• このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【『攻殻機動隊』第2話解説 2 】 プロの戦争屋だからこその “戦わずしての降参” という選択」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【『攻殻機動隊』第2話解説 2 】 プロの戦争屋だからこその “戦わずしての降参” という選択」

2019-06-27 06:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2019/06/27
    ───────────────────────────────────
    今回は、ニコ生ゼミ6月16日分(#286)から、ハイライトをお届けいたします。

    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!

    ─────────────────────────────

     【『攻殻機動隊』第2話解説 2 】 プロの戦争屋だからこその“戦わずしての降参”という選択

     
     では、次のページです。

     26d105f76c12ffe97990d0e298f5ce2221809e4f

     敵のガードマンが、「変だ……。ゴーストが焼ける時の抵抗感がなかった……。俺が焼いたのは “人工知能” (AI)か!? 敵は遊び半分のハッカーじゃない。プロだ!」ということで、双方、敵がプロだということが分かりました。

     次のコマは、逃げている最中のトグサ君が描かれます。

     9a75c6c4f78420b7bf5dcd5a220c9dc2fab99394

     「なんで排水路だとわかったんだよ!? “情報漏れ”(リーク)か? やっぱりワナか!?」と言っていますね。

     しかし、排水路の出口が、大きい金属製のロックで「ゴゴッ」と塞がれていき、トグサ君の乗っているフチコマというロボットは、ガーンとそれにぶつかって壊れてしまいます。

     719c3ea0523f6025cc68afc7652809015319a088

     それに対して、「おい、どうした、トグサ、ト、いてて……。くそォ、肝心な時にこの不良聴覚素子め!」と、草薙素子が言います。

     トグサの声を聞こうとしているのに、冒頭にも出てきた聴覚素子の不良のために、よく聴こえない、と。

     e79784b2d96b1fd3ebd8240c543e5abc0b694961

     このページで見るべきは、このトグサ君の判断ですね。

     トグサ君が排水路にいると敵にバレた原因は、実は自分のミスなんですよ。

     このエピソードの最後にも描かれている通り、後でトグサ君は反省を強いられるんですけども。

     トグサが子供にプログラムを仕込んだ時、マンホールからそーっと出て、そーっと帰ったんですけども。

     16857aaed17df4983aee2909ca69bafaa1360734

     その時に、もう少し慎重に、周りの草を巻き込まないようにしていれば、警備員は気付かなかったんですね。

     そして、ここで気付かれなければ、同業プロの警備員に、子供の首から遡って逆侵入されて、チーム全体を危機に陥れることもなかったんですよ。

     でも、この時点でのトグサは、自分がそんなミスをしたとは全く気がついてない。

     「全員撤退! トグサすぐに脱出しろ!」と言われたのが、自分のミスが原因だと思ってない。

     自分がマンホールの蓋を閉める時にミスしたということをわかってないから、「なんで排水路だとわかったんだよ!?」と罵りながら、「情報漏れか? やっぱりワナか?」と言ってるんです。

     「チーム内の自分以外のメンバーに裏切り者がいるのか? それとも、これは、自分たちを公安に引き入れるための、サルと呼ばれる公安部長のワナか?」というふうに他人を疑ってます。


     ちなみに「そんなトグサ君が徐々に徐々に成長する」というのも、『攻殻機動隊』の漫画版全体での裏テーマになっています。

     このトグサ君というのは、かつては刑事だった。

     それも、たぶん、それなりに敏腕刑事だったんですね。

     そんな自分が引き抜かれたんだから、自分では出来るつもりになってるんですよ。

     でも、それ故に、こういう勝手な判断しちゃうわけですね。


     で、排水路にロックをかけられて、ガーンと壊れる。

     草薙素子がトグサから話を聞こうとしても、聴覚素子の不良で役に立たない。

     ようやっと草薙とバトーの2人のフチコマが排水路から出てきて、これから助けに行ける体制になりました。

    ・・・

     次のページに行きます。

     6f6262ee6610bddefcba27a8fb1e4b8549443b47

     「この先の排水口で音がしたぜ」と、警備員のグループが、さっきトグサが排水口の出口にぶつかった音を聞いて、走ってきます。

     その様子を木の上からフチコマというロボットが見ています。

     4bd2969892bf213554575f52f3b8e7a8eb9f3d7b

     フチコマというのは、こういうことも出来るんですね。

     足の先で枝を掴んで、サルみたいに木に登って、銃を構えます。

     afcf0c790837162cc7322c6877ad104c3829e550

     次のコマでは「ドカドカドカ」っと音がして、地面がえぐれる。

     2人いるガードマンの内、1人は逃げて、もう1人はその場に突っ立ってます。

     この2人のガードマンの反応。

     1人目の坊主頭は、思わず突っ立ってしまった。

     それに対して、ヒゲの方はちょっと戦争に慣れてるんですね。

     素早く逃げて、「バカ、何を突っ立ってる!」と叫びます。

    ――――――

     警備員(坊主頭):オ、俺はもう行けねえ。あとを頼む。

     警備員(ヒゲ):何、寝ボケてやがる!

