• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

菊地成孔さん のコメント

userPhoto
菊地成孔
>>5

 言葉を選びますが、とにかくSNS依存の人は、アル中の人とかドラッグの人と同じく、今やもはや、憐れむべき病人で、官民でなんとかする施設とか作らないと、変な、口さから先に生まれてきた廃人みたいなのが量産されるので、そうだなあ、やっぱ重症者は家族や知人が、まずは取り上げてしまうべきだし(捨ててしまわないように、コントロールすべきですが)、何よりも、スマホよりも面白くて役に立つ、強い獲得感のある何かを教え、実行させるべきです。僕と大谷くんの音楽関連書籍は、発売当初よりも、あらゆる検索機能の水準が上がる事で、より深く読むことができます。最近、外人が書いた「マイルスの服についての研究所」が、世界初を謳って話題になっていますが、言うまでもなく世界初は僕と大谷くんと高村是州先生の仕事ですが笑、まあもうそんなのは慣れっこだから良いとして笑、あれだって、画像検索でかなり詳しく見ることができるようになりました。

 本当言えば音楽と運動をさせるのが一番良いですけど、最近僕は「小説を書かせる」のも良いと思っています。と言うか小説は療法になり得ますね。SNSで身につけた「書く衝動」「書くことへの依存」を、批評やコメントといった、強い快楽を伴った、手っ取り早いドラッグに明け渡してしまわないで、小説を書いたり、自伝を書いたり、詩を書いたり、ブログとも違う長文を毎日書かせて、毎日読んであげることですね。

 僕の携帯電話には、ドラッグ中毒で精神病になてしまった友人から、新聞連載みたいな小説が、もう20年も連載を続けています。黙って読んで、月に一度感想を送っています。彼はSNSやってないですね。
No.10
3ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
 ペン大イベント無事に終わりまして、ご来場いただいた皆さんに感謝いたします。今回非常に興味深かったのは初日と2日目で、来場者数が約5倍に膨れ上がった事です。    客数の増減について、正しく分析できる者はいないと言われていますが、あくまで僕(ド成ド・トランプ)の気分では、2020年3月16日(月)と、2020年3月17日(火)の間に、コヴィッド19とその影響をめぐる民の意識に、台風の目のような効果というか、明らかな感覚の変化を感じました。簡単にいうと「怖がるのが止まった」というか、「怖がることに飽きた」というか。    今は、危機意識は疫病ではなく世界恐慌に向かっていると思います。これは非常に健全です。咳をしない人はマスクを外し、良い音楽を聴いて良い気分になり、いっぱい笑って、つまり自己免疫力を上げて、パンデミックに際しても発症しないことを心がけ、一旦安心し、落ち着いてから、恐慌に対して民ができることは何か?を考え、実践すべきでしょう。あくまで僕(ド成ド・トランプ)の考えでは、民は世界恐慌に対しては、経済的には完全な無力ですから、自分の中の敵と戦って、とにかくわちゃわちゃしない事です。恐慌時に民がわちゃわちゃしているとろくなことがない。    わちゃわちゃする、という悪徳の最悪例の一つが、大阪のフィリピンパブで自爆したデブ君の、辞世の歌のアーティスト名と曲名を、地上波のニュースでテロップ出ししていた事です。ここでは敢えて書きませんが、アーティストさんが本当に嫌がると思いますが、テレビ局の若いバカが、スマホのシャザム(音声検索)を使って曲名がわかったんで、嬉しくなったんでしょう、あるいは報道倫理みたいな感じなのでしょうか、両者は似ておらずも同じもので、とにかく、よせばいいのにテロップ出ししてしまいました。検索してわかったからつって、出さなくていいんだよ。そういうのはエビデンスとは言わないんだ笑。わかるか局坊主?  
ビュロ菊だより
「ポップ・アナリーゼ」の公開授業(動画)、エッセイ(グルメと映画)、日記「菊地成孔の一週間」など、さまざまなコンテンツがアップロードされる「ビュロ菊だより」は、不定期更新です。