• このエントリーをはてなブックマークに追加
民間が所有する中央銀行FRBの人事に異変 オバマ政権時に選出された理事たちの相次ぐ辞任
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

民間が所有する中央銀行FRBの人事に異変 オバマ政権時に選出された理事たちの相次ぐ辞任

2017-11-26 23:45

    クリックして拡散のための応援をお願いします


    br_c_4523_1.gif
    社会・政治問題ランキング  


    先日、米国の中央銀行FRBのイエレン議長が、来年の議長の退任だけでなく、FRBの理事の座からも

    退任することが明らかになった。


    HX4HOALc_normal.jpg天野 統康@amanomotoyasu 

    イエレン議長、理事も退任 FRBパウエル体制へ:日本経済新聞 https://t.co/3lH0GLvRk7... https://t.co/eKoh18WMIp

    2017年11月25日 18:10

    本来、FRB議長の任期は4年だが、理事の任期は14年と長い。

    イエレン議長は、理事も務めており、2024年まで理事の任期は残っていた。


    しかし、トランプ大統領によって、来年の議長の再任が無くなったので、理事も同時に辞めることになった。


    最近のFRBは、人事面で異変が相次いでいる。


    副議長だったフィッシャー氏は、任期が来年の2月まで残っていたが、先月、満期を迎えることなく途中で退任した。

    詳しい理由は明らかになっていないが自己都合だという。

    フィッシャー元副議長は、前FRB議長だっバーナンキ氏と、現欧州中銀のドラギ総裁の師匠であった。

    また2012年までイスラエルの中銀総裁を務めた。

    欧米イスラエルの中銀の理論的指導者であり、事実上の国際銀行権力の中枢をしめるような存在だった。


    また、ニューヨーク連銀のダドリー総裁も途中退任することが決定した。

    6日にダドリーニューヨーク連銀総裁が19年1月の任期満了より半年ほど早く退任すると発表した。


    退任する理由については明らかにしていない。しかし6日の講演会で

    「退任するのは悲しい」

    と述べているので、本意ではないというニュアンスも読み取れる。


    ニューヨーク連銀は、FRBの12ある地区連銀の一つだが、FRBと市場の間でお金の出し入れを行う公開市場操作を担当している。


    市場に供給する量や、金利を操作しているため、事実上、FRBの金融政策を一手に引き受けているといっても過言ではない。

    そして、ニューヨーク連銀は株式会社であり、株主はウォール街の銀行群である。
    政府は一株も保有していない。

    ニューヨーク連銀総裁は二つある副議長の席の内、一つを兼任している。


    つまり、イエレン議長、フィッシャー副議長、ダドリーニューヨーク連銀総裁兼、副議長という現在のFRBの主要メンバーが

    今年と来年の前半にいなくなるのだ。


    これはFRBの人事面で、オバマ前大統領の路線の影響力を全面的に排除しようとするトランプ政権の意向であろう。


    トランプ政権が、FRBの人事に積極的に介入し、前政権の影響力を排除することに成功するという事は、

    政治権力が、国際銀行権力の影響力を排除しようとしている、ということでもある。


    果たして、トランプ政権は、FRBの人事を掌握し、国民のための金融政策を行う事が出来るかどうか。


    また、FRBを国有化し、政府が通貨発行権を管理できるところまで持っていく事ができるのか。


    今回のFRB人事を、操作される民主政治の全体像から見ると、

    トランプ以前には、FRBの管理者たちが米国政治を次の図のようにコントロールしていた。



    しかし、今回のFRBの銀行権力の息のかかったFRB議長、副議長の相次ぐ辞任には、

    政治権力であるトランプ政権の意向が強く反映されている。

    次の図の赤い部分

    e92ca75bfb699e9331ce7a97cb114784495e8240



    徹底的にマスコミに叩かれ続けているトランプ政権を支えているのは、ネットの世論なのだ。

    トランプ自身もTwitterなどで、マスコミを通さずに自らの意見を直接市民に発信している。


    その結果、マスコミなどを通じた国際銀行権力の世論操作が効きにくくなってきた背景がある。


    政治権力が、銀行権力からの圧力を受けにくくなってきたのだろう。


    今後のFRBの行方を注視しよう。

    FRBに関する参考書

    21cdb7dd552739e169c403dce43c1f8db5668a1b

    現在の自由民主制度は次の図のような状況にある。








    このマインドコントロール体制を次の図のように変化させなければならない。

     

     

     

     

    日米欧の自由民主制の隠されてきた仕組みについての詳しい解説は

    こちらの本をお読みください。

    o0220032213601420005.jpg?caw=800 o0220032213602313086.jpg?caw=800




    <リンク>頂いた書評の一覧 『世界を騙し続けた[詐欺]経済学原論』 『洗脳政治学原論』

    <リンク>天野統康の本 amazon


    ■動画での解説

     

    <リンク>世界を騙し続けた「詐欺」経済学と「洗脳」政治学

     

    <リンク>天野統康氏「世界を騙し続けた【詐欺 経済学】【洗脳 政治学】を越えて」出版記念講演ワールドフォーラム2016年5月




    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


     

    ■勉強会

     


    <リンク>12/2(土)11月の政治経済の解説 民間が所有する中央銀行FRBの人事の変化など


    真の民主社会を創る会では、現代の自由民主主義体制の


    社会的矛盾の根本である政府と通貨発行権の分離と


    軍事支配を無くす社会を目指しています。

    <リンク>真の民主社会を創る会HP




    ■出版関連


    <リンク>先月号に続きザ・フナイ12月号に船井氏と安西氏と私の鼎談掲載 危険な金融資本から日本は離れるべき






    ■最新刊



    98a6cb7263d7e2c5e1c243d60ddaa71f54231fee

     

    マルクスもケインズも触れなかった

    嘘まみれ世界金融の「超」最大タブー

    お金はどう作られ、どう失くなっていくのか

    著者:安部 芳裕、天野 統康    価格:1500円+税

    ☆2016年12月6日全国発売☆

    amazon 経済学ランキング1位

    購入はこちらから→<リンク>ヒカルランド

    動画による本の解説はこちら→<動画リンク>著書「嘘まみれ世界金融の超最大タブー」を解説


    ■無料ブログ
    <リンク>
    天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  


    HP

    <リンク>天野統康事務所 


    ■無料セブンステップ


    <リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール


    ■Youtube
    https://www.youtube.com/user/07amano/videos



    ■Teitter
    https://twitter.com/amanomotoyasu




    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。