• このエントリーをはてなブックマークに追加
(有料) 日本の1人あたりGDP、OECD加盟国で2位から20位に転落 その原因と背景を解説
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

(有料) 日本の1人あたりGDP、OECD加盟国で2位から20位に転落 その原因と背景を解説

2016-12-27 14:59

    ■勉強会

    <リンク>【勉強会】12/28(水)『金融の世界史』を国際銀行権力と絡めて読む 真の民主社会を創る会

    ■最新刊

    98a6cb7263d7e2c5e1c243d60ddaa71f54231fee 

    マルクスもケインズも触れなかった

    嘘まみれ世界金融の「超」最大タブー

    お金はどう作られ、どう失くなっていくのか

    著者:安部 芳裕、天野 統康    価格:1500円+税

    ☆2016年12月6日全国発売☆

    amazon 経済学ランキング1位

    購入はこちらから→<リンク>ヒカルランド

    ■絶賛発売中の本

    8e7c1dbc81dfb5b5d703335c2f2c7ec9ef203e5211efe7c17d9b3d9265132b19f30b765c41ef7652

    <リンク>ヒカルランドHP 世界を騙し続けた[詐欺]経済学原論 天野統康 1999円(税込) 4月27日発売 
    amazon 経済学ランキング1位  増刷決定!

    <リンク>ヒカルランドHP 世界を騙し続けた[洗脳]政治学原論 天野統康
    1990円(税込) 5月24日発売

    <リンク>頂いた書評の一覧 『世界を騙し続けた[詐欺]経済学原論』 『洗脳政治学原論』





    HP

    <リンク>お金のセカンドオピニオン 天野統康FP事務所 


    ■無料セブンステップ


    <リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール


    ■Youtube
    https://www.youtube.com/user/07amano/videos



    ■Teitter
    https://twitter.com/amanomotoyasu



    ■無料ブログ
    <リンク>
    天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  


    ■寄付・支援のお願い

    当ブログでは真の民主社会を創るために必要な

    情報発信や研究などの活動を行っています。

    独立して活動をするには、時間や労力、お金がかかります。

    是非、皆様のご支援をお願いいたします。

     

    ・みずほ銀行

    ・立川支店

    ・預金種目:普通

    ・口座番号:2478209

    ・口座名:アマノ モトヤス

    ※入金されたお金のご返金は原則としてできません。


    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    (本文)

    cd2fd3de68cb5a9f7fffc3da75c2ebdef0329f8e

    ■テーマ

    日本の1人あたりGDP、OECD加盟国で2位から20位に転落 その原因と背景を解説

    ■今回のニュース

    日本の1人あたりGDP、OECD加盟国で20位 日本経済新聞 2016年12月22日
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS22H5V_S6A221C1EA1000/


    ■内容
    日本の一人あたりのGDPが、OECD加盟国のなかで
    20位と低迷している。2000年の時は2位だったが、
    なぜ下がり続けたのか、その原因を解説をする。


    (以下有料)

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。