• このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitter14年4月9~14日 ウクライナ内戦勃発の可能性 IMFの会合における米国の凋落
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Twitter14年4月9~14日 ウクライナ内戦勃発の可能性 IMFの会合における米国の凋落

2014-04-15 01:07
    01d552742e75cfcfaec646b0a25c979bfff40209

    ウクライナ危機と内戦勃発の可能性  

    ウクライナの統一を維持しようとすれば親ロの分離独立派に対する実力行使に
    出なければならない。
    しかし、分離独立派に対抗するための措置を取らなければ、ウクライナの分離の危険が
    高まる。
    どうやら前者を選んだ。
    japanese.irib.ir/news/commentar…

    posted at 20:40:34




    イエローストーン火山はロシアの兵器!?
    この火山で新たな地震の危険が高まっているとの声。
     米国には地震が人工的に起こされる可能性があるとの懸念。
    もし火山に1発でも核弾頭が投下すれば地震が発生する可能性が高い
    japanese.ruvr.ru/news/2014_04_1…
    人口地震と噴火について

    posted at 20:33:00



    IMF加盟国が、IMFの改革に対するアメリカの妨害に警告
     IMF・国際通貨基金の春季会合の参加国が、IMFの改革プロセスにおける
    アメリカの妨害に関して警告を発しました。
    japanese.irib.ir/news/latest-ne…
    世界から孤立する米国。超大国の凋落が著しい。米国崇拝をやめるべき

    posted at 20:22:28



    G20、米国を無視してでもIMFを改革する
    10・11日開催のG20諸国はIFMへの出資割り当て額をより公平なものにするべく改革案を
    討議。この動きに唯一反対しているのがIMFへの最大出資国、米国である。
    japanese.ruvr.ru/2014_04_10/271…
    米国の国際機関の私物化に反対

    posted at 03:23:15



    RT @pokky080 
    静香氏は、全部話すのか?
    takutaku2946: 大幅リニューアル : 真相JAPAN公式ブログ
      ln.is/blog.livedoor.…
    4月21日pm6時 30分~中野サンプラザ 真相ジャパン復活祭 特別講師:亀井静香先生
    当日イチオシ漫画 サイレーン山崎先生直…

    posted at 01:59:23



    日本総務大臣が靖国神社を参拝 日本の新藤総務大臣が、靖国神社を参拝。
    この措置は中国や韓国の怒りを引き起こす。
     中国と韓国は靖国神社を過去の軍国主義のシンボルとみなしている
     japanese.irib.ir/news/latest-ne…
    中韓を挑発。A級戦犯を決めた米国も反感。日本は孤立するだけ

    posted at 01:15:12



    日本、原発から撤退せず
    日本は原子力利用を拒否せず、安全確認完了後の原発を順次再稼働させる決断を下した。
    2011年の福島原発事故以後とられた2030年までに国内の全原発を閉鎖するとの決定を
    覆したもの。
      japanese.ruvr.ru/news/2014_04_1…
    最悪の決断だ。浜岡も動かすのか?

    posted at 01:09:26



    SAPIO「日本よ、クリミアのせいで対ロシア制裁に加わるな」
    内容は、日本人はウクライナ情勢のあらゆる複雑さを認識し、米国の後ろの隠れ、
    1頭だけの馬にのって「ロシアは悪い、制裁を与えよ!」と叫んではならないというもの
    japanese.ruvr.ru/news/2014_04_1…
    日本は独自外交を

    posted at 01:06:22



    ウクライナを核の惨事が待つ
    キエフ政権が原発のための燃料をソビエト製の原子炉には最適化されていない
    米国製の燃料に代えることを決定したことが分かった。
    一昔前にはユーシェンコ政権が同様の行動に踏み切り事故寸前の事態となった。
    japanese.ruvr.ru/news/2014_04_1…
    核テロが心配

