• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

我々は差別者である(2,085字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

我々は差別者である(2,085字)

2020-03-31 06:00
    今日はちょっとモヤモヤしているので連載は休みにし、今思っていることを書きたい。それは「差別」についてである。

    感染症の興味深いところは、被害者が同時に加害者になるというところだ。守るべき対象が、忌むべき対象にもなる。そういう矛盾を内包している。

    これはしばしばゾンビ映画の主題にもなる。愛する人がゾンビになってしまった。そして、自分を殺しに来る。それに対して、どのような行動を取ればいいのか? Netflixにある『カーゴ/Cargo』という映画は、まさにそれがテーマだ。

    ところで、長野県佐久市の市長が、東京から軽井沢に避難してきた人たちに苦言を呈していた。「東京の住人が軽井沢に来ることで、こちらの住人の感染リスクが高まる。『外出の自粛』というのは、東京の家に閉じこもっていろという意味で、軽井沢に非難しろということではない」というような趣旨の発言をしていた。

    それに対し、批判をする人もいたが、
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。