• このエントリーをはてなブックマークに追加
【有料】前回の続き 懸念される国債価格の下落リスクと金融機関への影響と家計の対策 2
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【有料】前回の続き 懸念される国債価格の下落リスクと金融機関への影響と家計の対策 2

2014-05-03 00:45
    ====================

    マネーと政治経済の原理からニュースを読む

    ====================

    【今回の話題】
    9898d19ed47de2a970356f5d00337729d9719f99

    70b566b09a2ee6445b4e38cd729d7e7558c3bce4


    今回は、前回の記事の続きでアベノミクスによる黒田日銀の
    量的緩和政策と民間銀行貸出の増加によるインフレがも
    たらす、国債価格の下落リスクと、経済と家計への
    影響と対策についてお伝えする。


    ■参考記事

    2014年4月24日 日本経済新聞 
    「金融機関 金利1%上昇なら債券の評価損7.5兆円」

    2014年4月24日 日本経済新聞 
    「公的年金運用を考える 国債価格下落に備え」

    ■記事の分析と経済・家計への影響・対策について

    国債価格の下落時における債券型投資信託と個人向け国債の受ける影響の違いについて。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。