• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

dynamitesuzukiさん のコメント

藤田和之
No.2
35ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
伝説のプロレス団体UWFインターナショナルでデビューして、キングダム、リングス、PRIDEと渡り歩いた日本格闘技の生き証人 金原弘光 がゼロゼロ年代を振り返ったり、振り返らなかったりする連載インタビュー。今回のテーマは「ドーピング」です! <関連記事> 日本人柔術家が衝撃提言!? 「日本人格闘家はどんどんドーピングしたほうがいい!」 http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1100371 <無料記事>金原弘光、整骨院をオープン! 格闘家のセカンドライフとは何か? http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1074715 ―― いままで相手にされた反則で印象に残ってるものってなんですか? 金原  リングスの頃はね、もう大変だったよ!(苦笑)。 ―― ハハハハハハハハ! とくに“飾り窓”の用心棒たちが集まっていたリングスオランダは大変そうですね(笑)。 金原  リングスオランダの連中は身体にオイルを塗っていてヌルヌルしてたし。 ―― エスケープありのルールでオイルを塗られたら、グラップラーには地獄ですよねぇ。 金原  (ハンス・)ナイマンなんかレフェリーにわからないようにヒジを入れてきたよ。UFCはオッケーだけど当時は反則だったから。あと何気なく目や口に指を入れてきたりとかさ。オランダの連中は何をやってくるかわからない怖さがあったよね。 ―― リングを降りても彼らは物騒な連中だったんですか? 金原  リングスの頃ってリング以外で外国人選手と会う機会がそんなにないんだよね。対戦相手とはまったく会わないし、しゃべることがない。いつ来日してるのかもわからないし、リングスロシアの場合は新宿のスポーツ会館で練習しててリングス道場には来ないしね。 ―― KOKルールなら対戦相手と接しないのはまだわかるんですけど、旧リングスルールでそんな感じだと緊張感ありますね。 金原  何をやってくるかわからないから本当に怖いよ。とくにリングスオランダは本当に危険だった。試合中も気も抜けないし、それでいていい試合を意識しないといけないでしょ。まだKOKルールのほうがやりやすかったよね。 ―― たしかにKOKルールのほうが覚悟は決めやすいですね。 金原  橋本真也vs小川直也戦だってさ、普通なら暴走した小川さんが責められて終わりなんだけど。前田(日明)さん的には「橋本が悪い」となるんだよね。 ―― 当時の新日本の選手やフロントもそういう認識だったようですね。 金原  前田さんがそういう考えだから、リングスオランダがやってきても、こっちが受けて立たなきゃいけない。リングスロシアの選手はそんなことはなかったけどね。 ―― リングスロシアはプロフェッショナルだったんですね。 金原  リングスに上がるときに説明されたもん。「オランダとロシアは違うよ」って。リングスロシアはUインターの姿勢に近いよね。 この続きと、高杉正彦と剛竜馬、中村祥之と仲田龍、ドーピングの闇、プ女子とお金などの記事が読める「13万字・記事詰め合わせセット」はコチラ! http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1112535  
Dropkick
プロレス格闘技マガジン『Dropkick』公式チャンネルです。【更新コンテンツ】スペシャルインタビュー/斎藤文彦INTERVIEWS/小佐野景浩の「プロレス歴史発見」/プロレス点と線/OMASUKI FIGHT/アカツキの『味のプロレス出張版』/大沢ケンジ/二階堂綾乃/オレンジ色の手帳/中井祐樹日記/ジャン斉藤……のコラムなど。週一の音声配信もやってます!