• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

プロフィール

アラフォーオタクハゲの陰キャでも配信したい!

アラフォーオタクハゲの陰キャでも配信したい!

海燕(かいえん)はニコニコチャンネルを中心に活動するブロガーです。はてなダイアリー〈Something Orange〉は1000万アクセスを記録。現在はアラフォーオタクハゲを名乗り、陰キャながらに活動ちうです。

2012/08/21 開設 16動画

チャンネルの説明

 「アラフォーオタクハゲの陰キャでも配信したい!」は海燕のブロマガ&動画チャンネルです。

 毎週土曜日午後9時からSF小説からアニメまで広く語る「オタク講義」配信を行っています。録画はチャンネル会員限定で公開されます。

 また、月・水・金の週3回、やはり午後9時からゲーム実況を配信しています。

 ブロマガは不定期更新で、一回の分量は2000文字~10000文字程度。かなりのボリュームがあります。

 月額330円と安価ですので、ぜひご入会ください!

ニコニコ生放送スケジュール

次回放送予定をお待ちください。

過去の動画

4:26

再生3,114 コメ21 マイ1

2020/05/12 13:51 投稿

その昔、エロゲの黄金時代があった。新海誠『天気の子』のPVを見て往年の傑作を思いだす。

▼この動画の内容は?▼YouTubeからの転載動画です。大ヒット作『君の名は。』を経て、いまや日本を代表するアニメーション監督...

あったなあ wow え !? オオオオオオオオオオ オオオオオオオオオオ

9:28

再生1,926 コメ0 マイ0

2020/12/17 21:48 投稿

淫靡! 頽廃! ダークファンタジーの傑作、グラフィックノベル版『エルリック・サーガ』を解説するよ。

ヒロイック・ファンタジーの永遠の名作『エルリック・サーガ』、そのグラフィックノベル版の解説です。いやー、昏くてエロく...

5:42

再生1,293 コメ0 マイ0

2020/05/12 13:48 投稿

川村拓『事情を知らない転校生がグイグイ来る。』はTwitter生まれの痛快シチュエーションラブコメ!

▼この動画の内容は?▼YouTubeからの転載動画です。最近、Twitterで毎回、数万ものいいね!を集める「尊い」傑作マンガ『事情...

7:18

再生1,226 コメ3 マイ1

2020/05/12 13:35 投稿

永野護暴言録! 大塚ギチに対する発言だけじゃない、天才ナガノの華麗なる「暴言」の数々を掘り起こしてみた。

▼この動画の内容は?▼YouTubeからの転載動画です。月刊『ニュータイプ』誌で『ファイブスター物語』を連載中の作家・永野護。...

永野が描いた最高度に 仲良しやん 誰っ

8:06

再生1,140 コメ0 マイ2

2020/12/17 00:56 投稿

日本にも上陸! 5G×コロナ陰謀論はなぜ流行るのか?

「5G」と「新型コロナウィルス」を結びつける陰謀論の本を見つけたので、紹介します。この種の陰謀論が世界各地で猛威を振る...

 

Twitter

最新記事

  • 「弱者男性(仮)のつらさ」とはいったいどこから来ているのか?

     杉田俊介さんの新作記事を読んだ。 https://bunshun.jp/articles/-/44981  いままで「弱者男性」と呼ばれてきた人たちの「つらさ」に別方向からスポットライトをあてた興味深い記事である。非常に面白い。が、一方でふしぎと共感がない。  いままでは「弱者男性」と呼称されていて、杉田の言葉では「非正規的なマジョリティ男性」と呼ばれる人たちの「つらさ」に焦点があたっているのだが、ぼくじしんは特に「男性はつらい」とも「男性がつらい」とも思わないから、ほとんど共感できないのだ。  ただ、かれらを横から見ていると、たしかに苦しいのだろうとは思う。本人たちが苦しいといっているのだから、その言葉を否定する根拠はぼくにはない。  だが、見ていれば見ているほど何とも奇妙な気持ちにはなる。かれら、「弱者男性(仮)」ないし「非正規的なマジョリティ男性」たちは、何がそれほど苦しいのだろうか?  そう、ぼくもまた、ただ外的な条件だけを見るならその定義にに十分あてはまっているはずだ。低収入だし、障害者だし、独身だし、恋人も、そしてもちろん子供もいない。しかし、ぼくはべつに自分が不幸だとは思わない。  ...

