• このエントリーをはてなブックマークに追加
2 何故、中国やソ連の20世紀の社会主義国家は資本主義経済の本丸たる通貨発行権の問題を軽視したのか
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2 何故、中国やソ連の20世紀の社会主義国家は資本主義経済の本丸たる通貨発行権の問題を軽視したのか

2014-07-01 00:20

    e051b0be944d5459fa66fa5fcce00e1ca51241fe

    批判の天才、故太田龍氏
    が主幹をしていた週刊日本新聞には、
    日本では滅多に入らない英語関係の
    文献が多数紹介されている。


    国際金融軍事権力と日本の実体を考える上で参考になった記事
    を紹介する。

    4回目の今回は前回の続き。


    資本主義経済批判の本家であった中国共産党が統治する中華
    人民共和国で、2007年にロスチャイルドなどの国際金融財閥

    通貨発行権問題の研究を行った始めての本を著した宋鴻

    兵に
    ついての紹介記事。

    8f4d4cf19da0434a0cab0ae13f181d448dcc7e57


    平成19年10月21日  週刊日本新聞 第509号 から転載と抜粋」



    ■宋鴻兵著「貨幣戦争」の現物を入手して読む

    当時事寸評で、宋鴻兵著「貨幣戦争」について
    ファイナンシャルタイムズ北京特派員リチャードマクレーガー
    の記事にもとづいて紹介評論した。

    本日、その現物を入手できたので、更に引き続き

    紹介論評していく。


    <中略>


    巻頭に推薦文の如きもの5件あり。

    ・除林、国家発改委財政金融司司長

    ・楊帆、経済学家

    ・張字燕、中国社科院研究員

    ・林永青、价値中国網CEO

    ・徐東勝、北京未来巨人投資有限公司執行董事

    第一章の巻頭に


    メイヤー・ロスチャイルド


    これはもちろん有名なロスチャイルドの言葉

    我に一国の通貨発行権を与えよ。
    さすれば、その国の法律を誰が作ろうと、そんなことは
    どうでもよい。

    である。

    本章は全10章からなる。

    そして、それぞれの章に英語で引用文献が示してある。

    これを読むと

    (1)デス・グリフィン著「奴隷への転落」
    (2)ユースタス・マリンズ著「FRBの秘密」
    (3)ユースタス・マリンズ著「世界権力」
    (4)W・G・カー著「将棋のコマ」
    (5)アントニー・サットン著「ウォール街とFDR」
    (6)アントニー・サットン著「FRBの陰謀」

    この6冊が主たる参考書である。


    <中略>


    著者の見るところでは、本書の出版は、

    明らかに中共中国政権の承認のもとに成されている。

    そして、著者の知る限り

    この本は中国史上最初の

    ロスチャイルド世界金融王朝についての全面的暴露の書である。

    この本の出版の持つ、歴史的意味は、いくら大きく評価しても
    過大ということはないであろう。

    (転載終了)



    21世紀になるまで中国共産党政権でさえ、マルクス・レーニン・毛沢東主義によって
    通貨発行権の問題から目を逸らされてきた。

    ソ連や中共の政治経済理論を受け入れていきた欧米や
    日本の左翼
    勢力も同じように目を逸らされた。


    その結果、第二次対戦以降の冷戦構造は、体制側も反体制側も
    通貨発行権の問題が社会から「無意識化」してしまった。

    上記の太田龍氏の文章で紹介されているアントニーサットンが描いた
    著書「ウォール街とボルシェビキ」では、ウォール街がロシア革命を
    全面的に資金面で支援したことが書かれている。

    また中共政権の誕生も西側の意向だったという。

    その理由は、東西冷戦を意図的に演出し、西側も東側も政治経済学から通貨発行権の
    問題をすっぽりと抜いてしまう。

    そうすることで世界から通貨発行権の問題を「無意識化」させてしまうマジックを仕掛ける
    のが目的
    だった、と考えられる。


    ここで注目するべきなのは21世紀になるまで人類は、
    資本主義経済の仕組みについてよく知らなかったという
    驚くべき事実だ。

    21世紀にリチャード・ヴェルナーによって信用量に基づいた
    資本主義経済の理論が登場することで明らかにされた。

    全体像を理解できていなかったという事では、資本主義経済と
    ともに自由民主主義を構成するのもう一つの体制である、
    民主主義政治についても同じことが言えるのである。

    =============


    【募集】
     メールマガジン『マネーと政治経済の原理からニュースを読む』では
    皆様からの相談や要望を募集しています。
    どんな些細なことでも結構です。
    メルマガ上で天野統康がお答えいたします。
    家計や政治経済、金融商品の問題で質問したい方は下記からメールをお送りください。

     応募はこちらから。http://ch.nicovideo.jp/letter/ch2526055




    ■お金と政治経済の話はどれも難しい。
    日々のニュースを見ても何故そうなるのかがよくわからない。
    その原因や背景を理解できるようになりたい!

    そのようにお考えの方は是非、下記のリンク先の無料セブン
    ステップメールにご登録ください。


    豊富な資料図解付きで、誰にでも分かりやすく、複雑怪奇に
    見える現在の、お金、政治、経済、生活の仕組みの秘密を
    お伝えします。


    毎日1回。合計7回に渡って貴方のメールボックスに送信されます。
    0790efa4150ce5f3c463dcb82f6e28d977ef5588
    <リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール


    6a4fb4f508be96aab7e7c528bb4c42f4f47b1ba9



    【成甲書房からの内容紹介】

    そうだったのか!マネーと民主主義、すっきり分かる!お金の秘密、世の中のカラクリ。
    とっても重要なのに、あなたはなぜか知らされていません!
    マネーがどのように生まれ、どのように無くなるのか、どのような性質を
    持っているのかを理解していますか?
    複雑怪奇に見える金融システムがひと目でわかる図解解説版。
    こんなに簡単に読める金融の本は今まで見たことがない!。
    本書ではどのようにしてマネーと民主主義が生まれたのか、
    社会派ファイナンシャルプランナーの天野氏が、マネーの支配者によって
    民主主義と経済が操作され、利用されてきたのか、
    さらにはその克服方法までを分かりやすく記述していきます。

    ==================

    アマゾン・ランキング「一般・投資読み物」部門 第1位

    <リンク>皆様から頂いた書評

    ■購入→<リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円

    ■Twitter https://twitter.com/amanomotoyasu

    ■HP<リンク>天野統康FP事務所 ホームページ

    ■ブログ<リンク>天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論

    参考記事 

    ad09eb85d53991bed112578bddc785b4e9b8c47a



    5f24c0555c5191e9f6a8666c81615e0b48cd87ce


    <リンク>国際金融権力によって、自由・平等・友愛の人権と民主主義を掲げる社会において人間と人民が消える理由

    <リンク>国際金融軍事権力の民主主義の二重の操作 世論誘導と三権(行政、立法、司法)への直接的な利益提供 

    01902b65976b177bb2b3430a270081efcb71d6db



    df4461aea0099f8159ea8c29210388c7fb4296ba



    <リンク>国民主権の民主主義の実現に必要なモデル図 気概のある魂と民主の原理の融合



    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。