• このエントリーをはてなブックマークに追加
【有料】「シリア情勢と商品価格変動の関係」「簡単だった脱デフレ政策」「知る権利を侵害しながら進展するTPP交渉」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【有料】「シリア情勢と商品価格変動の関係」「簡単だった脱デフレ政策」「知る権利を侵害しながら進展するTPP交渉」

2013-08-31 23:39
    本日の記事は、8月30日(金)、31日(土)の日経新聞の記事から、
    以下の項目の内容と分析を掲載。

    「投資マネー、商品に回帰 シリア情勢緊迫 原油・金、値上がり」
    「新興国、苦肉の通貨防衛 シリア情勢追い打ち」
    「円反発」
    →シリア情勢の緊迫の結果、お金の流れに変化が起きている


    「5カ国、関税全廃を提示 TPP日本、90%超に上げへ」
    「自民 TPPに苦慮 農業団体に説明できず」
    →知る権利を無視するTPP交渉は、属国日本の末期的状況の表れ


    「脱デフレ さらに近づく 消費者物価・鉱工業生産7月プラス」
    →日銀が大規模に量的緩和を行っただけで経済は脱デフレ傾向に


    「公的年金 黒字2.2兆円 4~6月 国内外の株式上昇で」
    →株式で運用益がでているが、予定利回りの4.1%よりも低い


     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。