• このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【岡田斗司夫ゼミ室通信 】ロボットアニメの歴史に残る名戦闘シーン 『機動戦士ガンダム』より」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【岡田斗司夫ゼミ室通信 】ロボットアニメの歴史に残る名戦闘シーン 『機動戦士ガンダム』より」

2018-07-19 06:00

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2018/07/19
    ───────────────────────────────────
    おはよう! 岡田斗司夫です。

    今日はDMMオンラインサロン【岡田斗司夫ゼミ室通信】から、7月7日 特別講義をお届けします。

    DMM オンラインサロン『岡田斗司夫ゼミ室~オタク話から評価経済まで〜』の入会はこちら→https://goo.gl/PNPSC2

    ───────────────────────────────────

     ロボットアニメの歴史に残る名戦闘シーン 『機動戦士ガンダム』より

    第19話「ランバ・ラル特攻!」


     ついにロボット同士、1対1の決闘シーンです。アムロが操縦するガンダムと、ランバ・ラルが操縦するグフとの一騎打ち。

     わずか50秒ですが、ロボットアニメの歴史に残る、歴史を変えた戦闘シーンだと思います。

     まず、18分25秒のシーン。

     ランバ・ラルの見た目です。

     64d93fe7b6c83263239b12c72955b1be091082f9
     http://livedoor.blogimg.jp/okada_toshio/imgs/f/e/fe216333.png


     ガンダムは、左手に盾を持ち、右手にサーベルを抜いて持っています。

     音楽スタート!

     アムロのガンダムの構えを見て、ランバ・ラルのグフは構えを変えます。


     ランバ・ラルのグフが、ゆっくりとヒートサーベルを抜きます。

     18分28秒。

     3秒かかって抜くから、かなりゆっくりです。

     抜いたと思ったら、左手に持っている盾を捨ててしまいます。


     それまではガンダムと同じように左手に持っていた盾を、ラルは捨てるわけです。

     9addc9a08cd254c43e226446dd641065cb56f573
     http://livedoor.blogimg.jp/okada_toshio/imgs/a/a/aadc1387.png


     29秒。

     そのまま、グーッと態勢を落とします。


     頭の位置が落ちたのがわかりますか?


     頭の位置と腰の位置が落ちて、ヒートサーベルを両手で斜め正眼に構えます。

     いわゆる ”正眼の構え” を斜めに崩してるんです。

     盾を捨てて、両手構えにしたのです。


     サーベルがガーッと輝きだして熱を持ったのがわかる。

     ここまでで31秒。

     6秒間かけてこのグフの姿勢変更をやってます。


     コレ、実は、薩摩示現流です。

     ランバ・ラルは薩摩示現流という剣法を使ってるんです。


     薩摩示現流は 「一の太刀を疑わず」 という精神です。

     「二の太刀いらず」 と考えます。

     一の太刀を髪の毛1本でも早く振り下ろせって教えられるんですよ。


     初太刀、1番最初の太刀に勝負の全てをかけて斬るんです。

     先手必勝の強い斬撃、振り下ろしの強い落とし方っていうのが特徴なんですね。


     正直、モビルスーツの性能で言ったらガンダムの方が上なんですよ。

     それはもうランバ・ラルは十分に知ってる。

     モビルスーツ同士の一騎打ちならガンダムが上。


     最初、ガンダムは左手で盾を、右手に剣を持っている。

     最初はグフも同じ。

     6bcca57a31dc8992d210a13289a3e11280c478f5
     http://livedoor.blogimg.jp/okada_toshio/imgs/9/2/92d9bacb.png


     これでは五分五分にはならない。

     モビルスーツの性能の差の分、ランバ・ラルのグフは不利です。

     だから、あえて盾を捨てて身軽になり、サーベルを片手ではなく両手で構えて頭を落として腰を下げる。


     つまり初太刀で勝負をつける。

     だから、もう盾はいらないという方式で戦おうとしてるんです。

     薩摩示現流の考え方です。


     グフの初太刀です。

     
     ガンダムは、盾を前に構えたまま走ります。

     ランバ・ラルから見た目のモニターです。

     ピピピッっていうふうに表示がでてます。


     恐らく、ガンダムとの距離計みたいなものだと思います。

     あと何秒でガンダムがこの近くに来るという。


     グフに比べてガンダムは巨大な盾を持っているだけ動きが遅い。


     それをランバ・ラルはこの時、パイロットの未熟と考えてしまうんですよ。

     これがランバ・ラルの後の敗因になります。

    (中略)