    2021-04-30

    • 0 コメント
  • 「議論」から「対話」へ。いつまでも続く不毛なやり取りを乗り越える方法論。

     あなたは「オープンダイアローグ」をご存知だろうか。おそらくご存知ではない方のほうが圧倒的に多いだろうと思う。それくらい(少なくとも日本では)マイナーな概念だ。  すでに何冊か解説書は出ているものの、GoogleやYouTubeで調べてもあまり情報は出てこないし、いまのところ「知る人ぞ知る」言葉に留まっていると思しい。しかし、これが面白い。  この記事の目的は、いま読んでいるあなたを「オープンダイアローグ沼」にひきずり込んで、可能であればオープンダイアローグをいっしょに体験してみたいというものだ。  何しろ、「ダイアローグ(対話)」というくらいで、オープンダイアローグはひとりでは実践できない。最低3人、できれば5~6人くらいの参加者が欲しいのだ。  しかし、友人連中を誘ってもほとんど乗ってこないため、ぼくはいま「対話仲間」を探し求めている。この記事を読まれた方は、よければぼくといっしょに「沼」に足を踏み入れてみてほしい。  大丈夫。決 して底なし沼というわけじゃないし、その先には、ちょっといままで経験したことがない領域がひろがって いる、かもしれない。 「オープンダイアローグ」とは何か...

    2021-04-27

    • 0 コメント
  • なぜ男女は蔑み合い、そして非モテはいくらモテても救われないのか?

     ども。遥か遠くにかがやくあのリア充の星を目ざし、きょうも一歩、また一歩と進んでいる(つもりの)海燕です。  いやー、リア充への道は果てしなく長い。生きているうちにたどり着けるのかどうか、何かもうかぎりなく怪しいところ。でもね、あこがれるよね、リア充。  そういうわけで、きょうはリア充の必須スキルであるところの「コミュニケーション」について解説した漫画を読んでみました。その名も水谷緑&吉田尚記『コミュ障は治らなくても大丈夫』。  これさえ読めばきょうからぼくもリア充だ! と思ったのですが、これがね……じつに何ともいえない気持ちにさせられる本だったのですよ。どういうことなのか、これから説明しますが、ほんとにちょっと説明しがたい読後感でしたね。いやはやいやはや。  まず、この本ではいわゆる「コミュ障」であるにもかかわらず、なぜかラジオアナウンサーになってしまった著者(吉田尚記)が自分の抱える問題点を分析し、克服していく過程が書かれています。  それは良いんですよ。いくつか非常に参考になるところもあって、「ふむふむ」と関心しながら読んでいました。それが違和感がつのってくる...

    2021-04-18

    • 0 コメント
  • 非モテ研の非モテ当事者研究が面白いよ!

     皆さん、生きていますか? ぼくはどうにか、かろうじて生きています。  いったんは就職活動をして働こう! あの碇シンジだってちゃんと大人になったんだから! とキラキラきらめく労働精神に目覚めたりもしたのですが、紆余曲折の末、そのルートはあきらめました。ええ、もう、一生、無職のダメ人間として生きていこうと思っています。  もちろん生活のためお金は欲しいけれど、現実問題、ぼくに就職と労働ができるかといったら無理だろうなと。「働きたくないでござる」というより「働きたくても働けないでござる」というほうが正しい。  ほんとうに日々、マジメに働いている人たちには頭が下がります。それにしても、どうやって生きていったら良いものか……。不安はつのるばかりです。  さて、ニートとも呼べない歳であいかわらず無職を続けていると時間が余るわけで、読書や映画に精を出したりすることになるのですが、最近、以前から気になっていた「ぼくらの非モテ研究会(非モテ研)」による『モテないけど生きてます 苦悩する男たちの当事者研究』という本を読みました。  これが、じつに素晴らしい「当事者による非モテ研究」で...

