• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

表紙特集:the GazettE / ロングインタビュー③、テーマ別インタビュー、フォトギャラリー #日刊ブロマガ!club Zy.チャンネル
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

表紙特集:the GazettE / ロングインタビュー③、テーマ別インタビュー、フォトギャラリー #日刊ブロマガ!club Zy.チャンネル

2017-04-13 18:00

    Q.15周年にちなんで、15歳の頃はどんな少年でしたか?

    *RUKI
    RUKI:バンドを組んだ年ですかね。
    当時、柔道部だったんですけど、体育館の前に座ってたら友達がシド・ヴィシャスと同じフェンダーのプレベ(プレジション・ベース)モデルをケースなしで持ってて(笑)。
    で、卒業式の旅行でバンドをやろうかって話になって。
    そも友達が“シド・ヴィシャスって知ってる?”って言うんで“知らない”って答えたら、そいつの家に連れて行かれて。
    で、じゃんけんで俺はドラムになったっていう時期ですね。

    *葵
    :近所のバイクを盗んで乗り回してました(笑)。
    REITA:尾崎豊だな(笑)。
    :僕の15歳は「15の夜」でした(笑)。

    *麗
    :3年1組だったんですけど、ウチのクラスは音楽好きが多かったんですよ。
    まさに音楽にハマっていた時期でしたね。
    あと、高校受験もあるじゃないですか。
    すごく大変だったなっていう記憶があります。

    *REITA
    REITA:3年6組で、ちょうどバンドをやるって決めた年でした。
    中2でギターを弾き始めて、麗にアンプを貸したんですけど、返ってこなくて。
    それでギターが弾けなくなったんで、ヤメちゃったんですよ。
    そんな時にベースに出会って、初めてふたりで音を合わせたのが15歳でした。
    :アンプは結果的に返しましたけどね。

    *戒
    :反抗期真っ最中ですよね。
    ヤンキーマンガがすごく流行っていたので、そこに憧れて手がつけられない少年だったと思います。
    悪いことをいかにカッコよくできるかみたいな(苦笑)。



    インタビュー:海江敦士
    Interview by Atsushi Kaie
    「センチメンタルな鬼ごっこ」は当時の雰囲気を覚えてないんですよ。だから逆に今っぽく歌えた(RUKI)
    ――では、メンバー的に改めて印象に残った曲はありましたか? 
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。