• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

【第311号】「チェンソーマン」が切り捨てた「老年ジャンプ」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【第311号】「チェンソーマン」が切り捨てた「老年ジャンプ」

2020-10-12 07:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第311号 2020/10/12

    「チェンソーマン」が切り捨てた「老年ジャンプ」

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

    【すごいセリフ】


    今週のヤングサンデーは鬼滅の刃に引き続いて、今1番熱い漫画と言われている「チェンソーマン」の特集でした。


    2019年に始まったばかりのこの作品は、色々な意味で「クラッシック」であり「革命的」でもあった。


    「悪魔のいけにえ」などを代表とする「B級カルト映画」の伝統に乗っ取り、社会の片隅で絶対的な孤独を抱えた主人公が「派手な武器」を抱えて大暴れする、みたいなコンセプトは実にクラッシックだし、何しろ主人公が「悪魔合体」したのは「チェンソー犬」だ。


    チェンソーはそのジャンルの「ソウルガジェット」だ。


    ロックバンドにおける「エレキギター」みたいなものだろう。


    ド派手なバイオレンスに、青年誌寄りの攻めたエロ表現。


    そこかしこに「今の世の中に対する怒り」が垣間見えるのもいい。



    作者の藤本タツキ先生は92年生まれ。

    バブル崩壊の真っ只中に「終わっていく国日本」に生まれた世代だ。


    「何もかもあきらめる」「痛みは感じないようにする」といった方法で生きてきた世代だ。


    そんな世代の「死にながら生きる」という生存戦略も作中に満ちている。


    そんな何もかもが「今の世代」を感じさせる「チェンソーマン」だが、そこには「すごいセリフ」が書かれている。


    主人公デンジは「先生」と呼ばれる大人の男に

    「仲間が死んだらどう思う?」と聞かれる。


    デンジは「別に」と答える。


    このセリフの流れは、それまでのパターンでは「主人公の嘘」として書かれてきたタイプのものだ。


    主人公は「別に」と言いつつ、本心では仲間の死にショックを受けていて「深い悲しみ」と「敵への復讐」という流れになるのがパターンだった。


    ところが、チェンソーマンのデンジはそうではない。

    彼にとって「仲間の死」は、本当に「別に・・」なのだ。




    【少年ジャンプの思想】


    ご存知の通り少年ジャンプを支えてきた思想は「友情、努力、勝利」だった。


    この思想は長く日本人に叩き込まれ、それを信じて疑わない人達も多く生まれた。


    何度も話題になる「ドラゴンボール」の「これはクリリンの分だーー!」みたいな「聖典」を完全に否定したのが「チェンソーマン」なのだ。


    チェンソーマンはその背後に「上の世代」に対する強い怒りと、深い悲しみを抱えている。


    「もう何も感じないくらい心が壊されてきた世代」なのだ。


    かつての時代とは違って、今の日本では「努力」では「勝利」できなくなった。


    この「勝利主義」も幼稚で浅い。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。