    2021-04-04

    • 0 コメント
  • 庵野秀明と「ほんとうに大人になる」というテーマ。

     皆さん、昨夜の『プロフェッショナル 庵野秀明スペシャル』はご覧になられたでしょうか。いやあ、凄かったですね! まだ未見の方は今後一週間は「NHKプラス」で見れるらしいので、ぜひ見てみてください。ほんとに凄いから。  最初から最後まで期待通りの映像がわんさか。全部で75分なのだけれど、できれば3時間くらいの映画にまとめ直してほしいくらい。めちゃくちゃ濃密な時間でした。  本編中でスタジオジブリの鈴木プロデューサーが庵野さんのことを「大人になりたかったのに大人になれない」みたいに語っていて、まあそうなのだろうなとは思うのだけれど、振り返ってみると、そもそも「大人」とは何なのだろうと考えざるを得ません。  これは番組の最後で庵野さんが「プロフェッショナルという言葉は嫌い」と語っていることともパラレルな話で、つまり、形だけ大人になるとか、見た目だけプロフェッショナルになるといったことはある意味で容易なのだけれど、「ほんとうに」大人になる、プロになるということは決して簡単ではないというテーマなのかな、と。  『エヴァ』のテーマもつまりこれだと思うのですよね。ただ表面だけをごまかした「ニセ...

    2021-03-23

    • 1 コメント
  • 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』完全ネタバレレビュー「あなたのことが好きだから」12000文字!

      以下、全文にわたって『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の全面的なネタバレがあります。繰り返します。『シン・エヴァ』のネタバレありです。未見の方は間違えても読まないでください。読んでしまったうえで文句をいわれてもこちらは対応できません。オーケー? それでは、行きましょう。  ◆◇◆  何という正統(オーソドックス)な作劇であり、表現なのだろう。劇場で『シン・エヴァンゲリオン劇場版』を観終えたとき、最初に思ったのはそのことだった。  端正といっても良いし、いっそ品行方正と評したい気持ちもある。とにかく、この映画はいままでの『エヴァ』とは決定的に違う。そう考えざるを得なかった。  そもそも『エヴァ』は、毎回毎回、その強烈なインパクトで見る人を驚かせてきた作品である。  その当時のテレビアニメの常識から大きく逸脱した内容から「自己啓発セミナー」という批判も生んだテレビシリーズの最終回、そのあまりにショッキングな結末から伝説となった「旧劇場版」、また、『エヴァ』の陰鬱な印象を塗り替えたかと見えた『新劇場版:破』、そしてそこから一転、再び悪夢的な物語を描く『Q』と、『エヴァ』は...

    2021-03-15

    • 0 コメント
  • なぜ、話すことはできるのに書くことができない人がいるのか。

     ども。最近は毎日午前7時の更新をめざしているのですが、3日間もサボってしまって申し訳ありませんでした。いや、『シン・エヴァ』を見て帰宅してすぐ、感想記事を書こうとしたのよ? ところが、これが、書けない、書けない。  いや、まったく書けないわけではないのだけれど、いくら書いても「これはちがーう!」となってしまう。あらためて『エヴァ』という作品の大きさと、自分のなかに残った爪痕の深さとを思い知ったありさまです。  ネタバレなしの表面的な感想ならどうにか書けるかな?とも思うのですが、何しろ「面白かった」とか「素晴らしかった」とひとこと洩らすだけでもネタバレといわれる稀有な作品のこと、「完全にネタバレなし」ではほんとうに何も書けません。  まあ、凄かったし素晴らしかったんですけれどね……。ええ、ぼくの『エヴァ』に対する四半世紀にほんとうに決着が着きました。「どうせまともな完結なんてしないに決まっている」とかいっていた連中に心から「ざまぁ」といってやりたいお気持ち。  それ以上はほんとうにネタバレできないので、観たいと思う方はぜひ、早めに劇場へ向かってください。首都圏の方は緊急事態宣...

    2021-03-12

    • 0 コメント
  • 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』最新・最速ネタバレレビュー「碇シンジは戦慄と終局のファイナル・インパクトに何を見たか?」のただの予告。

     そういうわけで、この更新から1時間半後の8時半からの初回で『シン・エヴァ』を見て来ます! 見終えたら記事を更新するからよろしくね!  LINEにネタバレオープンチャットを作りましたので、参加したい方はご自由になさってください。ただし、通知欄にネタバレ書き込みが行く可能性があるため、映画を見たあとの参加を推奨します。  いやあ、わくわくしますねー。では、また、鑑賞後に。 ・オープンチャット「『シン・エヴァンゲリオン劇場版』ネタバレトーク専用チャット」 https://line.me/ti/g2/WC8dmRJ_E_HGvDH3ZkDYVw?utm_source=invitation&utm_medium=link_copy&utm_campaign=default

    2021-03-08

    • 0 コメント