    posted at 00:56:47



    ウクライナ東部、ドネツク、ルガンスクで特殊部隊アルファ、親露派の立てこもる自治体建物の襲撃を拒否
     ウクライナ特殊部隊の指導部は両都市の自治体の建物を襲撃せよという新政権からの
    命令をはねのけた。
    japanese.ruvr.ru/news/2014_04_1…
    新政権の内部分裂が深刻だ。親露派が優勢に

    posted at 00:54:00



    ニカラグア、チリ、パプアニューギニアで地震  
    ニカラグアでマグニチュード6.1の地震。ほぼ同じ時刻にチリ沿岸部でも同じような
    規模の地震があったほか、パプアニューギニアの沖合いでも強い地震が発生した。
    japanese.ruvr.ru/news/2014_04_1…
    環太平洋地震帯が活発に動いている

    posted at 00:43:21



    No.644 『自由と社会原理』
     この個別的な 「自由」 の追求が、社会の総体としての 「善」 の実現につながるような
    状態 (一体性) にこそ、自由の本質の現実性がある。
     この状態の実現にこそ「近代国家」 の最後の目標もそこにある
    vigorous-note.seesaa.net/article/142144…

    posted at 23:04:43

    No.651 『人倫国家』
     市民社会の 「法」 が保障する自由の相互承認とは、単に個人の人権の確保といった
    ことを超えて、各人の欲望の自由な追求の一般的承認を意味する。
    その結果は欲望の自由競争で富の格差の拡大、社会的矛盾の噴出が生じる。
    vigorous-note.seesaa.net/article/142852…

    posted at 23:01:09



    No.597 『民主主義・正義・真理』   
    民主主義は、「単一の真理」 や 「普遍的正義」 が存在していることを、
    消極的な仕方 (現在は分からないが、やがて分かるという形式) で、想定している
    ときにのみ機能する。
    vigorous-note.seesaa.net/article/136979…

    posted at 22:56:04



    NATO元司令官:米国はEUとロシアの戦争を計画している  
    米国は、ロシアと欧州連合(EU)の接近と米国の弱体化を防ぐために、
    ロシアとEU間の戦争を扇動する意向。
    japanese.ruvr.ru/news/2014_04_1…  
    金融軍産複合体にとっては当然。日中韓の対立も米国の利益になる

    posted at 17:56:30



    =============


    【募集】
     メールマガジン『マネーと政治経済の原理からニュースを読む』では
    皆様からの相談や要望を募集しています。
    どんな些細なことでも結構です。
    メルマガ上で天野統康がお答えいたします。
    家計や政治経済、金融商品の問題で質問したい方は下記からメールをお送りください。

     応募はこちらから。http://ch.nicovideo.jp/letter/ch2526055




    お金と政治と経済ってどれも難しい。
    日々のニュースを見ても何故そうなるのかがよくわからない。
    その原因や背景を理解できるようになりたい!

    そのようにお考えの方は是非、下記のリンク先の無料セブン
    ステップメールにご登録ください。


    豊富な資料図解付きで、誰にでも分かりやすく、複雑怪奇に
    見える現在の、お金、政治、経済、生活の仕組みの秘密を
    お伝えします。


    毎日1回。合計7回に渡って貴方のメールボックスに送信されます。
    0790efa4150ce5f3c463dcb82f6e28d977ef5588
    <リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール


    6a4fb4f508be96aab7e7c528bb4c42f4f47b1ba9



    【成甲書房からの内容紹介】

    そうだったのか!マネーと民主主義、すっきり分かる!お金の秘密、世の中のカラクリ。
    とっても重要なのに、あなたはなぜか知らされていません!
    マネーがどのように生まれ、どのように無くなるのか、どのような性質を
    持っているのかを理解していますか?
    複雑怪奇に見える金融システムがひと目でわかる図解解説版。
    こんなに簡単に読める金融の本は今まで見たことがない!。
    本書ではどのようにしてマネーと民主主義が生まれたのか、
    社会派ファイナンシャルプランナーの天野氏が、マネーの支配者によって
    民主主義と経済が操作され、利用されてきたのか、
    さらにはその克服方法までを分かりやすく記述していきます。

    ==================

    アマゾン・ランキング「一般・投資読み物」部門 第1位
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。