• このエントリーをはてなブックマークに追加

softcoreさん のコメント

選挙制度という限定的ではあるけれど、なんとなくベールが覆われていた民意が詳らかにされた事で本日1日程楽しめました。(若干嘘:今朝は小ショック状態でしたが、受け止めてみると正しく民意だと理解できたため:いつか選挙結果が国家に操作される日を妄想してドキドキ)

ブル中野のYoutubeチャンネルの往年のレスラーへのインタビューが夏以降格段に面白くなったと思っていたら、吉田豪氏が指南していたというオチ:5月にアドバイスを受けていた事を今公表、という件も腑に落ち、あまり腑に落ち過ぎるのも怖いな、と思っています。

G1クライマックスの優勝決定戦が飯伏幸太の負傷(脱臼骨折)ドクターストップという、アクシデント(本当?)後、優勝者のオカダカズチカが恒例の1.4メインイベント権利証の代わりに封印したIWGPヘビーのベルトを使うと要求し通ってしまい、新日のかつての至宝を復権したようで権利証の代わりってかなり毀損してないか?とモヤっとする気持ちも大切にしたいです。

週末に見てきたHYDEのイベントのゲストが手越祐也(苦手:素行ゆえ)でどんなものかと思ったらパフォーマンス力:特に歌 に圧倒されてしまい、好きになりかかっています。好き/嫌いなんてそんなもんですね。
No.1
8ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
 社会では選挙らしく、なんだか今回は激戦だったとかで、誰もが選挙の話をしているのだが、個人的には「岸辺露伴は動かない」のセカンドトリロジーのレコーディングが明日で、今日まで「東京ザヴィヌルバッハリユニオン」(結構な頻度でリユニオンしている笑。 DC/PRG がもしリユニオンするんだったら1万年後が良い)の準備とリハ(3回の予定を、流石に2回でいいだろ。と言って1回カットしてもらった。僕は DC/PRG でもペペでもリハは必ず1回である)、そして五十嵐と坪口の凄絶な笑、イニシアチブの取り合い笑、に付き合いながら、「岸辺」の作曲をし、デモを作り、渡辺監督に送っては打ち返し(デモへの要求のこと)を受けて再デモを作りながら、ペン大と美学校の授業をやって、当サイトの運営をやっていたので、選挙どころではなかった。    と、以上はちょっといつもより忙しいだけの日々のジョブ量を書いて目くらまししてるだけで、そもそも、暇で暇で仕方がなかったとしても(懐かしいなあ、今年の6月。ライブが一本もなく、ラジオデイズ以外、何もすることがなかった。また来ないかしらあんな日々)、選挙には全く一切合切、仁丹一粒を割った破片ほども興味がない。10年前の「世紀の大転換」の時も「なんか言ってるなあ政治家が」「なんかはしゃいでるなあ、国民が、バカっぽ」ぐらいに思っていた、これをクリシェにしてはいけないが、この時期のことは「時事ネタ嫌い」に書いてある。タクシー運転手がハイになっていた。今まで何回タクシーに乗ったかわからないが、あれほど物の哀れを感じさせる運転手はいなかった。  
ビュロ菊だより
「ポップ・アナリーゼ」の公開授業(動画)、エッセイ(グルメと映画)、日記「菊地成孔の一週間」など、さまざまなコンテンツがアップロードされる「ビュロ菊だより」は、不定期更新です。