• このエントリーをはてなブックマークに追加
【無料公開】中村美彦:拝啓 安倍晋三内閣総理大臣様 ── つい最近までの<北の大地>の・・
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【無料公開】中村美彦:拝啓 安倍晋三内閣総理大臣様 ── つい最近までの<北の大地>の・・

2013-05-06 23:22
  • 1
季節はずれの時候に辟易すればするほど海好きのひとりとしては、陽光まばゆい伊豆半島は下田あたりで太平洋をのんびり眺めていたいものでした。

 そんな下田は、1855年に国境線をいわゆる北方領土より北に位置する得撫島(ウル ップ島)との間に引く「日露通好条約(下田条約)」調印の舞台で、関心の軽重さはさておき、日ロ外交史をきざんだ貿易港でもあります。

その日ロ両国間には戦後67年を過ぎながら「平和条約」に結びつけにくい微妙な国境 (くにざかい)が横たわり、それゆえ、総理たるあなたが打開に向けご意欲を露わにな さるのを民びとはよく理解してきたはずです。

有意な財界ミッションを率いてクレムリンに乗り込む過程も、かの地と深く係わる北海 道に暮らす私たちには多いな期待に値しました。

しかし、しかしです、10年以上も前から大統領だったプーチン氏が下田でのちぎりを 起点にすれば160年近くを迎えようとするいまなぜ、以降1世紀あまりを経たのちの 「日ソ共同宣言」に明記した歯舞・色丹2島の引き渡しの有効性を再確認すべき交換文 書「イルクーツク声明」にあえて会談で明確に言及しない意図をさぐってこそ、わが国 の平和時における健全な首脳外交の起点で要諦でもありませんか。

加えて、王制支配の是非さえ問われだしたサウジアラビアとUAE(アラブ首長国連邦 )へ歴訪を続けられた総理、よりによっての原子力発電のトップ・セールスをいつどう いう形で広くあまねくの自国民にマニフェストされておられたか、馬齢のみいや増す私 は寡聞にして存知かねます。

ぜひ、お示しいただければ幸いです。

ご体調に留意され日々、主権を有する国民のためご精励を。
チャンネル会員ならもっと楽しめる!
  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
ブログイメージ
THE JOURNAL
更新頻度: 毎月10本程度
最終更新日:
チャンネル月額: ¥550 (税込)

チャンネルに入会して購読

コメント コメントを書く

基本的には、領土自主外交と無窮責任(損害賠償)が問われる原子力経済外交のご指摘ではないかと、推測します。
領土問題は、外交の基本的な問題であり、解決しようとすれば、「ギブアンドテイクの精神」なくしては、永久に解決不能でしょう。ロシアとの経済的つながりは深まるばかり、大型の契約を結ぶためには、政府間の友好関係が不可欠であり、思い腰を上げて交渉している姿を出さなければならない状況なのでしょう。基本的には、ロシアとの交渉によって友好関係を結ぶと具合の悪い国があるということが、一番のネックなのでしょう。
原発輸出は、損害賠償を考えるとき、どの国も国家的補償はしり込みするのが普通です。経済的な面より安全が優先するのが普通であり、表立ってはいないが、今回などはフランスなどの企業が関与しています。そのお礼かどうか定かではないが、国賓として大統領が訪日されるようである。どのような圧力があって、いまだ安全規制の問題がクリアされないのに先走るのでしょうか。国家としての品格が問われかねない。

No.1 118ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。