• このエントリーをはてなブックマークに追加
TPP交渉の妥結を目指す日米 遂に9合目まで進展との情報 売国政策を進める理由
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

TPP交渉の妥結を目指す日米 遂に9合目まで進展との情報 売国政策を進める理由

2014-11-10 23:35

    =======================

    ■無料セブンステップ

    <リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール


    ■本→
    <リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円



    ■Youtube https://www.youtube.com/user/07amano/videos



    ■Twitter
    https://twitter.com/amanomotoyasu



    ■HP<リンク>天野統康FP事務所 ホームページ


    ■ブログ<リンク>
    天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論
      


    ===========================

    【今回の記事】

    「TPP交渉、越年 妥結時期詰められず」
    「TPP、知財など進まず 日米関税は9合目」

    日本経済新聞 2014年11月9日


    上記の記事によると日米のTPP交渉は進んでおり、
    TPP妥結の合意について9合目まで進展したという。

    この交渉に参加し、妥結を勧めている時点で、
    売国政権と言われても仕方がない。


    TPPは関税も法律も無効にし国家主権をなくしてしまうからだ。

    売国政策を進めていく理由について説明する。

    e6fefea5f641a7e162e249ba096c1ba316586256

    (以下有料)

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。