    ――――――

     はい、なぜ、坊主頭がこんなセリフを言うようになったのかというと、これはもう皆さんもおわかりの通りです。

     「ドカドカドカ」と描いてるんだけど、地面に弾が当たった順番は、下から上なんです。

     警備員のすぐ横に当たった爆発がやや小さいから、これが最後だとわかるんですね。


     これは「5発の弾を撃ったが、あえて最後の1発は外した」というデモンストレーションなんです。

     つまり「お前を殺そうと思えば簡単に出来るけど、今はあえて外したよ?」と。

     そんなものを目の前で見せられたので、この坊主頭は、ビビったというよりは、プロとしての判断で、降参します。

     彼らは全員、プロなんですよ。

     「プロとしては、どんな仕事もやるべき」ではなくて、「ここから先は、もう自分の仕事の範囲外」というのを考えるものなんです。


     対して、もう1人のヒゲは、素早く逃げられるだけ、軍人としての能力が、坊主頭よりも高いんですね。

     なので「何、寝ボケてやがる!」と、つい言ってしまう。


     坊主頭の方は、軍人としてのスキルは低いんですよ。

     突っ立っちゃったから。

     でも、その代り、プロとしての判断力は、ヒゲの人よりは高いんですね。

    ・・・

     それがわかるのが次のページです。

     530cc3f7f1cafe2209272eabe9acea5641e5ac03

    ――――――

     警備員(坊主頭):これは命を粗末にするなってメッセージだ。大戦はもう終わったんだ……。これ以上、殺すのはイヤだ……!

     警備員(ヒゲ):ちッ、戦争ボケかよ! 俺はそんな腰抜けじゃねーぜ!

     イシカワ:じゃあ、死にな。

    ――――――

     4d42dd046686b6b145f6042722e0b2aa9dd3685f

     ということで、ヒゲの男は、次の瞬間に殺されます。

     ヒゲの警備員が倒れたことを確認した、草薙素子の部下であるイシカワという男が「フン」と言う。

     49e2ca32f94bfff004b7c57f87bec0cc1a26d833

     しかし、次のコマでは「はッ」ということで、最初にハッキングに気付いた警備員が目の前に現れます。


     この、坊主頭のガードマンは、イシカワからの「それ以上、前進したら殺し合いになるぞ?」という警告を受け入れます。

     「俺はガードマンとして雇われたんであって、最悪、殺しもあるかもわからないけど、お互い、命の取り合いなんかしてもしょうがないじゃないか。お互い、戦争で生き残ったプロの傭兵同士が戦っても意味がない」ということで、さっさと撤退することを決めます。

     しかし、ヒゲの方はヒゲの方で、なまじ、弾を避ける程度のスキルがあるばかりに、判断を間違えちゃうんですね。


     「俺はそんな腰抜けじゃねーぜ!」ということで、「まだやめない」と言った瞬間に、既に狙いを付けていたイシカワのフチコマに撃たれてしまう。

     f824bb31a07a98a9a193e0c967ccf87dc346d848

     これ、もう、絶対に死ぬような殺し方ですね。

     頭を狙って、胸を狙って、腰を狙う。

     腰は人間の身体で一番動きにくいところですから、まず狙う。

     次に心臓を止めて、頭を撃ち抜く。

     まあ、本当は頭に当てるのが一番いいんですけど、ここを狙ったら外すかもしれないから、まず腰を撃って動きを止めて、胸を撃って命を絶って、最後に脳を殺して、情報戦を動かそうとするのを止めてるわけですね。


     で、ヒゲの男の方は、判断を誤った結果、この瞬間に死んでしまった。

     そんな男に対して、まあ、イシカワが、ちょっとプロとしての軽蔑をしているところに、警備員の中でも一番出来る男が、背後から忍び寄って来たわけです。

     ここでイシカワが「はッ」といったのは、一番出来る警備員が近付いてくるサインに気が付いたからですね。


     腕の先端部分だけが、先にイシカワの背後にあった木の枝を掴んでいる。

     たぶん、この警備員の左腕は、ビューンとワイヤーのように伸びるんでしょうね。


    **************************************

    動画や全文が気になった方は、【岡田斗司夫アーカイブ】でご覧になれます。
    【岡田斗司夫アーカイブ】は、以下のいずれかにご入会頂ければ、利用可能です。

    (株)ドワンゴ運営の【岡田斗司夫ゼミ プレミアム】月額2,000円(税抜)
    会員特典として、岡田斗司夫ゼミ放送終了後の「放課後雑談」生放送が視聴できます。

    (株)オタキング運営の【岡田斗司夫アーカイブ】月額2,000円(税抜)
    ニコ生配信は「生」で視聴できませんが、アーカイブで「放課後雑談」まですべてご覧になれます。

    ───────────────────────────────────

    いかがでしたか?

    「え?!それってどういうこと?」「そこのところ、もっと詳しく知りたい!」という人は、どんどん、質問してみて下さい。

    番組内で取り扱う質問はコチラまで!

    よい質問は、よい回答にまさる、と言われます。
    みなさんの質問で、僕も予想外の発想ができることも多いです。
    だから僕は、質疑応答が大好きです。

    みなさんからの様々な質問をお待ちしています

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企画編集:のぞき見のミホコ(FREEex)
         ヤムアキ
         起こしのヤスタカ(FREEex)
         マグネシウムのタツヤ(FREEex)

    ───────────────────────────────────


    岡田斗司夫
    and
    Special Thanks To読者のあなた
    ───────────────────────────────────
    Copyright(C) OkadaToshio. All Rights Reserved.
    ───────────────────────────────────
    ■お問い合わせ
    有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
    『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします>http://qa.nicovideo.jp/category/show/501
    次回配信予定
    • 2019/09/20
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「ラピュタ都市伝説〜実在した「天空の王国」記録を検証する」
    • 2019/09/21
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「スラッグ渓谷とポムじいの秘密、そしてラピュタの本当のサイズが明らかに!」
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    岡田斗司夫ゼミからのお知らせ
    更新頻度: 毎日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥540 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。