に違和感を覚えます。普段武士映画を観ないわたしですが、武士を題材にした映画といえば、七人の侍とか座頭市というタイトルがまず思い浮かびます。
武士と武士の斬り合いでさえ、暴力的だといって封じ込めてしまったら、面白味にかけると感じるのは私だけでしょうか?

1ヶ月前
×
上のコメントに抜けている箇所がありました。

そういう潮流→そういう、ポジショントークに堕した評論家の声に阿った作品を作る潮流

です。
1ヶ月前
×
【よしりんに、きいてみよっ!】の、みなぼんさんの出ている過去の動画を見て、御3人の『日々を楽しまなきゃ♪』と言う言葉を聞き、私もそうしようと思いました。
1ヶ月前
×
こんばんは
普段はあまりコメントしないのですが、高森先生の出演していたそこまで言って委員会を見ました
その感想です
一般ピープル的な感覚が役に立てばと思い、コメントさせて頂きます
(一つ前のコメント欄ですみません)

「溶田」が酷すぎる…というのは皆さんの共通認識だと思いますので、そこは省きます

私が気になったのは、津川さんの「古墳を発掘させろ」という発言
私は津川さんの仰ることに共感したんです
(まったく不勉強なので古墳の発掘がいいことなのか、悪いことなのかまったく判断がつかないのですが)
溶田がまず反論しました
その後、高森先生も反論しました

一般視聴者からすると、それまでの番組の中で
溶田は気色悪い、最悪、尊王心あるの?
そんな印象は普通の視聴者なら感じていたでしょう
ただ、高森先生が溶田と同様の意見を述べたことによって、
「皇室のことを偉そうに語るやつは根っこのところは同じで、結局は俺たちとは違う」
という印象を視聴者が感じてしまったのではないかということを、不安に思いました

もちろんこの感覚は私が津川さんの意見に賛同したから起こったものではありますが、今回のコメント欄で 武藤 さんが【無党派層をどうやって動かすか】ということを再三問題提起していらっしゃったので、一無党派層としての率直な感想を述べ、今後何か有効な対策が打てないものかと思った次第であります
世論を動かすための有効な手段を、尊王心のある皆さんと考えていきたいと思います

言葉足らずなところや、思ったことが十分には表現できていないところがあるとは思いますが、少しでも世の中の意識が変わることを願って…

長文失礼いたしました
1ヶ月前
×
今頃、前号に投稿して申し訳ありません。
木蘭師範の『わたくしのひとたち』を読みました。低く設定された病院の治療費でさえ節約したくなる。無収入の現実だと思いました。
そして、さらに悲惨な状況を抱える人たちの存在。負の連作は、時々、自分を潰そうとしてるんじゃないかと思えるほど畳み掛けてくる事があります。本当に潰れるほどの状況に追い込まれる人は、居るのですね。八方塞がりで、四面楚歌で…。そんな時、人間は、そんな状況の中での僅かな希望の光を見出だして、それを頼りに生きて行こうとするのでしょうね。
最底辺まで落ちた人が、絶望せずに、僅かな光を見出だせる社会であって欲しい。その為の祈り・御公務を日々されている天皇と皇室を大切にしたいです。
木蘭先生が、アヅマさんやミエテルに対して思いを馳せる原点を見ている思いがいたします。

大久保社長、明るく粋でいいですね♪ 味な、ニクいマネをしてくれますよね。同じ男だからでしょうか、私は、社長が電話で色々聞いている時点で、送るなと気付きましたが。
( ̄▽ ̄)←ジェラシー(?)
『プロの家具屋』という言葉が、キラキラ輝いて見えました☆ 現在の日本では、プロ意識が失われつつあるのではと思えてしまいますので、たまに出逢うプロフェッショナル・匠には感動します。
やはり“人”なんでしょうね。普段からの人との付き合い。いざという時に、そこが問われるのかなと思いました。

で、今戸。居ますよね。本人、悪気はないのでしょうね。面白がっているのでは…。いやいや。あの明るさは、沈んでいる時には有難いものです。でも…。
樽とイスは持って帰れやー! 人間の存在忘れていないかー!
面白かったですが。
(^_^)
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。