• このエントリーをはてなブックマークに追加
【ジュニアドクター育成塾】第6テーマ「ロケットで宇宙を目指す」実験解説【愛媛大学】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ジュニアドクター育成塾】第6テーマ「ロケットで宇宙を目指す」実験解説【愛媛大学】

2018-01-29 17:51
    第6テーマ「ロケットで宇宙を目指す」(2018年1月7日開講)は,愛媛大学工学部の中原真也先生に講座を担当していただきました。

    98c959ae19d21519b387d26a6daf639ce4cf7ec0
    図1 愛媛大学工学部の中原真也教授

    今回用いた教育用ハイブリッドロケットは,愛媛大学工学部の中原教授が,埼玉工業大学の石原教授とともに開発したものです。火薬を使うロケットはさまざまな規制があって,かんたんに発射試験を行うことができません。そこで,開発されたのが,安全性の高い次世代ロケット,ハイブリッドロケットを題材にした教育用ロケットなのです。

    065af6069d83221b924d791e329381c5e765c0a3
    図2 ハイブリッドロケット

    今回は実験『ハイブリッドロケットの組み立てと発射実験』について考えてみましょう。

    1 達成目標を設定しよう
    今回の内容について整理しましょう

    最終目標(Why)
    教育用ハイブリッドロケットを組み立てて,発射試験を行って,ロケットと宇宙技術について理解を深める。

    具体的な目的(How) 
    ・宇宙を開発する技術について知る。
    ・作用反作用の法則を知る。
    ・次世代ロケットであるハイブリッドロケットを体験する。

    計画(What)
    ・ハイブリッドロケットのパーツを作る
    ・ハイブリッドロケットの組み立て
    ・打ち上げを体験する
    の3つを通じて,宇宙を開発する技術について理解を深める。

    2 ロケットの科学理論
    ロケットはどうして宇宙に飛んで行くのでしょうか?
    ロケットが空を飛ぶのを支える科学理論は,作用反作用の法則と呼ばれています。
    作用反作用の法則はジャンプで考えるとわかりやすいかもしれません。

    0323f64c448cb992c1d65ce63656812543940b1a

    思いっきり高くジャンプするためには,『床』を強くけらなくてはいけません。ここで,あなたはジャンプするときに床をける,つまり下向き(①)に力を加えています。しかし,あなたは力を加えた方向とは逆の上向き(②)に飛んでいきます。

    力を作用した方向とは逆に動くので,これを反作用と呼びます。ロケットは,この作用反作用の法則を利用して,強く下向きの力を出しながら,上向きに飛んで行くのです。
    また,ロケットの構造には,固体ロケット,液体ロケット,ハイブリッドロケットの3種類があります。

    3075a84397c1a3b6fb35ad9fb575e0a70aaaee41 70db36f1e646c4291db3dce836521aaabc3e30e0 68424351641700a0e017bc4c944f4b3265a746b1
    図3 ロケットの構造。左からハイブリッドロケット,液体ロケット,固体ロケット

    それぞれの特徴は事前学習動画を確認してください。このなかでもハイブリッドロケットは,固体燃料と液体(気体)燃料の両方の良いところ取りをした次世代のロケットです。



    実験① ハイブリッドロケットのパーツを作ろう!
    まずは,ロケットの組み立てに必要なパーツを作りましょう。最近の教材は,こうしたものがキットになっていて組み合わせるだけというものも多いのですが,このハイブリッドロケットは,部品同士を密着させるゴムパッキンや点火装置の組み立ても自分たちで行うことが特徴です。

    (1)ゴムパッキンの切り出し
    ゴム板からカッターコンパスで,パッキンを切り出します。カッターコンパスを使ったことがある人は少ないと思います。下に画像を載せておきますが,コンパスの鉛筆部分がカッターになったものです。

    7571160c5aa6520c798824329451c6ff6168d56b
    図4 カッターコンパスでパッキンを切り出す

    ネジを組み付けるときに間にはさむ『パッキン』と呼ばれる部分を切り出します。この作業はとても重要です。なぜなら,パッキンがきれいに切れていないと,ここからガスが漏れて,ロケットは推進力を得ることができないからです。

    5e6cef4e9a1d855b1a6b16a708444884486babd6
    図5 切り出したパッキンを組み付けよう


    次に点火装置の組み立てに入ります。今度は点火コイルを点火燃料であるプラスチックチューブに組み付けます。コイルとチューブは,ピッタリと密着する必要がありますので,慎重な作業が必要です。

    3ad11fa01c734a1121fb0c03a72c0c15e2f64dee
    図6 チューブに点火コイルを組み付けました

    このチューブは燃料になる酸素を通すためにチューブ状になっています。考え抜かれた設計で,無駄がありません。点火コイルとチューブを組み付けたら,今度は固体燃料に点火装置を組み付けます。

    2835f32a0e4039d46b089217c65f67f460ec46d7
    図7 固体燃料(白い部分)に点火装置を組み付けます

    これでハイブリッドロケットは完成です。
    ……いや,ちょっとまって。
    せっかくですから,尾翼をつけましょう。それぞれの班が工夫した独自の尾翼を設計します。

    740cecbf80ec11cdb5c32873d8fc581e9fab6821
    図8 尾翼を設計しよう

    完成したら打ち上げ試験です。といっても,空に向かって飛ばすと回収できないこともあるので,今回はレールの中を2 mほど飛ばします。
    自信のほどは,どうでしょうか?

    fd94b838da6e6ba56e1f85cc7c237f64b756d8b6
    図9 ロケットについて一言お願いします

    打ち上げ試験場はこのような感じです。臨場感は出ましたか?

    5be7ef310ccf1f78b25b9bdcc102c2fd652354e6
    図10 打ち上げ試験場

    いよいよ打ち上げ試験です。打ち上げを行うときは,周りの人にもわかるように掛け声をかけます。
    「点火します!」「3,2,1」「イグニッション!!」

    7678009688c11f7864c2dca06f4442880de9d06f
    図11 打ち上げ試験

    着火に成功しました。ロケットは大きな音とともにレールの中を上のフタまで飛び上がりました。

    8dc9cec42e3987e7fc4e191f02d90b65017a9ff6
    図12 ロケットの点火の瞬間

    ce92ce35410ea6fe8c00235c5fdc32e1298caec0
    図13 みんなで話し合います

    打ち上げが終わった後は,みんなで結果について話し合います。
    今回のペットボトルは500 mLと1000 mLの2種類がありました。

    どちらが長く飛んだでしょうか?
    また,どちらが速く飛んだでしょうか?

    理論的に予測される予想と,観察した結果は同じだったでしょうか。それとも少しちがったでしょうか。それを考えることが科学です。

    ロケットを通して,私たちの便利な暮らしを支える宇宙技術について考えました。みなさんが研究者になるとき,宇宙はもっと身近になっているでしょう。そのとき,あなたは何を研究するのでしょうか?
    それは夢物語ではなく,20年後に現実になるお話です。
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。