• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

【格闘技ゲーム列伝】ファイプロ版DEEP×パンクラス完全予想!!■MMAオレンジ色の手帖<File⑩>
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【格闘技ゲーム列伝】ファイプロ版DEEP×パンクラス完全予想!!■MMAオレンジ色の手帖<File⑩>

2014-11-20 10:30
    格闘技ブログ「MMA THE ORANGE」の管理人オレンジがディープなエピソードをお届けする「MMAオレンジ色の手帖」! File⑩は俺たちがハマった「プロレス格闘技ゲーム列伝」!! 

    ■■■■
    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
    Dropkickメルマガは月額540円! 今月の更新記事は村上和成ロングインタビュー、壮絶・冬木弘道物語、元『格闘技通信』安西“グレイシー”伸一インタビューなど多数掲載!

    http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/201411

    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



    一丁前に格闘技について語っている私ですが、
    実はかなりの運動音痴。先日も歩行中に転倒して骨折する体たらく。万が一にもオープンフィンガーグローブをつけようものなら、瞬時にボコボコにされるのが関の山です。
    それでも試合を見て熱が入ると、堀口恭司のパウンドアウトに憧れたり、内藤のび太ばりの無尽蔵のスタミナでフルラウンドを動き回りたくなるから始末が悪い。
    そんなときによく潜り込んでいたのがテレビゲームの世界。最近でこそやらなくなりましたが、その昔は流行りの格闘技やプロレスゲームの世界に入り浸って格闘家気分を味わっていたものです。

    そこで今回は、ファミコンからスーファミ、PCエンジンやセガサターンを経由して、これまで熱狂してきた懐かしの格闘技・プロレスのゲームを取り上げていきたいと思います。さらにマニアが愛して止まないあの大人気ゲームで大晦日のDEEP×パンクラス全面対抗戦を完全再現! 勝利の女神はどちらに微笑むのか!? 最後までお付き合いいただけると幸いです。


    さて、まず最初にハマッたのは、「総合格闘技」という言葉が一般的になるずっと前。プロレスがゴールデンタイムで放送されていた時代にナムコからファミコンで発売された「タッグチームプロレスリング」です。

    http://youtu.be/E1D-aAFQle8

    操作出来るのは1チーム(タッグなので2名)だけといういまでは考えられない構成。しかも対戦相手も1チームのみ(笑)。1Pモードはひたすら同じ相手と試合を重ねて35回連続勝利するとチャンピオンになってエンディングというまさにプロレス無間地獄になっています。

    それでも、場外乱闘、凶器攻撃、「ギブアップ」という合成音声、2コンのマイクを使用したカット等、マニアが歓喜する要素がふんだんに散りばめられていたのがヒットした要因かなと。ボタンを連打する単純なゲームが多かった当時に、パンチで動きを止めてその隙に技を決めるという操作方法も斬新でした。 
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。