• このエントリーをはてなブックマークに追加

たたたたたたさん のコメント

今回は読まずにコメントを書いています。マイペースで読みます。

父が病床に付しました。70歳で、巨漢です。いつか来る日がとうとう、私が手をくだす前ににやってきたなぁと思いながら、恨んでいるはずの父と、数日おきに病床で面会して、話をしています。
母が父との面会を一切拒絶しているので、仕方なくやることから始まったのですが、今では日常化しています。
元愛人らしき人や、明らかな元不良の方が、何人も続けてマスクをして見舞い来るのですが、私が倅だと知るとお土産だけおいてすぐに帰ります。点滴繋がっている父は誰かが持ってきた酒を片手に、乾杯するぞ、と言ってグラスを要求してきたので、恥ずかしい死に方したくないなら今だけはやめておけと言って断りました。病床でもマウントを取りたくて仕方ないみたいです。看護師さんのケツを触ろうとした時は躊躇なく痴漢ジジイの下品な手に右ストレートを入れました。
これから迫りくるく感情と、仲良く過ごそうと思います。
詳しい事はここには書けないのですが、毎年どこかの会社が行っている刑務所の樹木剪定の仕事を、今年は私達が行いました。クレーンで高木の剪定をしていたら、一度中断してくれと刑務所サイドから要請があり、ゆっくりクレーンを降ろしていると受刑者が出所して来ました。
No.13
7ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
 セネガル人のママドゥは、ルノアール渋谷店のソファに座り、スマホをいじっていた。色々な手配が必要だからだ。ミリ単位で綺麗にシェイヴされた髭、アフリカ人の特権である、どれだけ宝石を身につけても下品にならない茶褐色の肌、痩せ型でとても静かに話す。北米だったらゲイピープルと目されるだろう。ママドゥは足元の大きな袋を指差し、在日アフリカ人独特の無表情で「あ、この中にあるから」と言った。    元 DMR 、現在は HMV ヴァイナルシブヤの上にあるルノアール渋谷店は、他の多くのルノアールと同じ、壁面ウインドウを誇っていた。僕は基本的に渋谷は使わないが、ヴィロン(パン屋がやっているブラッセリー)とプラザ(水槽型の巨大なプールが設置されているラブホテル)といくつかの映画館をごくごくたまに使うので、道玄坂より東へはストリート1本でも全く通らない。  
ビュロ菊だより
「ポップ・アナリーゼ」の公開授業(動画)、エッセイ(グルメと映画)、日記「菊地成孔の一週間」など、さまざまなコンテンツがアップロードされる「ビュロ菊だより」は、不定期更新です。