• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

メイウェザーも困惑? PPVは死んだか!? 米国ボクシング放送配信事情が大激変■MMA Unleashed
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

メイウェザーも困惑? PPVは死んだか!? 米国ボクシング放送配信事情が大激変■MMA Unleashed

2018-11-23 12:18
  • 2
Omasuki Fightの北米MMA抄訳コラム「MMA Unleashed」――今回のテーマはメイウェザーも困惑? PPVは死んだか!? 米国ボクシング放送配信事情が大激変」です!
 



2017年末をもって、7年間続いたUFCとFoxの放映権契約が終了し、UFCはいよいよESPN時代に突入、米国ではストリーミングサービスESPN+での配信が始まる。WWEも今年は新たにFoxとのテレビ放映権契約を締結、従来とは異次元の放映権収入を得ることとなる。

配信事業者の参入、スポーツコンテンツの需要の高まりといったこうした動向は、ボクシングの世界にあっても例外ではない。米国では長年にわたり、ボクシングといえば有料ケーブルチャンネルHBO、Showtimeが独占的に中継を行っていた。定期戦を通常枠で放送しつつ、ビッグマッチはPPVで行われることが一つの形となっていた。

しかし今年後半から、DAZN、ESPN/ESPN+、Fox/Fox Sports 1といった媒体が大盤振る舞いをしながら続々とボクシング中継に参入、他方でこれまで45年間にわたってボクシング中継の雄として君臨してきたHBOが9月27日、ボクシングからの撤退を表明するなど、ボクシング中継のメディア環境が大きく変わりつつあるのだ。

1973年のジョージ・フォアマン対ジョー・フレイジャーを皮切りに、タイソンやデラホーヤのPPVを売りまくってきたHBOだが、2013年にはフロイド・メイウェザーの契約をShowtimeに奪われ、昨年にはTop RankがESPNに鞍(くら)替えするなど、すっかり落日に。近年のボクシング年間予算は、全盛期の10分の1水準の2,000万~3,000万ドルに落ち込んでいた。


Top Rank Promotionsのボブ・アラム会長は次のように述べている。
この続きと、メイウェザー天心、リッキー・フジ、森嶋猛、島田宏、UFCフライ級…などの記事がまとめて読める「10万字記事22本の詰め合わせセット」はコチラ 
 
この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
もうHBO とSHOWTIME は、死んでいるよ❗
1ヶ月前
×
それにしても額が凄い!
K―1やRIZINももうちょっとビッグビジネスになってほしいなぁ。
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。