• このエントリーをはてなブックマークに追加
HAKUEI(PENICILLIN / The Brow Beat) × KAMIJO(Versailles)妖艶対談! 第3回(全3回) 『今はまた曲を作っていて、いろんな音楽がある中で自分達はどうあるべきかということをRyuji(vo)君と結構話したりするんですよ。(HAKUEI)』
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

HAKUEI(PENICILLIN / The Brow Beat) × KAMIJO(Versailles)妖艶対談! 第3回(全3回) 『今はまた曲を作っていて、いろんな音楽がある中で自分達はどうあるべきかということをRyuji(vo)君と結構話したりするんですよ。(HAKUEI)』

2022-01-20 18:00
    3bf60b3610d3262083882063efd7a76168ff0673

    大好評を得ているニコ生ラジオ『居酒屋はくえい』とリンクした形で行われているHAKUEIの対談シリーズ。40回目を迎えた今回はVersaillesのヴォーカリストであり、ソロ・アーティストとしても活動しているKAMIJOが迎えられた。存在、歌声ともに色気を感じさせる両名ということで、テーマは“妖艶な大人の熱いトーク”。2人が発する色気はどこから生まれているのかを軸に、2021年を振り返って思うことや今後の活動に向けた展望などを語り合った対談を、3回に亘ってお届けする。


    Interview:村上孝之


    ――話は変わりますが、お二人にとって2021年は、どんな1年でしたか?

    KAMIJO僕にとっては、意味のある1年になりました。僕は今までどちらかというとファンの皆さんに対して寄り添ってこなかったんです。「着いてこい!」というタイプだった。だけど、2021年はコロナ禍ということもあって、寄り添うということの大切さを知り、それを実行できた年だったかなと思います。今まではファンの皆さんの気持ちを歌詞にすることは、ほとんどなかったんですよ。だけど、僕はコロナ禍の中でファンの皆さんと会いたいと思っていて、皆さんも会いたいと言ってくれていて、同じ気持ちを抱いていることを実感したんです。

     そこで、これはファンの皆さんを主人公にして曲を書いてみるのも“あり”かもしれないなと思って、結果的に自分が主人公になりましたけど、そういった曲を出すことができた。それが、ソロで7月にリリースした「Behind The Mask」という曲です。昔はファンの方の気持ちを歌にしたこともあったと思うけど、それは長い間忘れていたもののひとつで、もう1度それに気づくことができた良い1年だったと思います。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。