• このエントリーをはてなブックマークに追加
ダンスレビュー「ロミオ&ジュリエット」OSK2016/12/01@博品館劇場
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ダンスレビュー「ロミオ&ジュリエット」OSK2016/12/01@博品館劇場

2016-12-02 03:34
    ダンスレビュー「ロミオ&ジュリエット」OSK公演@博品館劇場ゲネプロを観てきた。
     
    すごい、上島雪夫さんの演出が冴えわたっている。
    秀逸。ダンスレビューと謳い、物語をそぎ落とすだけそぎ落とし、
    終幕のただ一点に焦点を絞り込んで物語を構成する。
    そのラストのクライマックスの演出が上島さんの独特の閃きだ、
    坂部剛さんの音楽、照明さんの作りこみ、ただ美しい。
    長い歴史の数々の上演歴のあるロミジュリにして
    この場面にこんな全く新しい作り方があったんだと驚かされた。
    この場面観れただけで十分に満足。
     
    しかし上島さん、ダンス得意の劇団と聞いてか、
    なんとむずかしいダンスを振り付けたんだろう。
    モダンとバレエがふんだんに、
    しかもこんな身体の動き普通できないだろう、ってそこが上島さん。
    皆さん顔は楽し気に見えるけど身体は悲鳴上げてるんじゃないかな。
     
    楊琳さんカッコいい、表情豊か。
    舞美りらさん可憐。
    悠浦あやとさんナイスプロポーションのダンスが迫力。
    こちらも必見。
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。