• このエントリーをはてなブックマークに追加
【第364号】「嫉妬」で人生を台無しにしない方法
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【第364号】「嫉妬」で人生を台無しにしない方法

2021-10-18 07:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第364号 2021/10/18

    「嫉妬」で人生を台無しにしない方法

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    嫉妬は怖い。

    嫉妬と言えば「女のもの」という人もいるけど、いやいや「男の嫉妬」も中々に面倒だ。


    女の人の嫉妬の構造は僕ら男にはわからないのかもしれない。

    でも「嫉妬に苦しむ男」の事はよくわかる。


    何しろ僕自身長いこと「嫉妬」に苦しんできたし、嫉妬に苦しむ友人の話も散々聞いてきた。


    「なぜあいつばかりが・・」


    なんていう思いに苦しんでいる人は今も多いと思う。


    ところが世の中には「嫉妬」をしない男もいる。


    それがヤンサンの「おっくん」だ。




    【嫉妬まみれですわ】


    今回のヤンサンは「おっくん生誕40周年記念放送」

    048c99a99409d9a8ab69961d4bcc200a992db4db

    その中で「おっくんのいいところを5つ言ってみよう」というコーナーをやった。


    僕はそこで「おっくんは嫉妬しない」という話をしたのだけれど、おっくんは「自分は嫉妬から人生が始まっているんでそんな事はない」と言った。


    どうやらおっくんは子供の頃、弟が生まれた事で家族の愛情が全て「弟」に奪われた経験があるらしく(そう感じたらしく)それ以来自分は「嫉妬の人生」を生きているというのだ。



    このおっくんが言っている「嫉妬」は、自分に向けられるべき愛情が他の誰かに取られてしまうのが嫌だ、という種類のものだと思う。




    【上か下か】


    確かにそういう種類の嫉妬もあるけれど「年収、学歴、付き合ってきた女、家柄、住居、出身地」など、様々な事で「あいつより上か下か」とやり合う、という種類の嫉妬もある。


    自分と同じくらいのステイタスの人間を勝手に「ライバル視」しては相手の出世などにイライラする。

    こういう種類の嫉妬に苦しむ男の方が多いと思う。


    ところがおっくんには「そういう所」がまるでない。


    幼馴染やら後輩などが仕事で大出世したり、何倍もの収入を得ていても何とも思っていないように見える。



    何でだろう?


    僕は1つの結論に達した。




    【ネタバレにキレる男】


    おっくんはネタバレを嫌う。

    自分が観た後だと平然とネタバレ発言をするくせに、自分が観る前のネタバレにはとにかくうるさい。


    これはどうも「主人公と同化して映画を観る」という彼の性質から来ているらしい。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。