• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

菊地成孔さん のコメント

userPhoto
菊地成孔
>>1
 
 言葉に忠実にフロイディアンになったのは中学3年の時、銚子市の市民図書館で「夢判断」を手に取ったからですが、それ以前から、筒井先生や岸田先生の著作から間接的にズブズブのフロイディアンでした。筒井先生に、有名な「フロイドかぶれ」と云うエッセイがあって、軽〜いアンチフロイドなんですが、それでもフロイドにはまり込ませる腕は筒井流だと思います。

 コマネチの件は、その女優さんがどう云う風に演じたかわからないんで、コメントし難いですが(笑)、とにかく、オリジナルであるたけしさんも止まらなくなっていたんで(笑)。あと、「ダンカン、バカヤロー!」はたけしさんオリジナルですが「なんだバカヤロー!」は厳密にはザ・ドリフターズの荒井注さんですので(笑)、私感だと、たけしさんは「何だバカヤロー!」は、本流ではない気がするので、バブル考証としては平野ノラさんとかを入れたほうがよかったと思いますね(笑)。
No.6
1ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
 上沼恵美子の喋りをサンプリングして、回転数を上げたらアンミカの喋りになった事に余り意外性を感じていない菊地ですがごめんなさーい(ガチ土下座)、インフルエンザ A 型に罹患していたのに、町医者のチェックが陰性だったので(数日後、熱が40まで上がったので再チェック。陽性が発覚)、そのまま収録しちゃった(苦笑。ほんとごめん)番組が今日からオンエアされます。くっきー!(野性爆弾)さん、森永博志先生、サスペンスガールさん、スタッフ諸氏のご健勝をお祈りしております(握手とかしないように心がけましたが)。あ、「バスキア展」の宣伝番組ね。 1 回10分とかで、4日やるみたいですが。  
ビュロ菊だより
「ポップ・アナリーゼ」の公開授業(動画)、エッセイ(グルメと映画)、日記「菊地成孔の一週間」など、さまざまなコンテンツがアップロードされる「ビュロ菊だより」は、不定期更新です。