• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

衰退する産業に従事する人はどうすればいいのだろうか?(1,927字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

衰退する産業に従事する人はどうすればいいのだろうか?(1,927字)

2020-03-30 06:00
    コロナによって人々が気づきつつあること――それは「三つの不要なもの」が顕在化したことだ。
    「三つの不要なもの」とは、学校、会社、そしてお金である。

    まず、「学校」が封鎖になっても誰も困らないことが分かった。それどころか、子供や先生に大きな喜びをもたらした。ほとんどの親にも喜びをもたらしたが、現代社会に毒されている誤った親だけは迷惑しているようだった。しかしいずれにしろ、彼らも「多くの人に学校は必要とされていない」ということには気づいただろう。

    二つ目は、「会社」が要らないということが、リモートワークの実施によってはっきりした。会社どころか、社員もいらないということがはっきりしたので、なかなか笑えないところはあるが。

    ホリエモンは、「ホワイトカラーの9割は要らない」と言っているが、ぼくは99%はいらないと思う。この世は、すでに数百人で回るようになっている。
    本格的にシステムを整備すれば、さら
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。