• このエントリーをはてなブックマークに追加
国家主権と民主主義を崩壊させるTPPを推進する安倍自民公明政権の狂気
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

国家主権と民主主義を崩壊させるTPPを推進する安倍自民公明政権の狂気

2016-04-12 14:30

    講演会の予定

    d31a28e4ee8da001bb66dd55a94ac1ef6db7dae6

    <リンク>ヒカルランド6周年特別イベント 日本は守れるのか《世界権力者たちの素顔》


    HP
    <リンク>お金のセカンドオピニオン 天野統康FP事務所 


    ■無料セブンステップ


    <リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール


    ■本
    <リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円



    ■Youtube
    https://www.youtube.com/user/07amano/videos



    ■Teitter
    https://twitter.com/amanomotoyasu



    ■無料ブログ
    <リンク>
    天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  


    ==============
    o0500034613589061075.jpg


    現在、国会で問題になっているTPPは超危険な法案だ。

    何が問題なのかというと、何も内容が公開されない
    秘密交渉によって、国家主権と民主主義が奪われようと
    していることである。


    国家主権と民主主義を奪うのは、多国籍企業であり、
    その株主として君臨している国際銀行権力である。


    以下、三権分立の民主主義が崩壊する図


    o0560026813618166317.jpg
    (上記図 ポン吉のブログ2より転載)


    国家主権と民主主義を崩壊させる法案には、
    さすがの米国人も反対しており、今回の大統領選
    の有力候補者は全員反対の意思を表明している。

    国際銀行権力派のヒラリークリントンは形の上だけでの
    反対であり、大統領に当選すれば、前言を撤回して
    「改善がなされたので賛成」となるだろう。

    米国の市民でさえ反対しているのに、安倍自民公明政権は
    国家主権と民主主義を崩壊させるTPPをどの国よりも熱心に
    推進している。

    もはや「売国奴」であり「銀行ファシスト」である。

    しかしこの安倍自民公明政権を支持する層が40%もいるのが
    日本の現状だ。

    この状況を図にすると以下のような流れになるだろう。



    o0600041513618170476.jpg

    なぜ、日本がこのような状況になってしまったのかについて
    詳しく解説した本を4月と5月に出版します。
    是非、ご購入ください。

    o0220032213601420005.jpg o0220032213602313086.jpg 


    <リンク>世界を騙し続けた[詐欺]経済学原論 天野統康 1,999円(税込) 4月27日売予定 ヒカルランド 

    <リンク>世界を騙し続けた[洗脳]政治学原論 天野統康
    1,990円(税込) 5月下旬発売予定 ヒカルランド






    <参考リンク>ポン吉のブログ2ー反新自由主義宣言ー
    http://ponkiti2015.blog.fc2.com/blog-entry-66.html


    ==============

    (当ブロマガ記事は情報の提供を目的としており、投資の勧誘や個別の金融商品を
    推奨するものではありません。
    投資についてはご自身の判断で行っていただきますようお願い致します。)

    ================






    【募集】
     メールマガジン『マネーと政治経済の原理からニュースを読む』では
    皆様からの相談や要望を募集しています。
    どんな些細なことでも結構です。
    メルマガ上で天野統康がお答えいたします。
    家計や政治経済、金融商品の問題で質問したい方は下記からメールをお送りください。
    http://ch.nicovideo.jp/letter/ch2526055

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。