• このエントリーをはてなブックマークに追加

memetaa2さん のコメント

 おっぱいおっぱい(挨拶)。私も観てきました。観ている最中に「これはタイムラッパーの穴がありそうだな」と思ったんですが、やはりそうみたいですね。

 でも、そこはあんまり気にならないですよね。話の内容が明らかにタイムハラッパのギミックよりも、主人公2人の感情に重きをおいてましたから。

 作風が変化したことについては、監督は舞台挨拶で東日本大震災の影響だと言っていました。震災前は「別れ」を重視したけれど、震災後は「出会い」を重視するようになった、と。

 いつ身近で震災などが発生してもおかしくないことを考えると、誰かと出会ったことを大切にしたい・・・。そんなことを言っていたと思います。うろ覚えですが。

 震災といえば、シン・ゴジラも明らかに震災を意識した内容でした。あの震災は、少なくない数のクリエイターに影響を与えたんでしょうね。

 おっぱいおっぱい。
No.1
71ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
 新海誠監督のアニメーション映画『君の名は。』を観て来ました。  えーと、あれですね、これは一切のネタバレなしで感想を書くと、「恋っていいよね」くらいしかいえなくなる類の映画ですね。あるいは「おっぱいっていいよね」でもいいけれど。  しかもネタバレ厳禁タイプのシナリオ。まあひと言でいうと傑作だったんだけれど、細かいところをどう見るかで評価が変わってくる可能性はあると思う。  いやまあ、細部をあげつらうべき映画ではないことはわかっているんだけれど、評価がわりと絶賛一色なので、ぼくはあえてそういう蛮行に踏み切ろうかと。  くり返しますが、かなりの傑作なので、未見の方はこの記事は無視して映画館へ向かってください。なんだかやたらと「新海誠の集大成」という評価を目にするけれど、あえてシンプルにいえばそういう映画です。  十数年前、下北沢へ『ほしのこえ』を観に行ってからずっと新海映画を追ってきたぼくと
弱いなら弱いままで。
愛のオタクライター海燕が楽しいサブカル生活を提案するブログ。/1記事2000文字前後、ひと月数十本更新で月額わずか300円+税!