• このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】増山れな×天野統康「もうだまされない!! 金融のウソ」20160528
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【動画】増山れな×天野統康「もうだまされない!! 金融のウソ」20160528

2016-06-01 03:40

    講演会の予定


    <リンク>6/11(土)大阪 世界を騙し続けた[詐欺]経済学と[洗脳]政治学原論 スタジオシチズン

     
    <リンク>7月24日 東京 安部芳裕氏&天野統康 『[詐欺]経済学原論』出版記念セミナー 7月24日 東京



    HP
    <リンク>お金のセカンドオピニオン 天野統康FP事務所 


    ■無料セブンステップ


    <リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール


    ■Youtube
    https://www.youtube.com/user/07amano/videos



    ■Teitter
    https://twitter.com/amanomotoyasu



    ■無料ブログ
    <リンク>
    天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  

    1c808b678f6db20583078edebc9e7673e1457144


    06755f8501c03705a7da99f9f8da130cdf128b03ef0086263852b52304214c300de676c802c2bb08

    ==============


    参議院の東京選挙区の社民党公認候補、増山れな氏との対談動画を撮影した。

    https://youtu.be/tK23baBKfYo

    国際銀行権力が作り出したマインドコントロールによって、政治が適切な政治経済政策を
    行うことができない背景を語った。

    常識をぶち壊す過激なアート表現と、社会問題をテーマにした作品で有名な増山氏とは
    以前から知り合いで、討論Barシチズン(現スタジオシチズン)などで一緒に講演を行うなどしていた。

    長いものにまかれる政治家が多い中で、増山氏は巨大な権力と対峙する素質を持っている。

    政治家に必要なのは、形だけの品行方正さではない。

    人権を尊重する自由と平等を愛する価値観と、真実を見抜く目と、
    それを実現させるための行動力と度胸である。

    それらの全てを備えている増山氏は、山本太郎議員と同じく議員になれば、組織に縛られず、
    国民のための政治活動を行ってくれそうな勇気と義理人情のある稀有な人材だ。

    これから始まる選挙戦に期待したい。 

    6be9087de3d8409902eaa197c6fcb98e6676a658

    (増山れなfacebookより以下転載)


    増山れな×天野統康「もうだまされない!! 金融のウソ」。
    撮影、アップは永瀬ゆきさんです。(いつもありがとう)
    マネーとは何か?シェア御願いします!

    通貨発行券(お金を作る権利)を、
    民間銀行が独占している。(日銀も元は一民間銀行)

    ...

    しかも日銀の代表の総裁にたいして、国会や国民は任命権もやめさせる権利もないというおかしな状況に誰も気がつかない。
    天野さんは早くからこの矛盾を追及してきた政治経済思想研究家。
    実は10年来の友人。

    最初は陰謀論といわれていたけれど、最近ではその活動、思想が広く支持され、
    新著「世界を騙し続けた [洗脳]政治学原論 」は3日で増刷となったとのこと。
    一般経済誌に連載を持つ専門家達にも支持されています。

    日本の政治では98年に大蔵省が廃止された後、「日銀法」により、日銀政策に対して発言をできなくなりました。
    この法案には、社民党も含め他野党も賛成しました。
    その結果、「政治家は金融に関わるべからず」的な無言のルールがあります。

    しかし、マイナス金利などかつて無かった金融政策を行っても
    消費税増税先送りを安倍総理が主張するほどの”リーマンショック級”の経済状況悪化を回避できない今の状況ですもの
    国民も政治家も本気で金融のあり方、考えていく時代ですよね。
    日銀法も改正する必要があるのではないでしょうか。
    社民党の仲間であるイギリス労働党のコービン党首は、
    「イギリス銀行が銀行ではなく、直接プロジェクトにお金を出す、国民のための量的緩和政策」
    を提案しています。

    私は、給付型奨学金をつくるための国民のための量的緩和政策可能かどうか検討していきたいんですよね。

    天野さんにたっぷりと勉強させていただきました!

    新著「世界を騙し続けた [洗脳]政治学原論 」

    http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%96%E7%95%8C%E3…/…/ref=sr_1_1…

    (転載終了)



    <リンク>増山麗菜公式サイト


    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。