• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • 子どもたちに伝えたい「仕事がなくなる時代」のドラッカーのマネジメント:第23回(1,498字)

    2019-10-17 06:0020時間前2
    110pt
    ここからは、「すぐれたアイデアの生み出し方」について、具体的に見ていきたい。

    ここまで見てきたように、まずは審美眼を鍛え、不必要なものを捨てる。このとき、思い切ってばっさりと、いっそ不安になるくらい多くのものを捨てる。

    すると、そこで得られる「視点」がある。それは、「足りない」という視点だ。不安だったり、不満足だったり、そういう状態を味わえる。

    これは、おなかがすいている状態と似ている。おなかがすいていると、食べたいものをイメージしやすい。また、何を食べても美味しく感じる。
    しかしおなかがいっぱいのときには、「食べたいものは?」と聞かれてもなかなかイメージしづらいし、実際に食べても美味しくない。

    それと同じで、物が満ち足りている状態だと、なかなかすぐれたアイデアは生まれてこない。むしろ何かが足りなかったり、それによって不便だったりする状態のときにこそ、すぐれたアイデアは生まれてくる。

    それ
  • [Q&A]山形国際ドキュメンタリー映画祭を見た感想は?(1,935字)

    2019-10-16 06:00
    110pt
    [質問]
    10年以内にテスラが時価総額でトヨタを抜く可能性はあると思いますか?

    [回答]
    あると思います。


    [質問]
    ラグビー日本代表ベスト8決定です! ところで気になるのは、選手が「すべてを犠牲にしてきた」とか「時間を犠牲にした」とか、犠牲という言葉を多く使うことです。そこまで打ち込んできたことは分かるのですが、ハックルさんはどう思われますか?

    [回答]
    彼らが「犠牲」という言葉を使うのは、それが一種のキーワードになっているからでしょうね。

    ぼくも昨年減量して、「身体は努力すればするほど鍛えられる」というのが分かりました。そうなると、後は自分の気持ち次第なんですよね。努力はもちろんきついので、どこまでそのきつかに耐えるかということの選択になります。

    ラグビー代表の人たちも、そういう選択を迫られたのでしょう。そして、これはつらいけど、それに耐えるだけの価値はあると判断したのだと思います。そ
  • お金をかけずにたった三ヶ月で知的生産性を爆発的に飛躍させる方法:その42(1,766字)

    2019-10-15 06:00
    110pt
    自分を客観的に見るためには、以前にお伝えした「幼かった頃の自分がどんなだったかを周囲に聞いて回る」という方法も有効だが、ここではもう一つ別の方法を紹介したい。

    それは、冗談のように聞こえるかもしれないが、しかし至って真面目な方法である。何かというと、目をつむることだ。目をつむって、頭の中で幽体離脱をイメージするのである。自分の魂が身体から離れたことをイメージする。その上で、その魂を空中の少し浮いた場所に置き、そこから自分(の身体)や他人を俯瞰で見るのだ。そういうイメージをする訓練を積んでいくのである。

    これは、ぼくが編み出した技ではない。その昔、能を創始した世阿弥が編み出した、能の演技者として上手くなるための方法の一つだ。

    世阿弥は、もっと具体的に指示をしている。能を舞っているとき、頭の中で視点を自分より後方五メートル、上方三メートルの位置に持っていく。その上で、自分の背中を俯瞰で見る。あ