• このエントリーをはてなブックマークに追加
(有料)予算の前提である統計に不正があったまま消費税対策などを盛り込んだ19年度予算が可決
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

(有料)予算の前提である統計に不正があったまま消費税対策などを盛り込んだ19年度予算が可決

2019-03-03 22:30

    70c71d9f8d1e41bfbdceddd2f059ec89d2177514
    (毎日新聞より転載)

    19年度予算案が2日に自民、公明両党の賛成多数で
    衆議院本会議において可決された。

    予算規模は過去最大の101兆4564億円である。

    しかしこの予算は予算の前提である統計に不正が
    あったことと、
    その前提が崩れたにも関わらず強行する消費税の増税
    とその対策に予算がさかれている。

    19年度予算案の中身について解説する。

    (以下有料)

     

    クリックして拡散のための応援をお願いします



    br_c_4523_1.gif

    社会・政治問題ランキング  


     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。