• このエントリーをはてなブックマークに追加
9条が無ければ戦争状態 TPPは国内法を無効に 改善進む景気状況 7月30日、31日の日経新聞と新聞赤旗の記事から
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

9条が無ければ戦争状態 TPPは国内法を無効に 改善進む景気状況 7月30日、31日の日経新聞と新聞赤旗の記事から

2013-07-31 18:25

    本日の記事は、7月30日(火)31日(水)の日経新聞と新聞赤旗の記事から、以下の項目の内容と分析を掲載。

    「9条なかったら中国艦を撃つ 自民・片山さつき政務官」

    「TPP参加は違憲」

    「失業率3.9%に改善 4年8ヶ月ぶり水準」

    「鉱工業生産3、3%減少 7月は急回復見込む」



    ■7月31日、新聞赤旗の2面より、

    「9条なかったら中国艦を撃つ 自民・片山さつき政務官」

    この記事は、
    ・自民党の片山さつき政務官が29日のテレビ朝日系番組での発言。
    東シナ海上で発生した中国艦隊による海上自衛隊護衛艦への射撃用レーダー照射事案について
    「他の憲法上の制約のない国だったら、9条の1項、2項がなかったら撃っていますよ」と述べた。
    番組に同席したタレントが「じゃあ撃てばよかったの?」と繰り返し真意をただすと、片山氏は
    「今の(憲法の)状況では撃てない」と述べただけで撃った場合、どんな事態になるか説明できなかった。

    という内容であ
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。