• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

club Zy.名誉編集長はくえい対談シリーズ 第2回 HAKUEI(PENICILLIN)×ヒロト(アリス九號.)対談 第3回(全4回) ヒロト「当時は透明のパッケージの中へCDとVHSを封入していましたよね。あの仕様が格好良くて。今でも、家に保存していますもん。」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

club Zy.名誉編集長はくえい対談シリーズ 第2回 HAKUEI(PENICILLIN)×ヒロト(アリス九號.)対談 第3回(全4回) ヒロト「当時は透明のパッケージの中へCDとVHSを封入していましたよね。あの仕様が格好良くて。今でも、家に保存していますもん。」

2019-10-17 18:00
    2ba0434426264b4ec910f6939280e936bd5bd4f0
    476640b669e4249c688b683eeafb76f6d68d9f2b


    clubZy.名誉編集長のHAKUEI(PENICILLIN)とヒロト(アリス九號.)が、ClubZy.チャンネル/ニコ生ラジオ「居酒屋はくえい」の放送前に対談を実施。フリートークで行った対談は、2人の熱い熱い話に発展しました。その日ときの模様を4回に分けてお届けします。

    Interview:長澤智典




    ヒロト : 当時は透明のパッケージの中へCDとVHSを封入していましたよね。あの仕様が格好良くて。今でも、家に保存していますもん。


    ヒロト  僕の場合、PENICILLINとしての活動より前に、HAKUEIさんのソロワークから聞き始めたんですよね。

    HAKUEI  そのパターンも嬉しいね。

    ヒロト  僕が最初にHAKUEIさんの音楽に触れたのが、シングル『ダブルラブショック/TRUE LOVE』のとき。たまたま、うちは「HOT WAVE」という番組が映っていたので、そこで観て知った

    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。