• このエントリーをはてなブックマークに追加
団長(NoGoD)×featuring16(Jin-Machine)対談 第4回(全4回) 「自粛期間中のほほんと過ごしている人もいれば、「この状況をなんとか変えよう」と努力している人。そこのタイプも見えてきたなと思って。」(featuring16) 「対応力や資金面も含んだ体力がないバンドたちはどんどん潰れてしまうんじゃないかなぁ。まさにこれから、生き残りをかけた生存競争が始まるね。」(団長)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

団長(NoGoD)×featuring16(Jin-Machine)対談 第4回(全4回) 「自粛期間中のほほんと過ごしている人もいれば、「この状況をなんとか変えよう」と努力している人。そこのタイプも見えてきたなと思って。」(featuring16) 「対応力や資金面も含んだ体力がないバンドたちはどんどん潰れてしまうんじゃないかなぁ。まさにこれから、生き残りをかけた生存競争が始まるね。」(団長)

2020-07-23 18:00

    e6cdf0f601c158a45ed633b07da0476bcf1bbaab

    お互いに、今年結成15周年を迎えた間柄。本当なら、今年15周年を迎えるバンドたちと一緒にいろんな企画を行うはずだった。が、ご存じのように「コロナ」の影響で、春からは様々なバンドがライブ活動の停止を余儀なくされた。そんな中、ネットを介しリモートワークで積極的にバンドの情報を配信し続けていたのが、結成15周年組のバンドのヴォーカリストである団長(NoGoD)とfeaturing16(Jin-Machine)だった。彼らが、ライブ活動もままならない今の時期だからこそ伝えるサバイブ法を、2人の対談という形を通してお伝えしたい。

    Interview:長澤智典


    featuring16  この時期だからこそのニュースなのかも知れないけど。今は、その人の本質が見えてくる時期だなと思ってて。

    団長  それは、どういうことで?

    featuring16  コロナ禍と言われ、不要不急の外出が制限された中でも、外に出かける人は出かけるし、遊びに行く人は遊びに行く。そんな時期でも「今日、吞みに行かない」と誘いをかける人がいる。その状況下の中に於けるその人の行動を見ることで、「この人は、こういう人なんだ」という、その人の本質が見えてくる。そういう時期での行動次第で、付き合いを深めるか見切りをつけるのかを判断してゆくというニュースを放送していて、「確かにそうだなぁ」と思った。

      それともう一つ、この自粛期間を経て見えてきたのが、自粛期間中のほほんと過ごしている人もいれば、「この状況をなんとか変えよう」と努力している人もいた。そこでのタイプの違いも見えてきたなと思ってて…。

    団長  確かに、そうだよねぇ。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。