• このエントリーをはてなブックマークに追加
【エンタジャムブロマガ企画】夜道雪のあんな事いいなこんな事いいな 第13回 親ガチャという言葉に思うこと
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【エンタジャムブロマガ企画】夜道雪のあんな事いいなこんな事いいな 第13回 親ガチャという言葉に思うこと

2024-04-16 12:30
  • 3
お前ら!夜道に気をつけろ!!
 


(勝手に)質問が来てた!
夜道ってTwitter(X)に張り付いてるか、ネットサーフィン(死語?)してるイメージがあるけどお前、ネットコンテンツって何見てんの?
といで勝手に答えます。

単刀直入に言うと、「ウィキペディアとかで事件とか見てる」!
これ結構みんなもやってるのでは?

と言いますのも、過去の事件殺人事件とか見て「怖いなー」って読み進めていくと、不思議と教訓を得ることがあったりするんです。
何の教訓を得るのか?

以前からお話しているように、殺人鬼の生い立ちとか見てると「家庭環境だったりとそうなるならざるを得なかった」という部分もあるのかなっていうところを感じるんです。これは以前『ショーシャンクの空に』のときにも話しましたよね。

世の中、インターネットを見てると少年法割引き、とか少年法を無くせっていう風に言うけど、彼らの取り巻く環境が少しでも良かったならば結果は違っていたのかなと思ったりもするのです。この考えに至った話はまたいつかお話してみたいなって思います。

私は物心ついた時、それこそ自分が少年の年齢だった時から少年法をなくせっていう声をぼんやりと眺めて意識しながら生きていました。
じゃあ現在、24歳になるまでの約10年間の間、少年法がどうなったか。無くならなかった。なんでだろうって考えることも結構多いんですよね。

凶悪犯罪である程度大人になってしまうとそれは成人しているわけですから、自分の後始末は自分がするべきなんで仕方がないけれど、それに対して十代の少年の事件っていうのは家庭に守られるべき子供が非行に走ってしまう。
学校で良い教師、良心のある大人に出会えずに良くない道を歩んでしまうということから少年法は自分のやってしまったことが社会にとって良くないことであるということを教える、学習してもらうために必要だと思うんですよ。
子供は自分で行きていくことは不可能なわけで、周りの大人に支えられて成長していく。一番身近な環境である家庭環境に子供が依存してる。依存せざるを得ない。だから親ガチャっていう言葉がある通りまさにそうだと思うんです。
勿論、限度はあるけれど、善悪の区別がつかなかったからそこから先を全て奪ってしまうというのはなんだかなぁと思うんですよね。

親ガチャという言葉で自分の不幸を呪うとか、言い訳にして逃げているとかそういう些細なことではなくて、親の愛というものを凄く私は痛感するときがあるんです。

3ef2bab24f76c18ddc13974e3451e99d17627f67


じゃあ夜道の親ガチャはどうだったんだ?

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く

子供は親を選べ無い、子供にとって誇れる親に成りたいね。😊
自分の船のオールは他人で無く自分で漕ごう
TOKIOの歌だったかな。
自分の中の自分が己を認め可能性を信じ行動する。
人の評価に屈折に歩いて欲しいです。
夜道さんの笑顔がこれからも晴れやかでありますように。😉

No.1 1ヶ月前

俺んちは俺が子供の頃なかなか貧しかったけどね。

親父は優しくしてくれたけどお袋は厳しかったからバランス取れてとりあえず人並みには育ったかなとは思う(笑)

親の愛情だったりやって良いこと悪いことの分別を家でも学校でも地域でも教えることが大切なんだろうなあ。あとは見捨てないこととヒントは与えても答えは考えさせること。

今はそれが失われて久しいのかもしれないが。

家庭環境に問題あってその辺教えてもらわなかったら多分道を外してしまう子もいると思うし、反面教師で自分の力でどうにかする子もいると思うけど、やっぱり親なり周りの愛情って大事だと思う。

人間、インプットされたものしかアウトプットできないわけだしね。俺の個人的な意見でしかないけど。

人と言う字は人と人が支えあってっていうけどその前に自分の両足でお天道様に向けて立ってなきゃならないのよな。じゃなければ誰かの支えになることなんてできないもの。

そのためには自分を信じる力って大事。

ご両親が愛情注いでくれたから今の雪ちゃんがあるんだと思うし、そんな雪ちゃんの姿を見て救われてる人間もたくさんいると思う(俺も含めて)

これからもご活躍を期待してます!頑張ってください✨
応援しています!🏁

No.2 4週間前

僕は高校生の時にイジメられて不登校になったり引きこもっていた経験があります。

それから随分と年月が流れてすっかりオジサンになった頃、イジメの中心人物の一人に偶然会う出来事がありました。

何気なく入ったハンバーグチェーン、◯っくりドンキー。
「いらっしゃいませ!」と声をかけてきたのがイジメっ子の一人でした。
どうやら店長らしく、バイトのスタッフに「アイツ高校のクラスメートだったんだけど、いいだけイジメてたんだよねw」と大きな声で自慢げに語りはじめました。

いい大人になった今でも彼のマインドは高校生の頃から何も変わっていない。
集団で共通の標的を見つけてイジメていないと自分を保てない人間のその後の姿。

社会とか世間とか、周りの多くの他人とか、それらは実は実体が無くて「なんとなく」それを物差しにしてしまうと不安だけが心の中で大きくなってしまうのかもしれませんね。

誰もが皆本質的に孤独だということとか、他人と自分を比べる無意味さを受け入れて自分なりの幸せの見つけ方を実践する雪さんに、僕は色々な場面で優しさを感じます。

それは雪さんの文章の中にも沢山あるんだけども、同時に腹をくくった感もあって、その独特の世界観で毎回読むのが楽しいです。

雪さんの世界観を楽しみに、そして応援しています。

いつもありがとうです。



No.3 4週間前
コメントを書く
コメントをするにはログインして下さい。