     グフは、この初太刀に全てを込めて横方向に、バシッとなぎ払います。

     0dbac2d0d75e9f50aeefc170d2601d4ae0a3822e   
     http://livedoor.blogimg.jp/okada_toshio/imgs/9/7/977703bf.png
       

     盾ごとガンダムの胴体をぶった切るつもりだったんです。


     が、ぶった切ったのは盾だけ。

     ガンダムが目の前にいない。

     手応えがない。

     胴まで斬るつもりだったのに。


     ヒートサーベルって、ビームサーベルより劣った兵器なんですよ。


     ビームサーベルは、いわゆるレーザービームの塊みたいなものを剣のように振り下ろすんです。

     でも、グフが使っているヒートサーベルは、たかだか剣の表面温度が数千度くらいになるだけ。

     いわゆる熱い鉄の棒みたいなものなんです。


     それでも、両手で握って思っきり振ればガンダムの胴体を真っ二つにできるだろうと考えて、ランバ・ラルは真横に振ったんです。


     でも盾しかない。

     「なに!?」 と思うと、モニター掲示がパパパっと出てくる。

     762436f242d7f7ca26a36f07b581fc02bbf168cf
     http://livedoor.blogimg.jp/okada_toshio/imgs/e/9/e9a019bc.png
       

     上から2コマ目のモニター表示を見てください。

     普通ロボットアニメにおいてモニターって、「戦闘は行われてますよ」 とか、「敵が来ますよ」 という、雰囲気を出すだめに、ここに数式とか数字がでてるだけなんですよ。

     この2コマ目もそうです。

     
     でも、4コマ目は違います。

     ロボットアニメで意味のあるかっこいい出し方というのを、たぶん初めてしたシーンです。

     僕ビックリしましたよ(笑)


     ここに赤い矢印が上を向いて、ピンピンピンと点滅するんです。

     本当に何秒かのことです。

     ピンピンピンと点滅して、「上!」 って注意してる。


     ランバ・ラルが 「なに!?」 と上を向くと、上からガンダムが来てる。

     ここまで18分50秒です。


     25秒から戦闘が始まって、ここが32秒、ラルのモニター40秒、ためてるでしょ?


     盾のみが切られてガンダムがいない、46秒。

     ピピピって50秒のところでランバ・ラルが上を見たらガンダムがいる。


     実は緩急がスゴイんですね。

     戦闘シーンとしたらすごく短くて、そこにいたるまでの溜めの時間とかが長く作られている。


     真上見ると、次はガンダムがもう上段も上段(笑)、大上段です。

     020d047275c20f8dc9589b25ba40af7bfb8fd12e
     http://livedoor.blogimg.jp/okada_toshio/imgs/6/1/61fddac1.png


     薩摩示現流に対する、坂本龍馬(笑)。

     本当に真っ当な剣法、江戸道場みたいな真っ当な剣法で、切られた盾の影に隠れていたガンダムがバーンと飛び降りてくるんです。

     見たらわかる通り、両手で剣をつかんでるんですよ。


     実はガンダムも初太刀、一の太刀で全てを決めるつもりだったから、大上段に振りかぶって、両手で剣を持ってるんです。


     盾を、もうとっくに捨てていたんです。

     それでグフの真上から振り下ろすんです。


     コレを見てもわかるとおり、ガンダムも最初の太刀でグフを倒すつもりだったんですよ。


    『機動戦士ガンダム』第19話 『ランバラル特攻』より

    **************************************

    いかがだったでしょうか?

    DMMオンラインサロン『岡田斗司夫ゼミ室~オタク話から評価経済まで〜』の入会はこちら→https://goo.gl/PNPSC2

    ───────────────────────────────────

    いかがでしたか?

    「え?!それってどういうこと?」「そこのところ、もっと詳しく知りたい!」という人は、どんどん、質問してみて下さい。

    番組内で取り扱う質問はコチラまで!

    よい質問は、よい回答にまさる、と言われます。
    みなさんの質問で、僕も予想外の発想ができることも多いです。
    だから僕は、質疑応答が大好きです。

    みなさんからの様々な質問をお待ちしています
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企画編集:のぞき見のミホコ(FREEex)
         ヤムアキ
         起こしのヤスタカ(FREEex)
         歴史のカオリ(FREEex)
         マグネシウムのタツヤ(FREEex)

    ───────────────────────────────────


    岡田斗司夫
    and
    Special Thanks To読者のあなた
    ───────────────────────────────────
    Copyright(C) OkadaToshio. All Rights Reserved.
    ───────────────────────────────────
    ■お問い合わせ
    有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
    『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします>http://qa.nicovideo.jp/category/show/501
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    岡田斗司夫ゼミからのお知らせ
    更新頻度: 毎日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥550 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。