• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

【第312号】女の予告ホームラン
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【第312号】女の予告ホームラン

2020-10-19 07:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第312号 2020/10/19

    女の予告ホームラン

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    この時期のメジャーリーグは毎年観てしまう。


    何年か前にこのメルマガでヤンキースのジャッジの話を書いた事もある。


    野球に興味のない人が増えたとは言っても「面白い事」は報告したいので今週はメジャーリーグの話をします。


    メジャーリーグは今クライマックスを迎えている。


    世界最高の化け物みたいた凄い選手が世界中から集まって、後のないトーナメントを本気で闘ってるのを観るのはスターウォーズでも見ているようで楽しい。


    体格からフォーム、国籍、勝った時のノリ、全てが独自で様々なのもいい。




    【予告ホームラン】


    特に痺れたのが「レイズ」と「アストロズ」の戦いだった。


    71歳の人情派監督が売りの「アストロズ」と、徹底したデータ野球で勝ち上がった「レイズ」


    アストロズは3連敗。後がない状況だった。


    負けたら終わりの崖っぷちの試合が始まる。


    なんとか同点のまま9回裏まで来たアストロズ。


    モンスター級の投手陣を揃えたレイズに対して、アストロズの投手陣は明らかにパワー不足で、使えそうな投手はすでに使い果たした状態だった。


    おまけにアストロズのクローザー(抑えの投手)は連投で明らかに疲れている。

    いつものキレがないままなんとか9回の表を無失点で抑えた。


    そして9回の裏、アストロズの攻撃。


    同点のまま「一打サヨナラ」のシーン。


    ピッチャーが危ういアストロズはなんとしてもここで決めたい。



    しかし、バッターはそれまでノーヒットの「コレア」


    この時コレアは監督に向かってこう言ったらしい。


    「ホームラン打ってきます」


    彼はその直後バッターボックスに向かい、本当にホームランを打った。


    コレアは飛んで行く打球の軌道を見つめながら動かなかった。


    「これはホームランになるのだ」と信じている顔だった。


    すごい事が現実に起こる。スポーツ観戦はこれを見るためにあると思う。




    【ロマン主義】


    基本的に「予告ホームラン」ってのは「成功した話」だけ話題になって「失敗した話」はあまり語られない。


    予告の申告も曖昧なので「予告ホームランの成功確率」なんて調べようがないけど、ちょっと気になる。


    入院中の子供をお見舞いに行ったプロ野球選手が「明日、君のためにホームラン打つよ」なんてのも「予告ホームラン」だ。


    そんな無謀な約束が案外「結果」につながる、なんて話も聞いたことがある。


    もちろん普段の打席より「予告した打席」のほうが集中力も増すだろうし「自分のため」より「あの子のため」になると「予期せぬパワー」なんかも生まれそうだ。



    「私がホームランを打つのは決まっているのです」と、勝手に未来を決めちゃうのには惹かれる。


    「自分で決めちゃう」のがいい。


    予告したってダメなものはある。

    そんなのはわかってて「予告」するのだ。


    なんかもうこれって「ロマン」とか「美学」の話だ。


    随分前にここで「これからはロマン主義でいこう」なんて書いたけど、そんなシーンを目の当たりにした秋だった。

    2fa2dc00d7edf4fd38f381cffdc403ff8eea0360

    d600a481f8b850df9f9df05e31359c02dbcccd3d

    【私決めたの】


    女の人がここぞという場面で言い放つ「私決めたの」という言葉もすごい。


    多少の男女関係を体験した人ならわかると思うけど、うまくいってない時の男女には「女が何かを隠している時期」ってのがある。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。