• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

seek × ヒィロ特別対談! 第2回(全2回) 「店を始めてもうすぐ6年目になるけど、いまだに自分は新人という気持ちで取り組んでいます。(ヒィロ)」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

seek × ヒィロ特別対談! 第2回(全2回) 「店を始めてもうすぐ6年目になるけど、いまだに自分は新人という気持ちで取り組んでいます。(ヒィロ)」

2021-06-24 18:00

    5a9ef6e12e45c78a83aaebd03f6b883c50a38ed9

    seek(Psycho le Cému/MIMIZUQ)がパーソナリティを務めるニコ生ラジオ番組『seekのFish Dance Hour』とリンクした対談シリーズ。今回はν[NEU]のリーダー/ベーシストを経て、現在はエステティシャン(Lily )としてカリスマ的な人気を集めているヒィロが招かれた。seekとヒィロの交流や、それぞれが実践してきた“新たな挑戦”などについて大いに話が弾んだ両名の対談をお届けしよう。


    Interview:村上孝之


    ――seekさんは事務所から独立したタイミングで裏方という新しいことに挑戦されましたし、ヒィロさんもνをやめた後はエスティシャンという全く違ったフィールドに挑戦されましたね。

    ヒィロ僕は元々小学校の頃はめちゃめちゃ太っていて、小5の頃に太り過ぎていじめられて、学校にいけなくなって、小5から中学校卒業まで学校にいかなかったんです。で、中2のときに『BREAK OUT』というテレビ番組を見て、“これだ! 自分はこうなる!”と決めたんです。音楽が好きとか、バンドが好きとかではなくて、ヴィジュアル系バンドマンになりたいと思ったんですよね。自分が醜いということがすごく嫌だったから、カッコよくて、きれいなヴィジュアル系の人になってやると。

     それで、自分のことを知っている人が1人もいない東京の高校にいかせてもらったり、ダイエットもしました。バンドをやるためだけにダイエットしたんです。Janne Da Arcのka-yu(b)さんが大好きで、自分はka-yuさんになると決めて、それでベースを選んだんです。ベースもka-yuさんと同じ、フェルナンデスのベースを買いました。

    seek:本当に好きやったんやね。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。