• このエントリーをはてなブックマークに追加

memetaa2さん のコメント

 この書きこみから数時間前の、海燕さんのツイッターを読みました。
 
 魔王14歳さんの件については、私も覚えています。あの人が紹介したリンク先を読もうとしましたが、あまりに侮辱的な内容で、一部しか読めませんでした。

 他人の私でさえこうなのですから、当の海燕さんが感じた苦痛は、想像を絶します。

 あんなものを読ませようとした人に対しては、怒りや憎しみが湧いてもおかしくないです。魔王14歳さんの真意は知りませんが、それが善意であれ悪意であれ、やっていいことじゃないです。

 善意でやっていたのであれば、あまりに無神経です。せめて、軽く触れるくらいでとどめておくべきだった。

 海燕さんはツイッターで「傷ついたのも苦しんだのも全部僕が悪くて」と書いていますが、海燕さんは悪くないです(あれは真意ではなく、ただの嫌味かもしれませんが)。

 ネットに憎悪に満ちた内容を書くことが良いかどうかはともかく、海燕さんがこの件で自己嫌悪する必要はありません。もしかしたら誰かがツイッターを読んで、海燕さんを批判するかもしれません。しかし、私は「あんなことをされた海燕さんだったら、ああいうツイッターを書いてもいいじゃないか」と言いたいです。

 仮に海燕さんが「魔王14歳を許せない自分は悪いのではないか」と考えていたなら、無理に許さなくていいです。この許す・許せないに関しては、「アルテイシア 許すとはどうでもよくなること」と検索すると、参考になる記事が出てきます。既に知っているかもしれませんが、読むと楽になると思います。

 最後に、海燕さんが自傷行為をしたとしても、他人の私としては「やめろ」とか「病院に行け」とかは言えません。でも、海燕さんが実際に自分の体を傷つけてしまったとしたら、私は悲しいです。
No.2
50ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
 『機械じかけの性と生 アニメ/マンガ/ノベルのなかのセンス・オブ・ジェンダー』というタイトルの、どこで出すあてもない本を書いています。  タイトル通り、アニメやマンガやライトノベルのなかのジェンダー問題についての内容なのですが、ひとつ決めていることがあって、それは「特定の作品を取り上げてそのジェンダーの偏向を批判したり告発したりする内容にするのはやめよう」ということです。  世の中にはエンターテインメント作品のジェンダー問題を取り上げた本はたくさんありますが、たいてい告発のために書かれていて、しかもそれが「ほんとうにそうか?」と悩むものだったりするのですね。  もちろん、ぼくも男女差別は解消されるべきだと思っていますが、じっさいには差別でないものに差別を見るのはそれはそれで問題だと思うのです。  あれもこれも差別、と取り上げることは一見するとリベラルな印象を与えるかもしれないけれど(そし
弱いなら弱いままで。
愛のオタクライター海燕が楽しいサブカル生活を提案するブログ。/1記事2000文字前後、ひと月数十本更新で月額わずか300円+税!