• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

Vol.150 秘密保護法違憲訴訟は今どうなっているか
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Vol.150 秘密保護法違憲訴訟は今どうなっているか

2014-11-20 23:50
    Vol.150
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

              『そこそこ週刊・畠山理仁』

           秘密保護法違憲訴訟は今どうなっているか

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ●フリーランス記者の待遇
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     秘密保護法の施行が12月10日(水)に迫っています。そこで今回はフリーランス表現者43名による秘密保護法違憲訴訟について報告したいと思います。

     今年3月28日、筆者を含むフリーランスのジャーナリスト、ルポライター、ライター、編集者、写真家、映画監督などの「表現者」43人が国を相手取り、昨年12月に成立した特定秘密保護法の違憲・無効確認と施行差し止めなどを求める訴訟を東京地裁に提起しました。それは秘密保護法が我々フリーランス表現者の仕事に甚大な悪影響を与えると考えたからでした。
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。